【甘酒ダイエットの効果】あさイチ一日で飲む量は?作り方とカラダに良い理由

%e7%94%98%e9%85%92

【スポンサードリンク】

甘酒と聞いて、お正月に飲んだことがある~とか

「甘くて白いドロドロしたお酒?」というイメージくらいしか
思いつかないという方も多いのではないでしょうか?

日本の物なのに案外なじみが薄い…それってもったいないんです!

甘酒は江戸時代には夏バテ対策に飲む栄養剤の役割をしていたほど、
すごいパワーと効果をもったスーパードリンクなんです。


栄養があってカラダに良いというだけではなく、
なんとダイエットに効果があるというからさらに驚きですよね。


そんな甘酒の効能や効果、ダイエット方法などについてお話したいと思います。

【スポンサードリンク】

甘酒には2種類あります。どっちがダイエット向き?

・米麹の甘酒…   米麹とお粥とお水だけで発酵させてつくります。
・酒粕の甘酒…   酒粕とお砂糖とお水を発酵させてつくりますが、味付けのために多量のお砂糖を使用しています。

つまり米麹の甘酒は
「ノンアルコールで砂糖不使用でダイエットには米麹の甘酒」ということになりますね。


甘酒に含まれる栄養と効能や効果

・ビタミンB類          

 ビタミンB1・B6など「糖質代謝」に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれています。

・イノシトール          

 イノシトールは脂肪肝ビタミンと言われていて肝臓に余分な脂肪がたまるのを防ぎます。
神経細胞を正常に保つ、美髪効果も。

・パントテン酸          

 パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれていました。
 代謝に関わる「補酵素」の働きを助けてれるので、細胞の中の老廃物を排せつしてくれます。                

・ビオチン           

 ビオチンは、酵素の機能を助けてくれる「補酵素」です。
     
・酵素              

 100種類以上の酵素が入っていて「脂質」と「糖質」の代謝に欠かせないものです。

・リパーゼ           

 脂肪を消化エネルギーに変えてくれます。皮下脂肪・内臓脂肪ともに燃焼させてくれます。

・アミノ酸            

 アミノ酸の中でも脂質代謝をアップさせるGABAが豊富に含まれています。

・オリゴ糖&食物繊維       

 麴菌がお米をブドウ糖とオリゴ糖に分解するときに出る天然の甘味です。
 オリゴ糖と食物繊維は腸内環境を整えてくれます。

・コウジ酸            

 シミやクスミ・シミの原因となるメラニンの生成を防いでくれます。


甘酒を使ったダイエットの方法。いつ飲むのがいいの?

甘酒は100gで81kcalと意外に低カロリー。

しかし、甘酒に含まれるブドウ糖は血糖値をすばやく上昇させるので満腹感が得られるんです。


やり方は…「飲むだけ」です。


◎おすすめは朝食をコップ一杯の甘酒に置き換えるという方法◎

朝甘酒を飲むことによって満腹感が得らるだけでなく、一杯でたくさんの栄養素をとることができるので間食も減らせるんです。

甘酒のニオイや味がちょっと気になる…という方は豆乳や生姜を入れて飲むとさらに健康効果も増した甘酒ドリンクになって良いですね。


◎その他の飲むタイミングや使用方法◎

・食前・食後におちょこ一杯程度飲む

置き換えダイエットや食事を抜くのは抵抗があるとか自信がないという方むけの方法です。

ドカ食いを防止して健康的な食事量を目指せますね。

・食べ過ぎた翌日や週末のプチ断食に利用する。

ファスティングなどでは酵素ドリンクやジュースなどで置き換える方法が一般的ですが、日本人の身体に合った甘酒で断食をすると体質改善の効果もあるんです。

酵素ドリンクのダイエット効果は⁉︎【おすすめの手作り酵素ドリンク7つのレシピを大公開!】

また、朝食・昼食・夕食のうちどれか自分の生活スタイルに合った一食を甘酒に置き換えるのも効率的にダイエットが出来そうですね。

・チョコやクッキーなどスイーツを食べる習慣のある方

おやつを甘酒変えてみましょう。15~16時の小腹が空くころに。
もちろん飲みすぎはいけません。

・夜食がわりにどうしても何か食べたい…そんな時もおちょこ一杯程度飲んでみても。

※どの場合にも一気飲みするのではなく、ゆっくりと時間をかけて味わって飲むことがおすすめです。濃厚なその味はゆっくりと味わうことで満腹感がちゃんとえられるんです。少し温めて飲むこともポイントですよ。

・お料理に使用する  

お砂糖の代わりに使用してみるのがおすすめ。煮物や炒め物などに。


このように生活に取り入れて健康的に美しくダイエットができるんです。


甘酒は自分で作れます

お店で売っている甘酒でももちろん効能や効果は同じなのですが、甘酒ってシンプルな材料でしかも簡単に手作りできるんです。


そんなレシピをご紹介しますね。

 

①炊飯器でお粥を作ります。

②米麹をよくもみほぐしておきます。

③炊き上がったお粥を少し冷やしてから麹と混ぜます。

④炊飯器を保温にして約五時間発酵させて出来上がりです。

※発酵温度を保つために炊飯器には蓋をしないことがポイントです。
ほこりが入ったりするのが心配ですので清潔なふきんなどをかけておきましょう。

http://断食方法.biz/type/amazake.html

まとめ

いかがでしたか?

いままであまり頻繁に目にしたり飲むことがなかった甘酒はとても素晴らしい栄養と効果が詰まっていることをおわかりいただけましたでしょうか?

美しく健康にダイエットできる甘酒。

大事なことは「米麹からつくられた甘酒を選ぶ」ということです。

置き換えでガッツリ早めの効果期待するもよし、じっくり生活に取り入れて健康に痩せるもよし、栄養不足になる心配はありませんので安心して取り入れてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ