加湿器の掃除やってますか?【クエン酸で簡単に水垢を落とす方法&カビ対策】

8d618a7720cf32690c2d1cf0477b8959

【スポンサードリンク】

 

冬の乾燥した季節になると、大活躍の加湿器。

風邪の予防にもなるしお部屋を適度な湿度に保っていたいですよね。

そんな加湿器は清潔に保っておかないと、健康のために使っているのに汚れた粒子をまき散らしているという恐ろしい状態になってしまいます。

加湿器に入れるのはお水だけだし、それほど汚れないのでは?と毎日軽くすすぐだけという方も多いかもしれませんが実は案外汚れているものなんです。

加湿器の掃除方法やカビ対策などについても解説していきましょう。

【スポンサードリンク】

クエン酸のパワーで楽々掃除

クエン酸は食料品にも使われているとても身近で安全なものです。

エコブームで掃除に使用しているご家庭も多いと思いますが、値段もとてもリーズナブルなので常備しておくと便利ですね。

クエン酸を用意しましょう。まずは基本の掃除から。

●1.クエン酸水を作りましょう。

お湯を3リットルほど準備します。そこにクエン酸を約20g加えて、しっかり溶かしてください。

●2.つけ置きしましょう。

1で作ったクエン酸水を加湿器に入れて、運転はせずに一晩そのままにしておいてください。

●3.すすぎ

一晩おいておいたクエン酸水を捨てて、加湿器の中を軽くすすぎましょう。

以上でおしまいです。

クエン酸はドラッグストアで購入できます。ドラッグストアでの価格は500円前後くらいです。100円ショップにもあるようです。

フィルターもきれいにしたい・カビも気になる

フィルターの掃除をちょっと怠っていると白い塊がついてきますよね?

水道水には殺菌や消毒のために使われる塩化石灰(カルシウムなどのミネラル)であるカルキが含まれています。

白い塊は水道水に含まれているミネラル分が分離して白く固まったものです。

それを溶かしてくれるのはクエン酸なんです。

◆用意するもの◆

・お掃除用クエン酸

・消毒用エタノール(カビを殺菌してくれます。薬局に売っています)

・バケツ(お持ちの加湿器のフィルターが入る大きさのもの。こちらも清潔なものにしてください)

・タオル(清潔なものをご用意ください)

 

~注意すること~

1.本体のコンセントは抜いておいてください

2.加湿器の材質によってはクエン酸や消毒用エタノールの影響でプラスチック面が溶けたり、変形したり色が剥げてしまう可能性もあります。
目立たない場所で試してから掃除にとりかかるようにしてください。

3.メーカーによってはクエン酸を使用しないようにと説明書などに記載している場合もありますので確認しましょう。

 

◆フィルターなどの掃除の仕方◆

●1.水かぬるま湯(40℃以下)をバケツに2ℓくらい用意します。
 そこにクエン酸を大さじ1杯ほど溶かします。(これで濃度0.5~1%の濃度のクエン酸水溶液になります)

●2.フィルターは本体から取り出して、かるくすすいでおきます。
  そのフィルターをクエン酸液にしっかり浸しましょう。(浸す時間は30~2時間程度)

●3.フィルターを浸している間に、トレーや他の部分の掃除をしましょう。その時、先に作ったクエン酸水溶液と同じ液に漬けながらこすると汚れ落ちが良いです。(あらかじめ水溶液はちょっと多めに作っておくと良いですね)

●4.良くある「赤い(ピンク)ぬめり」などが付いている場合には水分を良く切った後に消毒用エタノールで濡らしたタオルで擦り拭っておきましょう。(ぬめりが再付着するのを防ぎます)このぬめりは酵母なのできちんと除去して拭うことによって増えなくなるんです。

●5.給水タンクの口の部分は流水をメインにして洗いましょう。タンクの中に水を入れて振り洗いします。ニオイがしたりぬめりがある場合にはクエン酸水溶液も入れて同様に振り洗いしましょう。

●6.すすぎはくれぐれも十分に行ってください。

●7.つけておいたフィルターから汚れがクエン酸水溶液の中に溶けだしているのが確認できましたか?
出来たらフィルターを取り出して流水で丁寧にすすぎます(クエン酸の成分が残らないように十分にすすぎを行いましょう)

●8.終了です。
 フィルター・トレーなどをセットして試運転してみましょう!

 

◆水タンクのカビ対策◆

水タンクはカビが発生しやすい場所です。クエン酸だけのお手入れでは無理そうなタンク内のカビには困ってしまいますよね?

もしもカビが生えてしまったら「漂白剤」に漬けておきましょう。しっかりカビを除去することが出来ます。

漂白剤はとても強いのでくれぐれも洗い残しのないように、すすぎはしっかりと丁寧にしましょう。

浄水器を通した水やミネラルウォーターは入れないで

水道水のカルキ汚れがやっかいだから、浄水器やミネラルウォーターを入れて加湿すればいいのでは?

と考える方もいるかもしれませんが、水道水でありカルキが消毒してくれるからこそ加湿器に使用できるんです。

浄水器・ミネラルウォーターは腐りやすいので加湿器に使用するのは良くありません。

※水タンク内のカビを日ごろから防止するためには、一日使い終わったらしっかりと水を捨てるということが大切です。

オンシーズンでフル稼働させているからといって上から水を足したり、何日も同じ水を入れっぱなしにしているなんてことのないようにしましょう。

加湿器をしまう時にもクエン酸でお手入れしてから

加湿器のオフシーズンには押し入れなどに仕舞いますが、その際にもクエン酸を使ってお手入れしておくと次に使うときに快適に使えるので是非行ってみましょう。

●1.タンクに水と2.5gのクエン酸を入れてセットします。

●2.電源を入れて「標準モード」(機種によってはクエン酸モードがある場合も)で1時間くらい加熱してください
(この時加湿器から出る蒸気は人体に影響のない安全なものです)

●3.お湯が冷めてからお水を捨てて清潔な柔らかいタオルなどでふき取りましょう。

※他の部品はすべてしっかりと乾燥させてからしまいましょう。せっかくきれいにしても水分が残っているとカビが発生してしまいます。

まとめ

加湿器についている白いカピカピって嫌ですよね?

クエン酸の力で落とすことが出来るということがおわかりいただけましたでしょうか?

しかし、あまりにも掃除をしな過ぎてものすごい分厚い層になってしまった汚れは落とすのがちょっと大変な場合もあります。

日ごろから加湿器は清潔に保って、乾燥する季節を快適に過ごしたいものですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ