【扶養控除(配偶者控除)の廃止】いつから?気になる時期と内容について

金銭管理

【スポンサードリンク】

これから年末調整の時期が近付くにつれ、
「扶養控除(配偶者控除含む)」の文字を目にする機会があると思います。


ご主人がサラリーマンの家庭では勤務先から何月何日までに、
必要な書類を添付してこの申告書を提出するようにと言われることでしょう。


その申告書の名称は

「給与所得者の扶養控除等(異動申告書)兼配偶者特別控除申告書」で、

扶養控除を受けられる条件に該当する親族がいたら報告するように、というものです。


扶養控除は所得控除の一つで、税の計算に必要な差引条件のようなもの。


扶養控除は同居・別居の老親や19歳以上23歳未満の親族、16歳未満の親族、
それぞれ控除額が異なります。

 

【スポンサードリンク】

 

配偶者控除の額は38万円。妻の年間収入が103万円以下なら、その夫に適用されます。


(収入の有無にかかわらず、誰でも1人当たり65万の基礎控除があり、65万+38万で103万円の根拠となる)


超過しても130万までは配偶者特別控除が適用されますが、
夫の勤務先から「配偶者手当」なる手当が毎月支給される場合があり、

この支給基準が妻の年収103万以下の場合が多く、ここから「103万円の壁」と呼ばれています。

 

最近、この扶養控除(特に配偶者控除)廃止を政府が検討し始めました!


とよく報道されていますよね…

年収を103万以内に収めるのを意識して主婦が働く時間を抑える傾向にあり、
控除そのものを廃止して女性にもって働いて活躍してほしいというものですが、
本音は女性に多く稼いでもらって税金を多く収めてほしいということでしょう…


夫がこの控除を受けていない家庭では、現在の税法に不満な声も聞きます。


フルタイムで働く妻にしてみれば働かない方が税金が低くなったり、
手当がもらえるのは納得できないという声です。


何年か前に「兼業主婦」VS「専業主婦」といった企画の番組が報道されていました。


兼業側の意見は、控除を受けるために年収を抑えることが、
働く女性の足を引っ張り女性の地位向上を妨げている、と語っていました。


SNSが普及した現在、更に厳しい声が上がっていることでしょう・・・


夫に控除が適用される妻の側にも言い分があるようです。

勤務時間を抑えたほうが税金が低くなり、
手当も貰える、子育てや介護にも余裕をもって向き合える場合もある、

なら受けた方が得でしょうというのも無理はないですね。


控除の適用を選択した側が目先の得にとらわれているとは思いません。

夫が転勤族であれば帯同する妻がフルタイムを避けることもあります。

健康上の理由があったり、子供が小さくて家を空けられない、
介護が必要な親族がいる、そもそも雇ってもらえない等々、
家庭の数だけ理由があるともいえます。


どちらか一方が正しくて、他方が間違っているものでもないのではないでしょうか。。


発想の転換をしてみてはどうでしょうか?


働く時間を増やすことが子供達の未来を豊かにし、
自分の老後に安心をもたらし国の財政を安定させるかもしれない。


仕事を増やすと慣れるまでは辛いだろうが、次第に状況に適応できることでしょう。


スーパーのお惣菜もどんどん進化し、手抜き・時短料理を利用するのは当たり前になりました。

時間の使い方もうまくなるだろうし、
何よりいきいきした母の表情に子供が理解してくれるのではないでしょうか。


一緒に過ごす時間は短くなっても密度を高めればいい。
もちろん何を言われてもこれ以上時間は増やさない、
子供や家事、介護に重きをおく、というのも選択の自由です。


フルタイム側の主婦も他方を気に入らないと思わず、
彼女たちがこちら側の働き方を選択すれば戦力になって自分達にもいい刺激になる、
と意識を変えましょう!


税収が増えて年金も安定すれば皆にとってプラスです!!


控除を超えて働く側に来てね、と理解ある目を向ければどうでしょうか。


立場が違う両方が、
気持ちをを変えていくその先に女性の地位向上があるのかもしれませんね。

 

【オススメのキャンペーン】

29万9800円相当のマネーロボットのプレゼントキャンペーン

現在お金に困っている方でも、お小遣い稼ぎをされたい方でも、
すべての方に大きな収入を得る事が可能になる、超オススメのキャンペーンです。

そして、それだけではありません。

まず、こういったビジネス動画やキャンペーンでは必ず有料の商品のオファーが存在します。

しかし、このキャンペーンでは一切、有料の塾やスクールなどの販売は行っていません。

つまり、世界最先端のシステムとノウハウを期間限定・完全無料で入手できる超おすすめのキャンペーンなんです♪

→キャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。

 
 
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ