【一人暮らしの費用】社会人の平均は?二人の息子の実例&節約のコツ

4653fe6f15ff661e970f2707f7514ed3_s

【スポンサードリンク】

 

お子さんが一人暮らしをするにあたって 一体いくら位かかるんだろう?

初期費用は親が出すにしてもその後一人でやっていけるんだろうか?と心配なさるお父さんお母さんもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

我が家は8年前に長男が、3年前に次男が独立して一人暮らしを始めました。

住む地域や築年数などによって借りる物件の初期費用や家賃の相場などは微妙に違いはありますが、大体の相場として最初にかかる費用とその後暮らしていく中でかかる費用や息子達が気をつけていることを一列としてご紹介したいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

初期費用について

〜物件の初期費用〜

ワンルームを借りる場合、家具付きのレオパレスなどを借りるのが一番割安だと思います。

家賃は場所や築年数、広さによってまちまちですが、3万円代から高くても4万円代が相場です。

初期費用は11万〜14万の間位と考えて良いと思います。

また、家具付きではありませんが、初期費用が9万、家賃が2万円代〜3万程度の破格なワンルーム物件も中にはあります。

他にも、初期費用ゼロ、家賃のみで入れる物件もあります。ピタットハウスなどが主に出しているので近くにあればチェックしてみて下さい。

それから、レオパレスの場合は家具が揃っている分、割引はありません。

ですが、知り合いやご友人に不動産会社にお勤めの方がいる場合、初期費用を安くするよう掛け合ってくれます。

(不動産屋さんは業界内の横の繋がりが広いので担当している物件以外でも親しい場合には連絡してくれます。

ご自身の身近にいなくてもママ友や地域の自治会長さん、マンションやアパートにお住まいの方はその不動産屋さんなどに相談してみると良いと思いますよ!)

この場合初期費用が最大で3〜4万安くなります。

〜引っ越し時に揃える物の費用〜

☆家具付き物件を借りた場合

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、テレビ、クローゼット、wifi、小さなテーブル(立派なデスクと椅子付きの物件もあります。)などが付いています。

揃えるのは

炊飯器、オーブントースター、マットレスと布団セット、調理器具や食器、洗剤、トイレットペーパーなどの日用品、洗濯を干すハンガーや角ハンガーなどです。

最安値で考えて3〜4万円位です。

☆家具付きでない物件を借りた場合

1:家電セットの購入

フレッシュマンセット、新生活応援セット(冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機の3点セットやそこに炊飯器や電気ポットなどをプラスした5点セットなど色々あります。)などがあります。

5点セットで6万5千円前後です。

そこにプラス家具付き物件同様の物を入れて100.000円前後です。

ただし、テレビが入っていないセットが多いのでテレビ代をプラスすると13〜4万円位かかります。

または、パソコンを所有している場合はチューナーのみ購入するという方法もあります。チューナーは5.000円位で購入出来ます。

2:レンタル家電の利用

かしてドットコム、クロネコヤマトの家電レンタル、ヤマダ電気のかりたいくんなどで家電レンタルを行なっています。

一列を上げると一番人気のかしてドットコムの

リサイクル家電の4点セット

(16V型液晶テレビ、80ℓ2ドア冷蔵庫、4.2k洗濯機、単機能電子レンジ)で

90日間 31.000円 半年 38.000円 1年 45.000円 2年 62.000円

新品セット(中古と内容は同じ)だと、

1年 70.000円 2年 76.000円 3年 82.000円 4年 80.000円です。

さらに一列としてあげると、最安値のリサイクル家電4点セットを1年レンタルしたとして、そこにプラスして炊飯器、オーブントースター、折りたたみテーブルとクッション、布団セット、ラグ、衣類収納用のチェストや棚、日用品など細かなものをプラスすると最安値で考えて8万円〜9万円前後になります。

3:フレッツ光加入で選べる家電4点セットの利用

インターネットを使う場合には、フレッツ光加入で家電4点セットが無料で付いてくるのでお得です。

フレッツ光の契約事務手数料が3.000円、立ち合い工事費が24.000円(24回分割で月額1.000円)、月々のプロバイダー料は3.000円、工事費と合わせて月々の支払い額は4000円です。

インターネット環境がない物件の場合はこちらの利用が一番格安だと思います。

ただし、無料プレゼントの商品にはテレビと洗濯機が含まれていない場合があるため、テレビ、洗濯機を購入すると最安値で洗濯機が20.000円前後(国産ではありません。)、テレビがシャープのアクオス19インチが23800円です。

一か月の必要経費

〜26歳男子の場合の一例〜

家賃 3万2千円水道費込み

光熱費 ガス代 電気代 4.000円前後

プロバイダー料 5680円

食費 (自炊) 10.000円前後

昼食代 500×22=11.000円

端末費 12000円(iPhone7 通信量定額プラン カケホ無し iPad分割払い含む)

計74.680円

 

〜21歳男子の場合の一例〜

家賃4万2千円

水道下水道費 1000円前後

ガス代 電気代 3000円前後

プロバイダー料 3980円

携帯代 10000円(iPhone6s 通信定額プラン カケホ無し)

食費(自炊) 5000円前後

社食費 350円×2×22=14.700円

計79.680円

良い一例 26歳長男が気をつけていること

1:お給料が入ったら、まず全ての支払いを先に済ませる

2:自炊で食費の節約

カレーとパスタが好きなので、カレーやミートソースをまとめて作り冷凍保存しています。

帰宅したらご飯を炊くかパスタを茹でるだけで(レンジで温めるだけの炊飯器やパスタ茹で器、ラーメン用器などもあります。)

あとはレンジでチンするだけなので手早く食べられますし、夕飯が用意してあれば外食することもなくなるので、節約出来ます。

3:昼食は外食しない

時間の節約も考えて(出来るだけのんびり休みたいそうです。)昼食はコンビニでカップ麺やおむすびにペットボトルのドリンクなど計500円以内で済ませるようにしています。

4:ゲーム課金しない

無料で貰える物を利用して課金はほとんどしないよう気をつけています。

5:無料通話

通話はLINEまたはSkypeで無料通話以外、長電話しないようにしています。

6:定期券の有効利用

休みには都心に出ることも多いのですが定期券の利用で交通費が節約出来ます。

7:光熱費の節約

エアコンのつけっぱなし、電気のつけっぱなしには気をつけています。

また、休みには外出することで電気代の節約にもなります。

特に夏場、冬場はエアコンを一日中つけていると電気代が跳ね上がるので家にいる時でもつけっぱなしはしません。部屋が暖まったら消す。毛布を被ってパソコンを使うなどすれば 寒くないそうです。

8:カラオケは一番安い店を利用する

我が家の場合はカラオケバンバンが最安値なカラオケ店なので、カラオケに行く時にはバンバンしか行かないそうです。

18時〜5時迄のフリータイム ソフトドリンクバー飲み放題で、金土日祝1500円〜(店舗によって値段は変わります。)

オール明けの朝ご飯はコスパなファミレスで有名なガストを利用しています。

9:衣服はコスパ店でまとめ買い

夏と冬の二回、ほとんどの衣服はユニクロでまとめ買いしています。ベーシックな服装が好きなのでユニクロは素材も良く価格が手頃なので毎年利用しています。

10:故障は自分で直す

自転車のパンクやドアノブが壊れたり、簡単な電気修理などは100円ショップやホームセンターで部品だけ購入して自分で直しています。

11:好きな趣味にはお金をかける

日常生活は節約して好きなことにはお金をかけます。

週末の夜や休日にリフレッシュしたり拘りたい所には徹底して拘る、譲らない(こちらのが安いからこっちでいいや〜は無し)ことでストレスを溜めないようにしています。

真似してはいけない一例 21歳次男の場合

1:家賃を滞納する

何回か私に保障会社から連絡が来ました。

本人に即連絡して2カ月分まとめて入金するよううるさく言いました。

その後は一か月なら大丈夫と、2か月に一度、2か月分を支払うという本人いわく裏技で対処しています。私は払わないからね!とだけ毎回言って放っておいてます。

2:給料日前に必ずお金が足りなくなる

毎月です! 腹減った!金貸してくれ!とまずLINEのメッセージで送ってきます。

スルーしていると出るまでLINEから電話をかけ続けます。更に出ないと弟に連絡して「鍵開けて!」と伝え直接やって来ます。大迷惑! 給料日前の一週間は毎回 携帯を切っておこうかと考えます。笑

ちなみに先月はタバコ、洗濯洗剤、食器用洗剤、歯磨き粉、歯ブラシがないから買ってきて〜!と言いながら のんきにご飯食べながら弟と私の悪口で盛り上がっていました。笑

3:弟にまでお金をせびる

足りないものを買ってあげても、更に弟にまでお金をせびります。

「やらないよ!」と言われるとレアカードを出して「 これと2千円交換してくれ!売れば5000円になるぞ!」などかなりしつこい。笑

4:親の部屋を勝手にあちこち見る

私が料理している間に、使えるものがないか来る度に見ていきます。どう考えても服を買う余裕は充分にあるはずなのですが、趣味に全部使ってしまうためいつも金欠で服を買う余裕がないのだそうです。

先日は「コートがない!」と騒ぎ、三男に買った厚手のコートがあったのですが、彼が「いらね!」としまいっぱなしだったので、それを出して渡しました。

仕方ないのでセールの時に購入してシーズン毎に渡そうと考えています。新生活を始める皆さん、お給料の大半を趣味につぎ込まないように気をつけましょう!

それからいくら親でも部屋の中の引き出しまで開けるのはマナーに反しますのでうちの次男を真似しないようにして下さいね。(特例なのでいないと思いますが、笑)

まとめ

一人暮らしはさせる親側も、始める子供側も最初は不安だらけです。

長男が一人暮らしを始めて三年後に言っていたことですが、一人暮らし初日に帰宅して灯りをつけた時、

あぁ今日から一人なんだなとしんみりしたそうです。

また、一番辛かったのは、お金のことよりも職場の愚痴をこぼす相手がいなかったことだそうです。

仕事が忙しいと一日誰も話さないこともあるので、ひどい時には一週間 まともに人と話すことがなかったと言っていました。

そんな時に彼を救ってくれたのは住んでいたマンション近くのコンビニの店長さんでした。

毎日、帰りに寄ってはビールやつまみを買って帰っていたので仲良くなったそうで、お客さんがいない時には雑談したり、売れ残ったお弁当や惣菜をくれたり、震災の時には心配して部屋まで来てくれたそうです。

また、部署は違う先輩と一番仲が良く、過労から倒れてしばらく休養した時期があったのですが、実家への引越しを手伝って下さり、毎日気にかけて連絡をくれました。未だに仲が良く、たまに二人でラーメン店巡りをしているそうです。

そしてもう一人、次の職場で仲良くなった先輩が再度一人暮らしをするに当たって貯金がなかったのですが、「俺んちに来いよ!」と言って下さり大変お世話になりました。

高校時代のお友達もずっと仲が良く平日はLINEメッセージでしかやりとりしないそうですが、週末や休日にはよく一緒に遊びに行っています。お互いに悩みがあれば飲み会で語り合うそうです。

また、ダメダメな次男も

何故か周りの方には恵まれ、上司の方が電子レンジをわざわざ会社まで持って来てくれたり、行きつけのラーメン屋の店長さんが他の店にご飯を食べに連れて行ってくれたり。

酔い潰れた時には友達 皆で居酒屋からお友達の家まで担いで運んでくれたり、次男の部屋で焼肉パーティーをしたりと

何人もの方々から助けてもらったり、孤独になることなく賑やかな毎日を過ごしているようで周囲の人たちにはとても感謝しています。

人は一人では生きていかれません。

親元を離れるのは不安なことが多いですが、必ず誰かしら助けてくれる人に出会えます。

一人で暮らすようになると苦労はありますが、精神的に強くなり、経済観念もしっかり身につきます。(次男のような例外もいますが、笑)

送り出す親側も巣立つ子供側も寂しさはあると思いますが、成長を祝って 見守ってあげて下さいね!

そして、新生活を始める皆さん、慣れるまでは無理はせず親御さんに時には甘えるのもありです。

ただし、携帯料金が多額になり払えない!などには要注意です。(何人もそれで困らせられた親御さんを見てきました。)

 

最後に

春からの新生活 ワクワク感溢れる明るい未来への一歩を勇気を持って踏み出して下さいね!

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ