【ブタクサの花粉が辛い】時期と症状&対処方法とおすすめ商品をご紹介!

%e8%8a%b1%e7%b2%89%e3%81%8c%e3%82%84%e3%81%b0%e3%81%84

【スポンサードリンク】

月一年草のブタクサは家の庭・野原・河原・アスファルトやビルに囲まれた都会だろうと
どこでもたくましく生きている北アメリカ生まれキク科の雑草。

開花時期は7~10月でその大きは、大きなものでは2mにも成長します。


花粉症といえば、スギやヒノキが有名ですが、
このブタクサの花粉に悩まされている人も結構多いんです。


そんなブタクサ花粉のアレルギーを和らげ、
乗り切っていくための対策についてまとめてみました。


知っておきたいブタクサの飛散時期と発症

スギやヒノキは3月ごろから飛散しはじめるのに対して、
ブタクサの花粉は7月下旬ごろからとなっています。8~9月にはピークを迎えます。

(寒冷地域では8~9月・温暖地域では9~10月と地域によってズレはあります)

実際の症状が出てくるのは9月ごろから。

夏の早めの時期から対策をとっておければ安心ですね。

 

【スポンサードリンク】

 

ブタクサアレルギー症状は風邪と間違えやすい!?症状や注意点について

日本人の6人に1人の割合で発症しているというブタクサアレルギー。

どこにでも元気に生えていますし、
風にのって広範囲に飛ぶので吸い込む確率が高いからなんですね。

スギやヒノキに次ぐ患者数の多さで、
原産国であるアメリカでは人口の5~15%もの人がこのブタクサアレルギーだと言われています。

・おもな症状

鼻水・連続したくしゃみ・咳・喉の痛み・目のかゆみ・肌荒れ・だるさなど・

夏が終わって涼しくなってきたから「風邪かな」と自己判断して風邪ぐすりを飲んだけれど一向に良くならない…
そんな時にはブタクサアレルギーを疑ってみましょう。

スギほど飛散量は多くなくて、飛散時期も短いですから早めの対策で乗り切ることが出来ます。なお、晴れた日や風の強い日は飛散量や飛散する範囲も広くなりますので特に注意しましょう。


・症状に「咳」が出る原因

ブタクサの花粉はスギやヒノキに比べて粒子がとても小さいんです。
そのため、簡単に器官に入ってしまうため、咳という症状が出るのです。

この咳から「喘息」に発展してしまう可能性もありますので自己判断は避けましょう。


・果物アレルギーを持っている人は特に気を付けて。

ブタクサの花粉患者はメロン・きゅうり・スイカなどのウリ科の果物や
バナナ・ズッキーニなどを食べると唇や喉に刺激を感じたり、
かゆみやイガイガ・嘔吐・腹痛などが現れる
果物アレルギーを持っていることが多いことがわかっています。

※ブタクサ花粉と果物に含まれるたんぱく質の構造が似ていて、
身体がおなじ物質だと勘違いしてしまうことから起きるんです。


◎アナフィラキシーショック◎

ごくまれではありますが、たくさんの花粉が一度に体内に入ると
アナフィラキシーというショック症状が起きる人がいます。

呼吸困難に陥ったりと大変危険ですので注意しましょう。


病院に行ってアレルギー検査をしましょう

花粉症は一度かかると完治は不可能と言われています。

そのために出来ることはまずアレルギー検査をして
アレルゲンを知っておくことが大切です。


・花粉を入れない・付けない

1.花粉対応のメガネ・マスクをする。
2.洗濯物は部屋干しする。(外に干すと花粉が付着します)
3.外から帰ったら入る前に洋服の花粉を払い落とす。
4.手洗い・うがいをする。
5.帰宅後には「目」を洗う。

※山や雑草の多いところに行かない。
 秋花粉にはブタクサだけでなく、ヨモギやクワ科のカナムグラなどもあるので油断大敵です。
 

・対症療法      

薬を服用して体の中からも花粉をガードする。
内服薬・点鼻薬など花粉が体内に入ってしまっても平気な身体にして花粉時期に備えましょう。

病院での検査ののち、いつごろから薬を飲み始めたら良いのかなどを医師に相談しましょう。
血液検査は年に一度は受けてアレルギーの状況を把握しましょう。


・食生活に気を付ける

アレルギー症状のある人は食生活に気を付けることによって
その症状を緩和したり良い状態に近づけることができます。

肉を少な目にし、魚や野菜(特に根菜類)を摂る、
昔ながらの和食を見直すことで刺激に強い体になるなどの体質改善を期待できます。


ブタクサなどの花粉症やアレルギーに良いとされている食品はあるの?

◎緑茶やカテキンは花粉症などのアレルギーに効果があると言われています◎

もちろん普通の緑茶にもその効果はあるのですが、
「緑茶べにふうき」というのが抗酸化作用があり、
肥満細胞がIge結合するのを抑えてヒスタミンの放出を抑える働きをしてくれるんです。


「メチル化カテキン」というべにふうきにしか含まれていない成分が
「抗アレルギー作用」があることがわかっているからなんですね。

※カテキンはタンニンとも呼ばれているお茶の渋み、苦みの成分です。

http://minorien.jp/ichiran/benifuuki.html

べにふうき緑茶はいろいろなショップから販売されています。
手軽に生活の中に摂りいれてアレルギー対策できますね。

◎アレルケア(L-92乳酸菌)

ヨーグルトが花粉症に良いなどということを耳にしたことがある方も多いかと思います。

その中でもカルピスが長年の乳酸菌の研究から生まれた
L-92乳酸菌(ラクト・バチルス・アシドフィルスL-92株)は
一般的な乳製品からは摂ることが出来ない貴重な乳酸菌でアレルギー体質で
刺激に弱くてトラブルに悩んでいる人を身体の中からバランスを整えて
体調を良くしてくれるサプリメントです。

https://www.calpis-shop.jp/c/lp_acare/?vid=14782255377282073250175378791.2


まとめ

いかがでしたか?

ブタクサ花粉のアレルギーは果物アレルギーや喘息との関連に注意して
早めの検査をおすすめします。

お茶やサプリメントは即効性はないかもしれませんが、
続けていくことで体質が改善されたり症状を緩和してくれたりするため、
じっくり長期で取り入れていくと良いですね。

なお、効果や副作用などには個人差がありますので合わない場合や
心配なことがあるときにはメーカーなどに相談しましょう。

          

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ