胃カメラ前日の食事の注意点【良い飲食物 34選 / ダメな飲食物 38選~検査後の注意事項~】

1a08f94bce85edb942bc88862cded31c

【スポンサードリンク】

胃カメラ検査は前日からの準備が必要ですが、大腸検査と違って病院指定の食事セットが処方されないため、自分で考えて管理しないといけないのが悩みどころだと思います。

また、医師や看護婦さんが指示する病院もありますが指示のない病院の場合、毎日晩酌する方や喫煙する方は、お酒やたばこはどうするの?と思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は胃カメラ前日の食事について、食べる時間から、飲食して良いもの、ダメなものまで詳しくご紹介したいと思います。

胃カメラ前日の食事時間と飲食して良いもの、ダメなものについて

胃カメラ前日の食事時間は基本的には午後9時までに食事を終わらせるようにするのがルールです。

ただし、検査が午後からの場合もありますので、検査の12時間前までに食事を終わらせると考えて下さい。

*食べて良いのは消化の良いものです。消化の良い食べ物の順番は、炭水化物→たんぱく質→食物繊維→脂質です。食網繊維と脂質は避けるのが無難です。

*生の食べ物は避け、火を通したものを食べるようにしましょう。

*飲んでも良い飲み物は、アルコール以外は基本的には大丈夫ですが、コーヒーなどの刺激物は控えるようにしましょう。また、水のみと指示される場合もあるようなので、その場合には、医師の指示に従いましょう。

*タバコは通常検査当日の朝からが禁煙ですが、出来れば前日の夜から吸わないのがベストです。ニコチンは唾液で溶けるので胃に流れることもあります。

また、胃酸の分泌を即すので胃が荒れる原因ともなります。レントゲンやバリウム検査の結果から胃カメラ検査の指示を受けた場合には特に、検査前日に限らず禁煙することが望ましいといえます。アルコール、コーヒーなども同様です。

*病院によって指示が違いますが、基本的には、検査12時間前までに食事は終わらせる、消化の良いものを食べる、アルコールは控える、水分とタバコは当日朝から控えるという認識で良いと思います。

喉が乾く場合には水を口に含んで吐き出します。だいぶ乾きが緩和されますよ!

食事、アルコール、タバコ、水分を控えるのは辛いものですが、正確な検査が出来ないと再度、胃カメラ検査を受けることになり、そちらの方が辛いと思いますので、がんばって我慢しましょうね!

【スポンサードリンク】

胃カメラ前日の食事に適している食べ物・飲み物34選

(主食)

*お粥

*やわらかめに炊いた白米

*柔らかいパン(耳を切った食パンなど)

*柔らかいうどん、にゅう麺、そばなど

*蒸しパン

*クラッカー

(肉・魚)

*鶏ささみ

*鶏ひき肉

*白身の魚

*鮭(塩分の濃いものは控える)

*はんぺん

*豆腐

*卵豆腐

*茶碗蒸し

*半熟卵

(野菜)

*人参

*大根

*キャベツ

*白菜

*青梗菜

*ほうれん草(茎は食物繊維が多いので除く)

*小松菜(茎は食物繊維が多いので除く)

*ピーマン

*パプリカ

(果物、デザート)

*りんご

*黄桃缶

*ヨーグルト

*プリン

*カステラ

*卵ボーロ

(飲み物)

*水

*白湯

*経口補水液

*スポーツドリンク

胃カメラ前日には食べない方が良い食べ物・飲み物38選

食物繊維の多いもの

*ごぼう

*セロリ

*さつまいも

*キノコ類

*わかめ

*寒天

*ひじき

*海苔

*きくらげ

*納豆

*モロヘイヤ

*明日葉

*にんにく

脂質の多いもの

*揚げ物

*スナック菓子

*ケーキ

*シュークリーム

刺激物

*唐辛子

*わさび

*からし

*カレー粉

*こしょう

*ブラックペッパー

*シナモン

*梅干し

*コーヒー

*アルコール

*炭酸飲料

*冷たい牛乳

その他

*生野菜

*刺身

*カップラーメン

*ジャンクフード(ハンバーガーなどのファストフード)

*コンビニ弁当

*ラーメン

*パスタ

*焼きそば

*お好み焼き

胃カメラ検査を受けるに当たって知っておきたいこと

(胃カメラ検査の流れと楽に受けるコツ)

*胃カメラ検査の当日は検査前に表面麻酔液を喉に溜めてから飲みこみます。少しとろっとした苦味のある薬です。即効性があるので、口の中が麻酔が効いてくるのがすぐにわかります。喉に溜めるのが少し大変ですが、麻酔した方がらくなので、がんばりましょう!

*胃カメラ検査では胃を膨らませるために胃に空気を送ります。げっぷが出そうになりますが出来るだけ我慢しましょう。

*胃カメラ検査中に唾液が溜まったらそのままにします。飲み込むとむせるので気をつけましょう。看護師さんが口の部分に紙のシートを敷いてくれますのでよだれとして垂らして大丈夫です。(口からの検査の場合)

*胃カメラ検査を出来るだけ楽に受けるコツは緊張せずにリラックスして、身体をこわばらせないようにすることです。

つい力が入りそうになりますが、かえってカメラが細胞に触る原因になり辛いので、意識的に他のことを考えて気をそらすようにしましょう。病院によっては、ヒーリングミュージックを流してくれるところもあります。

*鼻からの胃カメラ検査は喉の器官をカメラが通る時以外は楽なので、数秒の間だけがんばれば大丈夫です。抜くときにも痛みは生じますが、ほんの一瞬なのでがんばりましょう!

胃カメラ検査後の注意事項

*検査した当日は、ほんの10分とはいえ、胃に異物が入り細胞壁に傷がついていることも考えられますので、検査前日同様に消化の良いものを食べ、刺激物やアルコールは控えましょう。

(胃痛の原因になります。また、検査前から胃に痛みなどがあった場合には検査後、ヒリヒリと痛むこともあります。)

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ