【ブルーライトの影響】目や肌に悪い理由と対策

【スポンサードリンク】

近年、ブルーライト対策の話題が取り上げられるようになってきました。

パソコンやスマートフォンの急激な普及とともにブルーライトの影響が問題視されています。

このブルーライトはスマートフォン以外にも、私たちの日々の生活で見る機会の多い液晶テレビ、パソコンディスプレイ等の液晶モニターの光(LEDライト)に含まれています。

では、プルーライトの影響とその対策について見ていきましょう。

ブルーライトが及ぼす影響について

ブルーライトは目に見える光(可視光線)の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持つ光です。また、紫外線に最も近い光であり、目や肌をはじめ、さまざまな身体への影響が懸念されています。

ブルーライトに関する研究は色々と進められていますが、まだまだわからないことも多くあるのが現状です。

従来からある蛍光灯は複数の光を合わせて白色の光を放ちますが、LEDライトは、青と黄色の光を合わせて白色の光を作っているので多くのブルーライトを含んでいます。デジタルディスプレイ(液晶モニター)を利用した製品からは強いエネルギーを持つブルーライトが発生しています。

つまり、現代の私たちの暮らしの中でブルーライトは切っても切れないものとなってきています。

では、私たちの身体にどのような影響があるのでしょうか。

【スポンサードリンク】

目への影響

ブルーライトは非常に強いエネルギーを持つ光で、角膜や水晶体で吸収されることなく直接網膜に届きます。刺激性が高いブルーライトは、網膜や網膜の中心部にあたる黄斑にダメージを与えます。

このようなダメージは網膜に関するさまざまな疾患や近年増加傾向にある加齢黄斑変性症の原因にもなりかねません。

眼鏡疲労を引き起こすだけではなく、このような目の病気の原因になる可能性もあるので対策を講じることはとても大切です。

また、ブルーライトの特性として、波長が短いために空気中のチリやほこりによってチラチラと散乱して見えたり、眩しさを感じることがあります。

パソコンや液晶テレビの画面において起こるチラつきやブレはこのような特性から起こる現象であり、ピントを合わせるために目の筋肉や指令を出す脳が常に働いています。

長時間この状態が続くと知らず知らずのうちに眼精疲労や肩や首のコリを引き起こすことになります。

【参考】

【首枕(タオル枕)の使い方&作り方】肩こりや首こりを改善しよう!

肩こり解消!肩甲骨はがしの効果は⁈【バストアップ効果、五十肩や猫背の予防にも効果的!】

肌への影響

紫外線に近い強さのエネルギーを持つブルーライトは目だけではなく、肌にも悪い影響があると問題視されています。

実際、化粧品メーカーではブルーライトカットの効果のある化粧品が開発され、徐々に販売されています。一般の紫外線防止効果のある化粧品ではブルーライトカットの効果はあまり期待できず、ブルーライトを防ぐには専用の化粧品が効果的であると言えます。

特にスマートフォンは非常に顔に近い位置で見るので、ブルーライトを近距離で浴び続けることになります。

また、就寝前にベッドでスマホチェックをしている人はお化粧を落とした素肌の状態でブルーライトを浴びているので毎日それを続けているとじわじわと肌内部にダメージを受け、乾燥やくすみ、色素沈着等を引き起こす原因となります。

日焼けをしたくないために日焼け止めや日傘などのUV対策をしていても、スマートフォンのブルーライトによる肌ダメージを無視しているとお肌に悪い影響が現れる可能性があります。

体内時計の乱れ

朝起きてから夜眠るまで、ほぼ一日中ブルーライトを浴びる生活をしている人も多くいるのではないでしょうか。

起床後テレビを見ながら朝食をとり、仕事に向かう途中にスマートフォンを操作し、仕事中はパソコンディスプレイを長時間見続け、夜遅くに帰宅してからテレビを見て、寝床の中で眠る直前までスマートフォン…このような生活は一日中ブルーライトを浴び続けていることになります。

このようにブルーライトを長時間浴び続けることで体内時計に狂いが生じてきます。体内時計が乱れると次のようなさまざまな生体リズムの乱れによる不調を感じるようになります。

〇血圧の上昇
〇頭痛
〇不眠症
〇慢性疲労、脱力感
〇ホルモンバランスの乱れ
〇脳神経への影響 等

このような状態が続くと精神的にも大きなダメージとなり、心身ともに健康とは言えない状態になる可能性があります。

【参考】
【睡眠の質をあげる】ぐっすり熟睡するための方法を徹底解説

スマートフォンから出るブルーライト対策

スマートフォンはついつい長時間見てしまうことも多いですね。前述したように、目だけではなく肌への影響もあることから積極的にブルーライト対策をしたいものです。

スマートフォンのブルーライト対策として、ブルーライトカット効果のあるフィルムを画面に貼る方法があります。傷防止の保護フィルムの中にはこのブルーライトカット効果をうたっている商品があります。このようなフィルムを貼ることでブルーライトを浴びる量を軽減することが可能です。

また、ブルーライトを削減するアプリをダウンロードする方法もあります。

このような対策と合わせて、スマートフォンを見る時間を減らす心掛けも大切です。

特に就寝前にスマートフォンを見ているとブルーライトの刺激で脳がリラックスできず、すぐに眠れなかったり熟睡を妨げることにもなります。寝る前は一日の疲れを癒すリラックスできる時間を大切にして、スマートフォンには触れずに床に就きましょう。

パソコンディスプレイから出るブルーライト対策

仕事で一日中パソコンを操作している方はとても多くのブルーライトを浴びています。

ブルーライトカットフィルムをディスプレイに貼ったり、ブルーライトの光を軽減するパソコン用メガネを使用するとよいでしょう。紫外線から目を守るためにサングラスをかけるように、長時間に渡るパソコン作業に伴って浴びるブルーライトに対して専用のメガネをかけることは対策として有効です。

また、視力の悪い人でメガネをかけている場合、メガネを作る時にブルーライトカット加工をオプションとしてつけることも検討するとよいでしょう。

小さな心掛けでブルーライトの影響を軽減できます

便利になった生活の中でブルーライトが私たちの身体に与える影響は増大しています。

日常生活におけるブルーライトを断絶することは不可能なので、個々の生活の中でブルーライトを軽減できる工夫を一度考えてみましょう。

また、ブルーライト対策だけでなく身体に備わっている体内時計をリセットすることも大切です。具体的には朝は窓を開けて太陽の光を部屋に入れたり、起きたら照明をつけて光を浴びるようにします。

そして夜は就寝前までテレビ、パソコン、スマートフォン等のデジタルディスプレイを見続けるようなことは避け、部屋を暗くして間接照明などでリラックスできる空間を作ります。脳を睡眠しやすい状態にするためには寝室の照明は暖かみのある黄色や橙色の照明がおススメです。

仕事などでパソコンを見続ける環境にある場合は数時間ごとに外の自然光を浴びたり、目を休ませたりして目の筋肉の疲れをほぐすようにしましょう。

【参考】
「冷めにくい蒸しタオル」をレンジで作る4つの裏技!【目の疲れやクマ、肩こり、ニキビにも効く|美容・健康効果は絶大!】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ