【初心者向け】クリスマスチキンのレシピ♪フライパンで超簡単にできるおすすめな作り方

2b469c8db5d43460afc3fd21bdf0ba6c

【スポンサードリンク】

簡単でおいしい! クリスマスチキン料理

クリスマスといえば欠かせないチキン料理。


日常のレシピにちょっとしたコツを加えるだけで、
いっそうクリスマス気分を盛り上げてくれます! 


今日は、フライパンさえあれば簡単にできて、
しかもおいしい、初心者でも失敗しないクリスマスチキンのレシピを2つご紹介します♪


まずは、シンプル派にぴったりのこちら。

1.見た目で勝負! 鶏もも肉deクリスマス


材料(4人分)
鶏もも肉 2枚
塩コショウ 少々
酒 小さじ2
醤油 小さじ2
にんにく 1片
サラダ油 大さじ1
レモン汁もしくはレモン風味ドレッシング 適宜
ブラックペッパー 適宜
付け合わせとして
ブロッコリー 1株
ミニトマト 8個


作り方


1.鶏肉は、余分な脂肪の部分(黄色い部分)を包丁で切り落とす。


2.鶏肉を半分に切り、さらに、皮がついていない方の面に、
繊維と垂直に切り込みを入れておく。約2~3cm間隔で入れるとOK。
こうすることにより、肉が縮むのを防ぎます。

さらに、下味をしみこませる工夫として、皮目をフォークで刺して穴をあける。


3.塩コショウを肉全体にすりこむ。
次に、ポリ袋に酒と醤油を入れて、鶏肉を投入。もみこんで下味をつける。

1~2時間程度、冷蔵庫で寝かせる。


4.フライパンにサラダ油を入れ、熱する。
薄くスライスしたにんにくを弱火で炒める。
焦がさないように注意すること。香りが立ちのぼってきたらOK。
次に3.で下味をつけた鶏肉を焼く。

にんにくが焦げないようにするため、鶏肉の上に置いておく。

鶏肉は、まずは皮目から焼き始める。

中~強火で2分程度焼き、こんがりとした焼き目がついたらひっくり返して両面に焼き色をつける。


5.焼き色がついたら弱火にし、ふたをして10分程度焼く。
肉に竹串をさしてみて、濁った汁が出なくなればOK。


6.丸皿の縁にそって、一口大に切ったブロッコリーとミニトマト(半分に切る)を交互に並べる。
クリスマスリースを意識して円形に盛りつけるのがポイント。


7.皿の中央に鶏肉をのせ、レモン汁とブラックペッパーをかけ、食卓へ。


醤油と酒とにんにくで下味をつけ、
ブラックペッパーとレモン汁でさらりと仕上げた基本的なチキンディッシュですが、

付け合わせの野菜にクリスマスカラーの緑と赤の野菜をチョイスし、
クリスマスリース調にすることで、中央のチキンも引き立ち、

一気にクリスマスムードが高まります。


レモン汁の代わりに、レモン風味のドレッシングを使ってもいいですね。
他の料理やケーキも楽しめるように、味付けはシンプルにするのもコツ。


シンプルな味もいいけれど、
もっとパンチの効いたローストチキンが食べたい! という方はこちら。


【スポンサードリンク】

2.子どもも大人も大好き! カレー風味のローストチキンdeクリスマス


材料(4人分)
骨付き鶏もも肉 4本
サラダ油 大さじ1
醤油 大さじ3
酒 大さじ3
カレー粉 大さじ1~2
ショウガ 1/2片
ニンニク 1/2片
付け合わせとして
キウイ 1個
ミニトマト 4個


余分な脂肪を切り落とす、皮目をフォークで刺して穴をあける、
切り込みを入れる、等の下処理は、上記のレシピと同じなので、ここでは割愛します。


1.ショウガとニンニクをすりおろし、醤油、酒、カレー粉とよく混ぜ合わせる。


2.1.をポリ袋に入れ、鶏肉を投入。もみこんで下味をつける。冷蔵庫で3時間程度寝かせる。
つけこんだたれは後で使うので、鶏肉を取り出した後、必ずとっておくこと。


3.フライパンにサラダ油を入れ、熱する。
鶏肉は、皮目から焼き始める。中火でこんがりとした焼き色がついたらひっくり返し、
両面にしっかりと焼き色をつける。

2.でとっておいたたれを鶏肉全体に絡ませ、弱火にしてふたをし、10分~15分程度焼く。


4.付け合わせとして、キウイは食べやすい大きさに、ミニトマトは半分に切り、
ローストチキンに添えて、食卓へ。


カレー味にニンニクとショウガでパンチをきかせたこのレシピは、
何といっても風味が食欲をそそります。


冷蔵庫で寝かせ、下味をしっかりとつけるのがコツです。


食べる前に、お好みで、市販のカレーパウダーをふりかけてもOKです。


緑と赤のクリスマスカラーが彩る、カレー風味のローストチキンは、
手間いらずなのに絶品で、大人にも子どもにも好評です。


両方とも、フライパンさえあれば簡単に作れるので、ぜひ、お試しあれ!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ