【デビットカードとは?】作り方と使い方&おすすめカードとメリットは?

5736688e79c1fcf591696e7a47a41fb7_s

【スポンサードリンク】

 

アメリカやイギリスではクレジットカードとほぼ同数の普及率を誇る

「デビットカード」

日本ではその認知度はまだまだ低いみたいですが、クレジットカード=借金というマイナスイメージを持つ若い人が増えていることから、クレジットカード以上に電子マネーや共通ポイントなどの普及が広がっています。

そんな流れからもデビットカードがもっと進化したり普及する可能性は大きいのです。

そんなデビットカードの作り方、メリット・デメリット、おすすめカードなどについて解説します。

デビットカードってどんなカード?

デビットカードはVisaやMastarCardなどの国際ブランド加盟店で、ショッピングが出来て商品を購入して際に代金が銀行口座から即座に引き落とされるカードのことです。

簡単に言うと

「即時決済型のクレジットカード」

ということになりますね。銀行口座直結で利用代金を即日引き落としになります。

【スポンサードリンク】

デビットカードのメリット

・銀行口座直結で利用代金が即時引き落とし

・世界中の国際ブランド加盟店で利用可能

・審査が不要(自己破産や債務整理歴があっても作れる)

・使いすぎの防止ができる(限度額=口座残高)

・無料アプリを使用して口座管理が簡単

・現金払いよりお得(ポイントやキャッシュバック特典)

・ATMに行く時間や手数料の節約になる

・15才(中学生は除く。銀行によっては16才以上)から持てる(クレジットカードは18才以上)

・ショッピング保険付きで不正使用保証。

・海外ATMで現地通貨の引き出しが可能(海外ATMに完全対応しています)

デビットカードのデメリット

・分割払い・リボ払いなどの立替え払いができない

・ポイント・キャッシュバックの還元率がクレジットカートに比較すると低い

・国際ブランド搭載だが高速道路など一部で使用できない

・ETCカードは完全後払いのクレジットカード付帯になるのでETCカードとは紐づけされない

・口座残高が1円でも不足していると使用できない

・毎回の入金が面倒

※このようなデメリットはありつつも、メリットの数の方が圧倒的に多いんですね。

ポイント還元率が低いワケ

デビットカードは銀行直結のカードなので、クレジット会社のように手数料が入ってきません。

クレジットカードのポイントというのはいわば、手数料の還元なんですね。

よってデビットカードは銀行への収入は少ないため還元率はおのずと低くなるのです。

デビットカードはどうやって作るの?

デビットカードは銀行口座の直結カード。まずは作りたいデビットカードを選びましょう。

この時、銀行によって手数料が違いますので損しないように見比べておくと良いですね。

 

●1.必要なものを用意する

・カードを発行している銀行の口座が必要です。

・身分証明できるもの(できれば顔写真つきのもの)

・印鑑(いらない銀行も)

運転免許証・パスポート・マイナンバー・住民票・健康保険証+公共料金の領収書などを用意しましょう。

健康保険証のみでは身分証明として認められない場合が多く、公共料金の領収書とセットで提示します。

また、デビットカードは15歳以上(中学生を除く)の学生も作ることのできるカードなのですが、「学生証」は身分証明書として認められていません。

住民票などをあらかじめ用意しておきましょう。

 

●2.Webから申し込みましょう

口座開設はWebからできます。しかし、未成年者の場合Webからの手続きが出来ない場合があります。その場合Web手続きと同様の書類を送ってもらい、記入したものを郵送で手続きすれば大丈夫です。

1週間~10日程度でカードが届きます。

国際ブランドを搭載していないデビットカードもある

●J-Debit(ジェイデビット)

J-Debitのマークのあるショップで使用でき、ほとんどの銀行のキャッシュカードで支払いが出来ます。

「日本デビットカード推進協議会」が提供するサービスで「日本国内のみ」で使用できます。

ゆうちょ口座があれば取り扱い業者が説明してくれるので他のデビットカードに申し込まなくても利用が可能です。

●J-Debitカードのデメリット

加盟店が利用できることを知らないというケースがまだ多くあるようです。

そのため国際ブランド搭載のデビットカードを選択した方が良さそうですね。

おすすめデビットカード

●三菱東京UFJ-Visaデビット

「買い物しながらお金の管理♪」というキャッチフレーズがなんとなく耳に残っている人も多いでしょう。

最も安心なメガバンクが出しているデビットカードという強みがあります。

・最高100万円・60日間のショッピング保険

・不正利用補償・60日間

・キャッシュバック率0.2%(利用額によって加算)

・キャッシュバック制でポイント交換の手間が省ける

・初回年会費無料。2回目からは1080円(税込み)

http://www.bk.mufg.jp/tsukau/visadebit/lp/201405_movie/?banner_id=b384359

 

●ジャパンネット銀行Visaデビット(JNB Visaデビット)

・年会費永年無料

・年間500万円の不正利用保険

・還元率0.2%、キャッシュバックモールを経由すると1%に。

https://login.japannetbank.co.jp/wctx/AF.do?SikibetuId=2016000009

 

●楽天銀行 デビットカード(JCB)

・利用100円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント付く

・年会費永年無料

・16才以上から作れるが20歳未満の場合親の同意が必要

https://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/jcb/

ここに紹介した以外にもデビットカードはあります。利用している銀行口座など自分に合ったデビットカードで賢くお金の管理をしたいものですね。

スーパーやコンビニでの使用に便利!

銀行口座にいつもそんなに入っていないし…また、即時決済型ときいて「自分にはご縁がないかも」と思ったあなた!

毎日利用するスーパーやコンビニで缶コーヒー1本からデビットカードは使用できます。

少額だけれど毎日使う場面での買い物をデビットカードに切り替えてみませんか?

そんな小銭レスな生活は現金を使用するよりもお財布のスリム化にもつながりますし、ポイントやキャッシュバックなどはそんな少額なお買い物の積み重ねこそ後々大きいんです。

なにより自分のお金からちゃんと支払っているので借金が増えていく心配もありません。

まとめ

いかがでしたか?

デビットカードは聞いたことはあったけど詳しいことはよくわからなかったという方も多かったのではないでしょうか?

日頃の現金払いの場で気軽に使用することから始めて、クレジットカードからデビットカードへシフトするのも新しい波に乗っていると言えますね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ