【パック・フェイスマスクの使用期限&使い方】8つの最大限に効果を発揮させる使い方

wallhaven001-14

【スポンサードリンク】

 

化粧水や美容液がたっぷりと染み込んだとても便利なパック・フェイスマスク。

韓国などの海外旅行のおみやげとしていろいろなタイプのマスクをいただくことも多いですよね?

さまざまな効能で使い分けしたり、一つのパックにたくさん入っていて毎日使えるタイプがあったり。

でも、ついつい「後で使おう」と思いつつ放置してしまったフェイスマスクが出て来ちゃった!

「これって使って大丈夫?フェイスマスクって期限とかあったっけ??」直接顔につけるものですから気になりますよね?

そんな疑問にお答えします。

 

【スポンサードリンク】

 

フェイスマスクの使用期限について

・製造日が書いてある場合(未開封)

製造年月日が書いてあるフェイスマスクで未開封の場合、その製造日から約3年間と言われています。

・製造日が書いていない場合(未開封)

製造日が書いていないものも結構ありますよね?そんな場合には開けてみて変なニオイがないか?
質感が変化していないか?など状態をチェックした上で早めに使用しましょう。

・開封してしまった場合

開封してしまった場合には製造日にかかわらず、開封した日から1~3か月以内と言われています。

・使用期限が書いてある場合

無添加コスメなどには防腐剤や添加物を使用していなかったり必要最低限しか使用していないため、使用期限が記載されている場合があります。

その期限を過ぎている場合には劣化が進んでいることが多いです。

未開封でも使用しないまたはボディに使用するなどが良いでしょう。

また、使用期限が書いてある物で開封してしまった場合にはさらに注意が必要です。もったいないですが、処分してしまいましょう。

保管状況によって使用期限は変わってきます

前記した「未開封の状態」での使用期限は3年と書きましたが、その保管状況によっては注意が必要なんです。

・適切な場所(冷暗所)で保管していたのかどうか?

ということです。暖かい場所や、直射日光が当たる環境に置きっぱなしのフェイスマスクはそれだけでかなり劣化が進んでしまっている可能性があるからです。

※インターネットやフリーマーケットでの購入の場合、製造日から日の経った商品も多くなにより保管状況がわからないため思ったよりも品質が低下している可能性があります。

気になる場合には販売店に製造日を確認したり、フリマの場合は出品者に保管状況なども確認するような注意が必要です。

肌トラブルをさけるためには

フェイスマスクが保管状況や製造日からの時間の経過などが理由での肌トラブルよりも、実は大切なことがあります。

それはフェイスマスクを使用する人の「肌の強さや体調の影響」です。

肌が敏感な方は使用期限が気になるフェイスマスクは肘や膝で試してから顔に使用するか、ボディ用として身体に塗るとトラブルのリスクが少なくなるうえ、普段はボディには味わえない贅沢な美容液成分の効果を楽しめます。

フェイスマスクの保管で気を付けたい事

即効性とすぐれた保湿力で短時間に集中して肌の角質の水分量をアップさせてくれる機能的なアイテム、フェイスマスク。

そんなフェイスマスクの保管について。

・一つのパックにジップがついていて数枚入ったタイプには使い方に注意!

個包装のフェイスパックよりもコスパが良いことが売りの1パックに10枚とか入ったフェイスマスクってお得感満載ですよね?

「これなら毎日パックできる~♪」と意気込んで購入する人も多いはず。

このタイプは「頻繁に使用して良い成分だからまとめて入っている。」つまりは早めに使い切ることがポイントなんです。

しかも、フェイスマスクは「開けたその日から劣化が始まっている」ということを忘れないようにしましょう。

10枚入っていれば、最低10回は開け閉めします。そのたびにマスクに手を触れていますし、酸化・劣化が進行していくんです。

中にはタップリの美容液が入っていますから、使用後はしっかりとジップを閉めるのはもちろんのこと、清潔な手で使用する、平置きして美容液が偏らないようにしてマスクに美容液が行き渡るようにして保管するなどが大切です。

そして冷暗所に保管することです。

フェイスマスクの効果を最大限に発揮させる使い方8つ

まずは、フェイスマスクを使用する前にまずは顔をきれいに洗いましょう。
肌にトラブルがある時には使用を控えましょう。

 

1.フェイスマスクを使用する前に蒸しタオルなどで毛穴を開かせてから使用すると美容液の成分がぐんぐん染み込みます。

 ⇒「冷めにくい蒸しタオル」をレンジで作る4つの裏技!【目の疲れやクマ、肩こり、ニキビにも効く|美容・健康効果は絶大!】

2.デイリー使用できるマスクは毎日でも使用可能。リッチなタイプのものは週1~2回のスペシャルケアにしましょう。

3.乾燥がひどい方の場合は5~7日連続して使用する集中ケアもおすすめ

4.入浴後のフェイスマスクは蒸しタオルと同様の効果があります。

5.フェイスマスク自体を温めて使用するのもリラックスできて肌への浸透も良くなります。

6.美容スチーマーを持っている方はフェイスマスクを使用する前にスチーマーで肌をほぐしておくのもおすすめです。

7.時短美容→フェイスマスクを乗せた上からラップを当てると1分で普通にフェイスマスクを10分乗せたのと同じ効果があります。(苦しくならないように注意してくださいね)

8.使用後の美容液の残ったフェイスマスクで全身を拭きます。フェイスマスクの効果を120%使えますね!

フェイスマスクで肌に入れた水分を閉じ込めよう!

フェイスマスクの種類や機能によっても違ってきますが、化粧水の効果程度のライトな物ならばフェイスマスクの使用後に乳液やクリームなどでフタをすることが重要です。そんなひと手間を忘れないことで効果がさらにアップします!

期限を過ぎてしまったフェイスマスクは危険?!

化粧品メーカーは通常の保管で3~4年は品質を保持できる商品を製造していることになっていますが、自宅での保管の環境などによって予想以上に品質の劣化や酸化・雑菌が繁殖している可能性がないとは言えません。

期限が過ぎたものを使用してかゆみやかぶれを起こす場合もあるかもしれないんです。

パッチテストをしてみたり、ボディーに使用したり時には潔く処分する方が良い場合もあります。

やってはいけないことも

フェイスマスクはそのマスクの使用法に書いてある時間のせる(10~15以内のものが多いです)のが正しい使用法なのですが、長時間乗せれば効果が上がるのでは?とずっと乗せっぱなしにしていたり

「フェイスマスクをしたままで寝る」のは絶対にNGです。

濃厚な化粧水や美容液が染み込んでいますから刺激が強すぎることになりかねません。

そして、吸水性の高いシートですから、乾くとかえって乾燥をまねきます。

まとめ

フェイスマスクはとても便利なスキンケアアイテムですよね?開封したらなるべく早く使用するように心がけて、ツヤツヤプルプルのお肌を保ちたいものですね。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ