【子供料金は何歳から必要?】電車&飛行機(国内線・国際線)について

ct3_2-1

【スポンサードリンク】

 

子供との電車や飛行機での移動。

いろいろなところに一緒にお出かけできるようになって行動範囲も広がって楽しいですよね?

でも、意外に何歳から料金がかかるのか、いざ一緒に乗る段になってよくわからないってことありませんか?

電車と飛行機では料金のシステムが違います。
国内線・国際線でも違ってきます。

子供の年齢別での分け方はどうなっているのか?

などについてまとめてみました。

電車(JR)やバスは小学校に在籍かどうかで判断が分かれます

◆子供の区分

・大人・・・・・・・12歳以上(12歳でも小学生は「子供」)
・子供・・・・・・・6歳~12歳未満(6歳でも幼稚園児・保育園児は「幼児」)
・幼児・・・・・・・1歳~6歳未満→無料
・乳児・・・・・・・1歳未満→無料

●子供料金

乗車券・特急券・急行券・指定席は「大人料金」の半額(5円の端数は切り捨て)です。

※グリーン券・グランクラス・寝台券・乗車整理券・ライナー券は大人と同額になります。

●幼児・乳幼児

幼児・乳幼児は基本的に無料です。

座席を利用しない場合は、同伴者1名につき2名まで無料です。

大人または子供1人に同伴される幼児の人数が3名以上の場合は、3人目から「子供料金」が必要になります。

※大人1人で幼児3人を連れて乗車する場合、大人1人につき幼児2人まで無料なので3人目からは子供料金がかかります。大人1人+子供1人分の料金となります。

座席を利用する場合には、子供料金(大人の50%)となります。

 

【スポンサードリンク】

 

幼児の座席について

幼児だから膝上に乗せれば料金が無料だし…と安易に考えていると、長時間の移動で子供が飽きてしまいじっとしていられなかったりぐずったり、思ったよりも子供が重くて体力的にキツく感じたりするものです。

電車や新幹線での長距離の移動は親が思っている以上に身体的にも精神的にも負担になってくる場合があります。

そのため、子供(幼児)の分も特急券を買って指定席を取ってあげられるのがベストとなってくるのですが、
その場合乗車券も必要になってくるということを忘れないようにしましょう。

快適に子供との電車の旅を楽しむ為には子供の座席は一つ取っておいた方が良さそうですね。

飛行機の子供料金について

◆航空会社での料金区分について

・大人・・・・・・12歳以上→大人料金
・小児・・・・・・3歳~11歳→半額
・幼児・・・・・・0歳(生後8日)~2歳→無料

飛行機は電車と違って3歳以上なら子供料金が必要です。

また、12歳なら小学生でも大人料金になることから年齢で分けられていることがわかります。

●飛行機の年齢分けは安全上の観点から

飛行機という環境での移動は、3歳以上の動きの活発になってきた幼児を膝の上に乗せて…というわけにもいきません。

それは安全上シートベルトをしっかり閉めて座席に座らないとならないため、子供にも座席の確保が必要ということからなんですね。

●大人の割引制度を有効に使いましょう

大人だと「先特」とか「旅割」なんていう割引プランがありますよね?

そんな割引運賃を使えば通常の運賃の半額以下で旅行することが可能なので利用しているという方も多いと思うのですが、

飛行機の子供料金には割引制度というものがないんです。

なので大人の割引制度をしっかり利用することが家族全体の旅費を下げることができるポイントなんです。

●幼児・乳児の料金

幼児・乳児は基本無料です。

しかし、大人1人に対して2人以上の幼児(乳児)を連れている場合には2人目から子供料金が必要です。

国内線と国際線の場合では違ってきます

●国内線

・3歳未満で座席を使用しない場合(大人の膝上の場合)

同伴者1名につき1名が無料です。

・3歳以上12歳未満、および3歳未満で座席を使用する場合

小児運賃が適用になり、大人の運賃の半額相当になります。

●国際線

・満2歳未満で座席を使用しない場合

大人の膝上の場合は、幼児運賃として大人の10%相当

・満2歳以上12歳未満、および2歳未満で座席を使用する場合

小児運賃が適用になり、大人の運賃の75%相当になります。

※長距離のフライトの場合、2歳以下でも座席を予約するほうが親も子も楽で良いでしょう。

1歳以下の子供の座席利用に関してはインターネット予約ができない場合があるので、電話で予約センターに予約すると良いでしょう。

また、ベビーベッドも機内に用意されています(10㎏までの赤ちゃんならば利用可能)この場合も予約の時に電話で伝えておきましょう。

※飛行機に用意されているベビーベッドは「バシネット」と言って、取り付け式のものなのですが取り付けられる座席が決まっていることや数に限りがあります。また、規制ラッシュ時などは利用希望者が多くなります。

早めの予約が良いですね。

▲LCC(格安航空会社)では料金が違ってきます。

格安航空券はとてもお得で嬉しいですよね?

しかし、払い戻しが出来ない・予約の変更も不可などの厳しい条件があってこその安さだったりします。

購入する航空券によっては子供料金自体の設定がない場合もあるようです。

体調をくずしやすく、突然の予定変更やキャンセルが発生しがちなのが小さな子供です。

また、LCCの場合満2歳以上であれば小児運賃がなく大人と同じ料金だったりしますので確認が必要です。

そのようなことを踏まえるとパッケージ料金の方がお得な場合も多いということが言えるでしょう。

※とても基本的なことですが、国際線では赤ちゃんであってもパスポートが必要だということをお忘れのないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

電車や飛行機の子供料金についてお分かりいただけましでしょうか?

電車は小学校入学前までは無料というところが大きな違いでしたね。

なので、電車が使えるならば未就学児連れならばその方が安いということになりますね。

飛行機は小学生以下でも子供料金が必要になるので、大人の割引を利用することを忘れないようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ