ニベアは最強?「ハンドクリーム」を顔に塗る⁉【使い方の注意点|おすすめのハンドクリームと配合成分】

a122b8e8d17eaabcc5b8ed79df730458

【スポンサードリンク】

テレビ番組でも紹介され、今話題のハンドクリーム!

手だけでなく顔にも使えるんですよ!

某著名人男性のブログでは、「ニベアの顔パック最強!」と紹介されていました。30mlで20000円以上する高級美容液と比較してみた結果、配合成分が同じであったことも注目されています。

そんなスキンケア万能アイテムのハンドクリームについて、使い方の注意点とオススメの配合成分、オススメハンドクリームなどについてご紹介します!

♣ハンドクリームを選ぶ際の注意点

・尿素が配合されていないものを選ぶ

肌はタンパク質から作られています。尿素にはタンパク質を分解する作用があります。尿素は傷やあかぎれ、痒みなどには効果的なのですが、スキンケア、保湿などには不向きな成分です。

尿素配合のハンドクリームを顔に塗った場合、保湿とは逆に角質を剥がして乾燥させてしまいますので、尿素配合のハンドクリームは避けるようにしましょう!

・油分の割合と固さ

ハンドクリームには固形の油分や粘土の高い油分が使用されます。顔に塗り過ぎるとニキビや吹き出物の原因ともなります。また、伸びが悪いため摩擦から肌に負担がかかりますので、注意が必要です。

良く手で温めてから、薄く伸ばして使うようにしましょう!

♣オススメの配合成分

♦肌を構成している三大成分

三大成分は線維芽細胞によって生成される成分であり、オーバーターン(肌の生まれ変わり。古い角質を落とし、新しい角質を生成すること。)を促進する効果があります。その一つ一つの成分についてご紹介します。

[コラーゲン]

コラーゲンは数多くのアミノ酸から作られているタンパク質の一種であり、肌、筋肉、軟骨、関節、血管などを生成する成分です。豚、牛、すっぽん、魚などの生き物から抽出されます。コラーゲンに含まれている必須アミノ酸は私たちの体内では生成することが出来ないため、外からの摂取が必要となるスキンケアには欠かせない成分です。

ここで注意点ですが、コラーゲンには高分子コラーゲンと、低分子コラーゲンがありますが、高分子コラーゲンの場合、分子量が大きいため(500ダルトン以下)、肌の一番奥の角質層まで浸透しないといわれています。

現在、多く販売されているのは高分子コラーゲン(抽出したコラーゲンそのままのもの)をペプチド分解して低分子コラーゲンを使用してものが多いのですが、裏面の配合成分の表記は必ず確認するようにして下さい。

[ヒアルロン酸]

ヒアルロン酸はN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸から構成されている成分です。フカヒレ、鶏のとさかなどから抽出されます。肌の真皮(表面)、筋肉、軟骨、関節、血管、眼球などあらゆる箇所に存在し、細胞組織を結合させる作用があります。(細胞と細低分子であるほど、浸透力と保湿性に優れています。細胞のクッションの役割)

また、ヒアルロン酸は、コラーゲンの周囲を囲みサポートして、コラーゲンの変質を防ぐという重要な働きをしています。保水性に優れているため、肌の感想を防ぐ役割を果たします。

[エラスチン]

エラスチンは繊維状のタンパク質であり、コラーゲンとコラーゲンを結合させ、網目状に構成させる働きをします。肌の真皮に存在します。ゴムのような伸縮性があることが特徴です。肌の弾力性を保つために欠かせない成分です。

♣ニベアクリームが最強の理由とは?

芸能界にまで話題沸騰のニベアクリーム!

お手頃価格でお財布にも優しい特に主婦の皆さんにはオススメのハンドクリームです。昔から青缶とも呼ばれ、多くの方々から愛されてきたその理由は配合されている成分にありました。

古い時代にはクリームの成分まで細かくリサーチしてから買うことは考えられなっかたことですが、おばあちゃんの知恵袋ともいうように、昔の方々の感覚は鋭かったと実感します。長く人々から愛用され続けるニベアクリームの効果と有効成分についてご紹介します。

[保湿効果に優れている]

*ホホバオイル
*グリセリン

[水分の蒸発を防ぐ(乾燥防止効果)]

*ワセリン
*オレイン酸デジル
*ミネラルオイル
*オクチルドデラノール
*スクワラン
*ラノリンアルコール

[伸びが良い]

*パラフィン
*ジステアリン酸AI
*マイクロクリスタリンワックス
*水添ポリィソフテン

♣その他のオススメハンドクリーム

*ロクシタンのハンドクリーム

ロクシタンは1976年に南仏プロヴァンス地方で誕生した、植物由来のエッセンシャルオイルをベースとしたスキンケア商品の開発を手掛けた先駆けといわれている企業です。厳選された肌に優しい成分のみを使用していることから、世界中の女性から人気の高いスキンケアメーカーです。

保湿効果が高いといわれているシアバター配合のシアクリームが特にオススメです。

*ユースキンA

ビタミンB2、ビタミンC、ヒアルロン酸na配合のハンドクリームです。保湿効果が高く、ビタミンの抗酸化作用によってアンチエイジング効果も高いクリームです。

♣簡単!ハンドクリームの作り方

(用意するもの)

*蜜蝋ハチミツ由来の蝋)2g
*キャリアオイル(ホホバオイル、100%ピュアのオリーブオイル、アーモンドオイルなど)10ml
*耐熱容器*鍋
*保存容器

(作り方)

1:耐熱容器に蜜蝋、を入れて湯煎で溶かします。
2:1にキャリアオイルを加えて滑らかになるまでよく混ぜ合わせます。
3:冷めたら容器に移して固まったら出来上がりです。冷暗所で保存しましょう。(夏場は冷蔵庫)

*お好みでエッセンシャルオイルで香りつけもOKです。

♣まとめ

いかがでしたか?

ハンドクリームを顔に塗る際には単品使用でなく、化粧水で水分補給をしてからの使用をオススメします。

また、パックとしての使用も効果がありますが、丁寧に洗顔して、油分が残らないようにしましょう!

冬場のかさつき、肌荒れにはとても有効なアイテムなので、注意点は忘れないようにして、上手にスキンケアに取り入れてみては如何でしょうか?

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ