【ホットヨガの驚くべき6つの効果】痩せ体質になる効果的な頻度は?

2015-05-04a

【スポンサードリンク】

 

最近たくさんのスタジオが増えてきているホットヨガ。

普通にスタジオや教室で行うヨガとの違いはその温度&湿度。

一見不快なのでは?
とも思えるほどの環境でヨガを行うメリットや効果というのはなんなのか?

知ってしまうと思わず今すぐにでも始めたくなるかもしれませんね♪

ホットヨガって何?普通のヨガとはどう違う?

ホットヨガを行う環境は字のごとく「ホット(熱い)」な場所で行うヨガのことです。条件としては、室温39℃前後、湿度55%~65%前後に保たれた室内で行います。

この温度が身体を一番柔軟にするとされていて、高い湿度は発汗を促してくれます。

 

【スポンサードリンク】

 

常温でのヨガとの違いについて

高温多湿な環境は、ヨガをし始めて早い段階から筋肉を柔軟にしてくれるので普段体の固い人でも無理なく筋肉を伸ばすことができるという効果があります。

あえて最初から体温を上昇させるので水分補給がなにより大切です。

そんな環境ですので激しい動きやポーズは少なく、呼吸とストレッチがメインになっています。

快適だと感じる温度では筋肉はゆるまない

実は人間が快適だと感じる温度は20℃~27℃と言われていて、ホットヨガの39℃というのはちょっと不快さを感じるくらいの高温なんですよね。

でもそれにはわけがあるんです。

◆筋肉の柔軟性が高まるのは約39℃◆

・温度が39℃より低いと…

かいた汗がすぐに蒸発してしまって肌が乾燥してしまいます。

 

・温度が39℃より高いと…

かいた汗は蒸発されにくくなるのでベタベタしてきてしまいます。

筋肉が柔軟になると筋繊維を十分に伸ばすことができるので、体の柔軟性が上がります。体が柔軟であれば筋肉を傷める心配(ケガなども)が少なくなるんです。

自宅では味わえない効果

マットを使用したヨガなどはDVDも多数販売されていたり、ネット動画などでもみることが可能ですよね?

しかし、ホットヨガの最大の特徴はその温度&湿度。前記したような筋肉を傷めずに効率よく伸ばす温度に調整されています。

中には岩盤浴ヨガなどもあり、まず自宅で行うことは不可能ともいえるその環境にあるんですね。

ホットヨガの効果について

・冷え性改善

高い室温39℃という環境の中でヨガを行うことによって、体の中から体温が上昇していくのでし冷え性が改善されると言われています。

冷暖房・エアコンなどでいつも一定の快適な温度の中での生活や、車・バイク・エレベーター・エスカレーターなどを使用した便利な生活は運動不足になり、温度の変化にもついて行けずおのずと体内の血流が悪い状態になるので冷え性を悪化させてしまっています。

<冷え性の弊害>

倦怠感・食欲不振・免疫力低下・肥満・老化の促進など良いことは一つもありません。

冷え性を改善しよう!【7つの原因と3つの改善法|食生活の改善で身体の中から冷え性を治す!】

冷え性対策で体調改善!【足だけじゃなくお尻も冷えてる?腰痛や不妊の原因にも⁈対策方法をご紹介】

・リラックス効果

深い呼吸やゆったりとした動きのポーズなどはとても癒し効果があり、自律神経のバランスも整いやすくなります。

自律神経がととのうことによって、体調だけでなくメンタルも安定してくるので不眠気味の方は寝つきがよくなったりとリラックスからの相乗効果はとても大きいんです。

・デトックス効果

ホットヨガではたくさん汗がかけるというのが誰もがイメージすることではないでしょうか?

汗には体温を調節してくれる機能だけでなく、体の中にたまっている余分な水分や老廃物を排出するという役割があります。

汗の中には塩分やカリウムなどのミネラル分も含まれているのですが、汗をかく機会の減っている現代人はミネラルをきちんと排出できていないという問題もかかえています。

カリウムの多い食品・料理【むくみ・腎臓・心臓への効能効果、おすすめレシピも大公開!】

ホットヨガを行うことによって、そんな過剰なミネラルも排出できるんです。

・美肌効果

毛穴に詰まった古い角質や黒ずみ、皮脂の固まったものなども汗と一緒に出せるのでホットヨガを行っていくとお肌のトラブルが減り、美肌になっていけるんです。

化粧品やパックなどで毛穴ケアをしている方はたくさんおられると思いますが、体の中から汗とともに出してしまうと肌の根本から綺麗になれるので化粧品に頼り過ぎないで美しくなれますね。

【パック・フェイスマスクの使用期限&使い方】8つの最大限に効果を発揮させる使い方

・太りにくい体質になる

ホットヨガにはダイエットの即効性のようなものとは違い、続けてやっているうちにインナーマッスルを鍛えながら体全体のゆがみを整えたり、ゆっくりと筋肉の深い部分に働きかける効果があります。

ホットヨガの高温の環境が、代謝をアップさせて脂肪燃焼効果が出て来るんです。
筋肉がだんだんついてきて結果として太りにくい体質になっていくのです。

内臓脂肪を減らすには?!【簡単に減らす効果的な食べ物と飲み物を大公開】

急激なダイエットは健康被害ややつれてしまったりというデメリットが多いですが、ホットヨガを利用すれば女性らしいラインを保ちながら美しく痩せることができますね。

・肩こりの解消

ホットヨガによって温められた筋肉を動かすことで、ゆがみが取れていくことは前記しましたがそれは肩こりの解消にもつながるそうです。

ゆがんでいる体は芯が曲がったような状態。力のかかり方も偏っているため、筋肉もどんどん凝り固まっていってしまいます。これってなかなか自分ではわからないものですよね?

肩こり解消!肩甲骨はがしの効果は⁈【バストアップ効果、五十肩や猫背の予防にも効果的!】

筋肉を緩ませながらほぐすように動かすことや、ヨガのいろいろなポーズは行っているだけで自然に肩の力が抜けるものが多いので固まっているのをほどくような感覚で肩こりが楽になるものが多いんです。

インストラクターにしっかりと姿勢をチェックしてもらいながら行うので普段は使わない筋肉を動かせる。

正しい位置に肩甲骨がセットされるようになるのでおのずと肩こりは解消されていくと言えますね。

どのくらいの頻度で行うのがいいの?

筋トレなどと違って「筋肉のダメージ」が少ないため、毎日行っても問題ありませんが教室となるとそうもいきませんよね?

週に2~3回くらいが良いでしょう。

運動もしているけれどリラクゼーションもしているという感覚で行えるのでストレスが多い人ほどマメに通えたらベストですよね。

スポーツジムに通う「ベストな頻度」は?【継続するコツ!ダイエットを効率的に成功させるには?】

まとめ

いかがでしたか?

ホットヨガは運動が苦手でも筋肉を傷める心配がなく、いろいろな不調を解消したり美容に良かったりとなかなか良い事が多かったですよね?

体を温めながら運動するって出来そうでできないこと。ホットヨガスタジオに体験しに行きたくなりますね!

【健康的に食べて痩せたい!を叶える】痩せる食べ物13選

【プロテインのダイエット&健康効果】おすすめの効率的な飲み方とタイミング

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ