成人式の振袖レンタルの相場と予約時期は?【選ぶ時の5つのポイントとレンタルのメリット】

bf9f2cdf6fa962324afa417cc06d0089_s

【スポンサードリンク】

”成人式”という言葉を聞くだけでウキウキした気持ちになる方もたくさんいるのではないのでしょうか?

久しぶりに中学や高校時代の友人に会えて、20歳になってお酒も飲めて。
本当に楽しみでしかたないですよね。

でも心配なのは、振袖の用意です。
お母さんが成人式の時に着た振袖を着る方もいます。

お母さんの振袖がない方もいますし、デザインが気に入らなかったりもしますよね。
振袖を着る機会はそうそうありません。

今回はみなさんが悩む、振袖をレンタルした場合のかかる値段の相場と予約時期についてご紹介させていただきます。

是非参考にしてみてくださいね。

●振袖をレンタルした場合のメリット・デメリット

【メリット】
・コストを安く抑えることができる
・保管場所やクリーニングなどのメンテナンスが不要
・その時の流行のデザインを選ぶことができる。

【デメリット】
・平均サイズのものしか選択肢がない
・着る機会が増えるとその都度レンタル費用がかかる
・自分の理想的なデザインがあるとは限らない

レンタルなのでコストを抑えることはできますが、自分のイメージ通りのデザインと必ず出会えるとは限りません。

オーダーメイドで作れば理想的なデザインのものをつるくことができますが、コストがかさみます。
コストを抑えつつ、多少の妥協ができる方にはレンタルはおすすめです。

●レンタルの相場はいくらか

レンタルの価格はピンキリです。
いくらでも安いものもありますし、こだわれば高いものもあります。

前撮り(ヘアメイク・着付け込)+成人式当日(ヘアメイク・着付け込)で
平均15~25万円程度のようです。

購入した場合だと、平均で20万~30万程度となっているので、あまり着る機会がない方にはレンタルの方がお得ですね。

●振袖の予約時期はいつか

振袖の予約は通常、その年の成人式が終了した1週間後から翌年の予約受付が開始されるようです。

そのため1月の下旬から3月の末頃には人気の柄の振袖は成約済みになってしまう可能性が高いです。

「そんなに早いの!?」

と驚く方も多いですよね。

来年成人式を迎える女性宛てに振袖のカタログが届いていると思います。
人気の柄はカタログでも目立つところに大きく掲載されているので、人気の柄から順に成約が決まっていきます。

準備が遅くなるとどんどん柄の選択肢が狭くなってしまいます。
遅くても9月くらいまでには着物を決めて予約を入れるようにしましょうね。

●振袖を選ぶ時のポイント

成人式には色の規定はありませんので、自分の好きな色の着物を選びましょう。

柄にも規定はありません。自分に映えると思う柄を探して、色合いと柄のデザインがピッタリ好きなイメージのものを見つけたら、それにしましょう。

どんなものにした方が良いかわからない方は誰かと一緒に選んでアドバイスをもらいましょう。

お店でレンタルする場合は試着させてもらえるところも多いので、実際に試着して気に入ったものを探してください。

それでもどんなものにすれば良いか迷った場合は、なりたいイメージをお店の方に伝えてみましょう。

「かわいらしく」「少し大人っぽく」「クールでかっこいい感じ」「ゴージャスで華やかに」など、自分の思うままに伝えて見るとお店の方がいくつか出してくれるかもしれませんよ。

●予算を抑えてお母さんの振袖をリメイクしちゃおう!

お母さんの振袖がタンスの中に眠っているけど、デザインも古いし着られない・・・。と思っていませんか?

実は今、アンティーク柄の振袖に人気が集まっています。

お母さんの時代の振袖は高級な振袖が多く、個性的で珍しい柄の可能性が高いです。
今の振袖ではみつからないものが多くありますよ。

そんなお母さんの振袖の帯を変えて見たり、小物を変えてみたりしてアレンジすることでぐっとコストを抑えることができます。
着物は洋服とは違って直線裁ちでつくられているので体型が違っても大丈夫です。
自分ぴったりに仕立て直すことだってできちゃいます。

お母さんの振袖が残っているということは、お母さんもあなたに将来着てもらいたいと思って丁寧に保管していたのではないでしょうか。

「お母さんの思いを込めた振袖をあなたが着る。」

親子二代に渡って着れるって、とっても素敵だと思いますよ。

●まとめ
いかがでしたか?

振袖のレンタルは購入するよりもコストを抑えることができ、今の時代にあった流行りのデザインを選ぶこともできます。

仲の良い友達と一緒にレンタルに行くのも楽しいかもしれませんね。

【振袖レンタルのポイントをまとめます】

・振袖選びは1年前の1月から始まっており、人気の柄はどんどんなくなっていく

・最低でも9月までに準備する

・相場は15~25万円程度

・自分が着たいと思えたデザインを選び、迷ったらお店の人にイメージを伝える

・お母さんの振袖をリメイクしてこの世に1つしかないオリジナルの着物に

この5つのポイントを抑えて素敵な成人式を迎えてくださいね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ