【十五夜2017年はいつ?】十五夜の意味や楽しみ方は?

【スポンサードリンク】

十五夜…

なんとなくお月見する日だということや、月の中でうさぎがお餅をついている…なんて子供のころに目を凝らして月を見つめたことなんかを思い出す方が多いと思いますが、実際にその十五夜がいつなのか?!

とあらたまって聞かれるとう~ん…

ハッキリ答えられない!少なくともわたしはそうでした。

そんな十五夜の意味や楽しみ方についてご紹介します♪

そもそも十五夜ってなに?

十五夜とは1年の中でもっとも美しい満月を見られる日と言われています。

旧暦の8月15日前後が十五夜の時期に当たるのですが、旧暦と新暦には約1か月ほどのずれがあるため、実際には9月中旬~10月中旬あたりを指しています。

なぜ「十五」なのかというと新月からまん丸いお月様になるまで大体15日程度かかるため、十五夜と呼ばれているのです。

【スポンサードリンク】

十五夜には他の呼び名もある

・中秋の名月
読んで字のごとく、秋の真ん中に出る満月という意味です。

※旧暦の7月~9月を秋としていますが、その真ん中である8/15日が満月になることが多いことから中秋としています。

 

・芋名月
秋は芋の収穫シーズン。

収穫に感謝してお供えしました。この時の芋は里芋を使用するのだとか。

しかし、だんだんお米をお供えするスタイルに変わっていきお米から作られたお団子をお供えするように変化していきました。

地域によっては、この芋名月を大切にしていて里芋の料理を十五夜に食べるというところもあるようです。十五夜はもともと中国の芋の収穫を祝う習慣として伝わってきたとも言われています。

十三夜を知っていますか?

十五夜に次いで美しい月が見られると言われているのが十三夜です。

中秋の名月である十五夜から約1か月後は十三夜と呼ばれていて、昔から大切にされてきましたが現代では知らないという方も多いようです。

この十三夜。

知らなかったからといって十五夜だけお月見すると…ちょっと不吉らしいんです。

縁起が悪いというのかな。十三夜だけお月見してもいけません。「片見月」という呼び方からも縁起の悪い雰囲気出ていませんか?

しかもその月を見るのは同じ庭からでないといけない…などという地域もあってちょっと難しいですよね。

十三夜は栗名月や豆名月などとも呼ばれ、どちらも芋よりも後に収穫されるものです。十三夜は旧暦の9月13日で、2017年の十三夜は11月1日になります。この十三夜は日本固有の習慣なのだそうですよ。

十日夜(とおかんや)

さてさて、まだお月見をする日は続きます。十日夜(とおかんや)と呼ばれる「田んぼの神様が山に変える日」と言われている日です。

旧暦の10月10日、新暦では2017年では11月27日がその日に当たります。

この日までに稲刈りを終わらせましょうという日なのだそうです。稲の収穫を祝う日なのでお月見がメインではありませんが、十五夜・十三夜・十日夜が晴れてお月様が見えるととても縁起が良いと言われています。

お月見の仕方

お月見というのはどのようにするのでしょう。

もちろん窓から見えるお月様やベランダから見えるお月様を見る。それだけでお月見ではありますが…できれば楽しみたいものですよね?

●お月見に飾るもの
・お団子…最初は芋類を供えていたが、お月様に似せた丸い形のお米を使ったお団子が供えられるようになりました。

・すすき…するどい切り口が魔除けになると言われてきました。神様の依り代である稲穂に似ていることからお供えするそうです。

・野菜など…芋類(十五夜)・豆類や栗(十三夜)・稲やお米(十日夜)

これらにプラスして季節の果物なども一緒に飾りましょう。月見酒と洒落こむならば、まず最初の30分くらいはお月様のためにお供えしてからゆっくりと飲みながら月を愛でる。というようにしましょう。

 

●飾り方
お月様の見えるところに「お月見台」をつくります。簡単なもので構いません。

窓から見るなら窓辺にテーブルを移動するだけでも良いですし、ベランダにテーブルを置くのも良いでしょう。

特にこうでなければならない!という決まりはありませんので、月を見ることを楽しめるようにお供え物を置いて、できればお供えっしたものを食べましょう。

野菜類などは翌日料理に使うなどでも良いですし、初めから調理したものをお供えすればおつまみにもなりますね。中国では中秋節と言って月餅を食べるそうですよ。

お月見だんごいくつ飾る?

上新粉とお水だけで作られたお月見団子。あんこや黄な粉、黒蜜をかけたりとバリエーションの効くおやつです。

そのお供えする数ですが、十五夜なので15個という説が多いようです。

その際にピラミッドのように積み上げているのを良く見かけるのではないでしょうか?

これは、山のような形にすることでそのてっぺんに神様がやってくるからだと言われています。パワーのありそうな形ですものね。

また、お月見団子の形はまん丸のところもあれば、芋名月の芋にならって俵型に形成する地域もあるようです。

俵型もピラミッド型に積み上げやすい形ですよね。

お月見に願い事?

お財布の中身を全部出して、お財布を月光浴させるとか新しいお財布をおろすと良いなどいろいろ言われていますね。

どうやら金運をアップさせるパワーがあるらしいです。

【参考】
【新しい財布の使い始め2017】最適な日&寝かせ方と期間を知れば金運UP!

 

もちろん月光パワーには素晴らしいものがあると思われますが、本来は地球の実りに感謝をささげる日です。

家族のいるひとは子供たちとお月見団子をこしらえたり、テレビを消してベランダや縁側でお月見をしながらおしゃべりをするのも良いでしょう。

恋人同士ならば、いつもとは違うロマンチックな時間を過ごすものお月様パワーでより一層二人の仲が深まるのではないでしょうか?

いつもよりもすこしゆっくりとしたひと時をすごすのがおすすめです。

十五夜・十三夜・十日夜と意識してお月見をすること自体が自然と運気アップにつながるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

十五夜だけでなく十三夜、十日夜とお月見にもいろいろありました。

だんだん失われつつある日本の行事ですが、お供え物をしてお月見を楽しむという余裕ある行動が心も体も元気にしてくれるように感じます。

忙しさについつい流されてしまいそうになりますが、月を愛でる楽しみを忘れないようにしたいものですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ