【新しい財布の使い始め2017】最適な日&寝かせ方と期間を知れば金運UP!

お財布は一年に一度、新しく変えた方が良いといわれます。

【スポンサードリンク】

それでは、購入した財布はいつ使い始めるのが良いのか?それまではどう寝かせておくか、使っていた財布はどう清めたら良いかについてはご存知でしょうか?

今回は新しい財布の使い始めに最適な日と寝かせる方法、清め方について詳しくご紹介したいと思います。

【参考】
【金運アップの財布2017】金運をアップさせる色・素材・扱い方と注意点

 

使い始めはいつが最適?

①立春から立夏までの間

春財布=張る財布といい、金運がUPするといわれています。

また、立春は旧暦で一年の始まりとされています。立春または、立春から立夏までの春の間に使い始めるのが最適です。

②寅の日

虎は千里行って千里戻るといいます。出て行ったお金がまた手元に戻るということで、寅の日に使い始めるのが縁起が良いといわれています。

また、お金のことを虎の子ともいいますね。虎とお金は縁が深く、金運UPのパワーストーンもタイガーアイです。カラー的にも金色とお金に似ていますので新しい財布の使い始めに最適な日です。

③己巳の日

福徳財宝を授けることで知られている弁財天の縁日は60日に1度の己巳の日に開催されます。

また、白蛇は弁財天の遣いといわれており、蛇とお金は大変深い縁があります。夢や台所に白蛇が現れると縁起が良いともよくいいますよね!

④天赦日(てんしゃび)

文字通り、天が万物を赦すであるといわれています。天赦日には百神が天に昇り、万物の罪を赦す日とされ大安より更に大吉日であるとされています。

スピリチュアルな視点から見ると赦すことは許可することでもあります。お金を増やすことを赦す=許可する。自分に許可を出すとお金に対する罪悪感や慎ましくなければいけないなどの捉われや思い込みから解放され金運がUPするといわれています。

⑤一粒万倍日

一粒の籾が何万倍にも実る稲穂となるという意味で何事を始めるにも縁起が良い日とされています。

但し、一粒万倍日は何回も数多く訪れるため、吉日と重なる日は効果が更にUPし、凶日と重なる日は効果が半滅するといわれています。一粒万倍日に使い始める場合には吉日と重なる日にしましょう!

➅新月

新月は願い事をする日であるのと同時に事始めに最適な日です。

【スポンサードリンク】

〜使い始めに最適な日を具体的にまとめてみました〜

2月4日 立春

2月7日 一粒万倍日(大安)

2月8日 寅の日

2月11日 己巳の日

2月20日 天赦日/寅の日

2月26日 新月(23:58) 金環日食の日でもあり事始めのパワーが倍増します。

3月4日 寅の日

3月16日 寅の日/一粒万倍日(友引)

3月28日 新月(11:58)/寅の日/一粒万倍日

4月9日 寅の日

4月21日 天赦日/寅の日

4月26日 新月(21:17)

お財布は何故寝かせるのか?

お財布は易学ではお金の住む家とされています。

images-8

 

新しく家を建てたり、引っ越ししたりした時には、住みやすいように環境を整えますよね?環境の良い家には自然と人が集まって来ます。誰かのお宅に訪問した時に居心地の良い家と早く帰りたくなるような家とありますが経験したことはありませんか?

お金とお財布の関係も同じです。

使う前に寝かせて環境を整えてあげると住みやすくなりお金が集まってきやすくなります。

お財布の寝かせ方と期間

①新札または出来るだけ綺麗なお札を用意します。

お財布は最初に入ってきた金額を記憶するそうなので出来るだけ大きな金額を最初に入れると金運がUPするそうです。普段の倍位の一万札を入れるのがベストかなと思います。

お札は向きを揃えて正面が前に向くように入れましょう。また、上と下を逆に入れると金運がUPするともいいます。金運の良い方とお札を交換してもらうと更に金運がUPしますよ!

*カードなどは入れないようにしましょう!出来れば使い始めてからも別々にするのがベストです。

②五円玉を用意しましょう。

五円=ご縁で縁起が良いとされています。お財布に五円玉に紐を付けた御賽銭を入れるのは昔からの風習でもあります。ピカピカにしてから入れましょう。

③縁起物を入れましょう。

*ふくろう=福朗・不苦労

*カエル=帰る・返る

*打出の小槌

打てば宝が出る打出の小槌はお守りにも用いられています。

*弁財天さま、大黒さま、恵比寿さま、布袋さまなど七福神

*護符(陰陽道で用いられる魔除けなどのお守り・金運上昇、邪気を払うなどの護符がお勧めです。人に見せると効力が無くなりますので絶対に見せないようにしましょう。)

*クリスタル、タイガーアイ

クリスタルは浄化、タイガーアイはお金を招くパワーストーンです。小さなブレスレット用の丸玉などを入れましょう。そのままでなく小さな巾着袋か半紙などに包んでからしまいましょう。

*②・③は省いてもOKです。

④綺麗な布または半紙などで包む

⑤北の方角にしまう

北は風水で金運UPの方位です。

➅暗所に寝かせる

お金は明るい場所より静かな暗い場所を好みます。

*北東は今年の凶方位です。方位磁石で正解な方位を調べてからしまいましょう。

⑦一週間から十日寝かせます。

使い始めの日がもっと先の場合には長く寝かせても大丈夫です。

使っていたお財布の清め方

*粗塩を振りかける

*ホワイトセージを炙って煙にくぐらせる

*月光浴させる(満月の夜が浄化作用が最も強いのでお勧めです。1月は12日20:35 2月は11日09:34 3月は12日23:55 4月は11日 15:09 48時間以内有効です。)

*クリスタル(さざれ、ポイントなど何でも良いです。)の上に乗せて一晩寝かせる

 

*以上のどれかで清めたら、お焚きあげに出す

お財布供養をして頂ける神社仏閣または古札納所でお財布なども受け付けている神社仏閣でお焚きあげして下さいます。

白い布か半紙に包み、気持ちとして御賽銭を添えましょう。ありがとうございました!など感謝の言葉がけも大切です。遠方の場合には郵送で受け付けている神社仏閣もあります。感謝とお願いしますの手紙を添えて送りましょう。

まとめ

新年を迎えてお財布を新しくしようと考えいたのですが昨年使っていたお財布をとても気に入っていたので、今年のお財布を見つけるのに、なかなか決まらなく時間がかかってしまいました。

先日、やっとお気に入りが見つかり購入しました。使い始めが楽しみです。

お財布とバッグ、下着などは新しい年を迎えると共に新しくするのが良いといわれていますね。

また、お財布とバッグ、靴でその人の物への気持ちやライフスタイル、価値観までわかるといいます。高価であるかどうかより、綺麗にしているか、大切に扱っているが重要なポイントだそうです。

それからお金を支払う時には気持ちよく行ってらっしゃい!と送り出し、また帰ってきてね!と気持ちを込めると良いそうですよ!

使うことに対して罪悪感を抱いたり、お札をクシャクシャにして平気でいたり、手放すことを過度に嫌うのが最も良くないそうです。小銭がパンパンに入ったままも金運を下げるそうです。お釣りで小銭が増えてきたら、コンビニやファミレスのレジ前にある募金箱に入れるようにしています。

また、金運UPの一番の秘訣は自分のことでなく、人の役に立つことに使うことだそうです。

先ずは人様を心がけると回り回って自分の元に数倍になって返ってくるといいます。

逆に使わずに溜め込んでしまいっぱなしにしておくと、気の循環が停滞して金運が下がるといいます。お財布と上手にお付き合いして今年一年、金運UPするよう心がけたいですね!

【参考】
【金運アップの財布2017】金運をアップさせる色・素材・扱い方と注意点

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ