【雛人形を飾る時期はいつからいつまで?】片づけるのが遅いと婚期が遅れる理由は?

83573142654e42f94d232c6dddba5d19_s

【スポンサードリンク】

 

時代が変わっても、女の子の節句であるひな祭りには雛人形を飾ってあげたいものですよね?

そんな雛人形を片付けるのが遅いと婚期が遅れるとか聞いたことありませんか?

そもそもいつごろから出すんだったっけ?

いざとなるとちょっとよくわからなかったりしませんか?そんな雛人形にまつわる素朴な疑問についてまとめてみました。

雛人形っていつ出していつしまうの?

●雛人形をかざる時期

節分が終わって暦の上で春が始まるとされている立春から遅くとも2月の中旬までには出しておきたいものです。

節分の次の日(立春)といえば2/4ですから、雛祭りまではかなり余裕がありますよね?

一か月近く。

これは、旧暦上の春に合わせて待ち遠しい春の象徴でもある雛人形を少しでも長く飾ってあげて雛祭りまでを楽しみに過ごしましょうという昔ながらの思いからなんです。

忙しい現代人ならばなかなかこの時期から雛人形を出すのは難しいということも多いですよね?

そんな場合にも「雛祭り当日3/3の一週間前までには出しましょう」

 

【スポンサードリンク】

 

正式には「雨水(うすい)の日」に出すとベスト

雪が雨に変わって春になっていく節目の時期とされている「雨水の日」ってご存知でしたか?

毎年2/18、19日にあたります。

できればこの雨水の日あたりに出せると良いですね。

しかし、これも地域によって違いがあったりします。
義母さんやまわりの年配の方などに聞いてみるのも良いかもしれませんね。

いろいろな人に聞くと混乱しそうで面倒…という方はその地域の人形店などに聞いてみたりするのも良いでしょう。

 

●雛人形をしまう時期

早い人では祭りのお祝いをした3/3の次の日片付けを始めるという方も多いです。

正しいとされているのは二十四節気の一つである「啓蟄(けいちつ)の日」に仕舞うことだそうです。

3/6ごろということになりますね。

しかしなかなかそうもいかない場合には3月の中旬までには仕舞うように心がけたいものですね。

そしてできれば大安の日に仕舞うと縁起が良いのだとか。大安を選ぶと良縁に恵まれると言われています。

それよりも大切なのは「良く晴れて乾燥した日」を選んで仕舞うことです。

人形の中でも絹などの高級素材が使用されている雛人形はとても湿気に弱いので、カビや虫食い、シミの原因になってしまうからなんです。

雛人形をしまうのが遅いと婚期を逃す!?

安心してください。

迷信ですよ。

しかし、雛まつりなど季節の行事を大切にできるのは女性の細やかな気配りが関係していたり、片付けは嫁ぎ先の家からの評価にもかかわることから「出したものもちゃんと仕舞えないようなだらしないお嫁さんはいらない」というような戒めから婚期を逃すという表現に変化したものだそうです。

どうやらしつけの意味合いが大きかったみたいですね。

なので直接的には婚期とは関係ないのですが、親として娘の成長を祝うおめでたいものですから雛人形の出す時期、しまう時期を伝えていくという意味からすればなるべく前記した時期に仕舞えるとベストですね。

何歳まで飾るのが良いの?

小学校になったらもう飾らないという家庭もあれば、自立して家を出て行ったら飾らないなどその家によってさまざまなようです。

どうやらその理由は「雛祭り」はお誕生日やクリスマスのようにお家でお祝いするのはとても小さな内だけという家庭が多いからみたいなんです。

七段飾りともなれば、出す手間仕舞う手間がとてもかかります。しかし大きくなると雛祭りをしなくなり、飾っても本人が家にいないということも増えて来るとだんだん遠のいてしまうんですよね。

また、住宅事情などから雛人形を置けるスペース自体が足りなくなったりするケースも多く、気づけば仕舞いっぱなしになっているということも良くあるようです。

◆しかし、本来は「結婚するまで飾るもの」だそうです◆

雛祭りを祝う時期というのは、女の子が生まれて無事に大人になるまで成長して結婚するまでなんだそうです。

そうは言っても大人になると雛人形を出して雛祭りを家で祝うということもしなくなってきますよね?

なので何歳まで?にはこだわらなくても大丈夫のようです。

雛人形はどう処分する?

雛人形を始め、使わなくなったお人形を仕舞いっぱなしというのはあまり気分の良いものではないですよね?

身近な親戚や知人に小さい子がいればもらってもらうという手もありますが、なかなかそうも行かなかったりしますよね?

気になっているならば次の3つの方法をおすすめします。

・人形供養

お寺や神社で供養をしてもらえます。

直接持って行かなくても郵送で受け付けてくれるところが多いので問い合わせてみましょう。

きちんと供養してもらえるので気分的にも良い方法ですよね。

人形には魂が宿ると言うし…という点が気になる方には最適な方法ですね。

・寄付やリサイクル

子供たちが集まる保育園や幼稚園、そのほかの施設や団体に寄付するというやり方です。

自分で寄付する先をみつけるのはたいへんですので業者さんを通してお願いすると良いでしょう。

・オークションやフリマなどに出品する

雛人形は安いものではないため、オークションやフリマで低価格で購入したいという方はたくさんいます。
とくに段数の多い本格的な雛かざりには人気が集まるようですよ。

これ以外には粗大ごみに出すという方法がありますが、あまり進んでやりたい処分方法ではありませんよね?

※長い間仕舞っておいて、傷んでしまうと他人に譲ることは難しくなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

雛人形を出す時期は雨水の日、仕舞う時期は啓蟄の日などという季節の行事についての知識として覚えておくと娘さんのためにも良いということでしたね。

親子でそんなことについて話をするのもとても素敵なことですよね?

でも、日々忙しくてなかなかそうも行かない…という場合には

・遅くとも雛祭りの1週間前には出す
・遅くとも3月中旬までには仕舞う(晴れた日)
・飾る年齢には個人差がある
・しまいっぱなしにしないでベストな処分方法を考える

ということを頭に入れておきましょう。

女の子が笑顔でハッピーな雛祭りを楽しく過ごせることが一番なんです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ