【革ブーツのお手入れ&保管の方法】カビ!雨に濡れた!どうしよう⁉

main4-1

【スポンサードリンク】

 

寒い季節にしっかりと防寒もしてくれて、見た目にも素敵なブーツは女性に大人気。

革のブーツはそれなりに値段もしますし、ファッションの要なのでお気に入りのブーツはと冬には大活躍するアイテム。

だけど、そんな大好きなブーツにカビが生えてしまったら大ショックですよね?


大切なブーツはお手入れの仕方や保管の仕方次第で次の冬はもちろんのこと、長い間綺麗に履き続けていくことができるんです。

知っているようで案外知らないブーツの正しいお手入れやカビ対策などについて解説いたします。

保管する前の準備&お手入れ方法

■ 用意するもの

・新聞紙
・お手入れ用ブラシ・・・・・・馬毛のブラシならなおベスト
・歯ブラシ・・・・・・・・・・細かいスキマや靴底の汚れ落としに。
・汚れ落としクリーム・・・・・あればで大丈夫です。
・保湿クリーム・・・・・・・・靴店に売っています。
・防水スプレー・・・・・・・・こちらもあれば。。
・やわらかい布(二枚以上)・・Tシャツなどを切ったものが良いですね。

ブーツの革の部分のお手入れをする前に、まずはブーツを日蔭で干してブーツについている湿気を取りましょう。

外干しが難しい場合には部屋の床に新聞紙などを敷いて、その上にブーツを置いて置くのも良いですね。

その際にはあまり寒すぎたり湿気の多い部屋は避けてくださいね。

【スポンサードリンク】

 

●1.ホコリ・泥などの汚れをしっかりと落としましょう。

まずは表面の汚れを落とします。

新聞紙を使って表面の汚れを軽く拭きましょう。

靴用のブラシがあれば、その後に使用してさらに汚れを落とします。靴の底やスキマなどにも泥が溜まりやすいのでそんな細かい部分には歯ブラシなどを使用すると良いでしょう。

●2.さらに汚れを落として磨きましょう。

靴店などに売っている汚れ落としのクリームを使用してスポンジか布などで(なるべく柔らかいものがベスト)、綺麗に表面の汚れを落として磨いていきましょう。

●3.ミンクオイルなどの保湿クリームを薄く塗って磨きましょう。

お肌と同様、革製品にも乾燥は大敵です。

靴用の保湿クリームを薄く塗って表面を保護すると革の良い状態をキープできます。

ミンクオイルは皮革に適度に油分を補給してくれるものなので、革を柔らかく滑らかにする効果があるんです。

しかし、この時に塗る量が多すぎるとベタベタしたりカビの原因となってしまうのでご注意ください。

※ミンクオイルはミンクから取れる動物性のオイルです。

●4.残ったオイルをふき取る感じで仕上げ磨きをします。

今度はオイルがついていない清潔な布で革に染み込みきれなかった分のオイルをふき取る感覚で全体を仕上げ磨きしてください。

良い感じの艶が出て来るはずです。

※汚れ落としクリームがない場合には新聞紙やブラシでしっかりと汚れを落としておくことで大丈夫です。

保湿クリームは靴店で売られている総合的なものが使いやすいでしょう。

ご使用になる革の素材によっては合う合わないがあるのでお店の人に相談してみましょう。

●5.防水スプレーを吹き付けます。

防水スプレーがない場合にはこの工程はいりませんが、思いがけない雨などにも防水スプレーをしておくことで革の品質が保てます。

※スエードやヌバックはお手入れの方法が異なるためご注意ください。

雨でぬれてしまったときのお手入方法

前記したように革製品には湿気は大敵です。帰り次第すぐに乾いた布などで水分をふき取ることが大切です。

その後で風通しの良い日蔭で乾かしてください。

革ブーツにカビ!どうしよう!?

大切なブーツについてしまったカビ。そんな時に試してみると良い方法が2つあります。

●1.カビを払い落とす

ナイロン製のブラシや乾いた布などを使用して払い落とす方法です。カビの胞子を吸い込んでしまわないようにマスクなどを装着しましょう。

●2.アルコールを使用してふき取る

アルコールを直接ではなく、布に付けてから拭いてみて下さい。(直接スプレーなどで吹き付けてしまうと色落ちする危険があります)

エタノールを使用したい場合はさらに色落ちのリスクが高まるので目立たない部分などで試してみてから使用してください。

これらを行ってカビが取れたら、最後に良く乾かしてください。

カビが落ちない!捨てるしかないの?

靴のクリーニングに出しましょう。

前記の方法を試してもカビが落ちない、あるいはカビが中まで生えていたり黒カビが生えてしまっている状態はプロに相談することが一番です。

革ブーツの保管方法は?

・型崩れを防ぎましょう

シューキーパーを入れたり、新聞紙や厚紙を丸めたものをいれてもOKです。

・保管方法は2通り

1.不織布に乾燥剤と一緒に居れて風通しの良い場所に吊るしておく

(ブーツ用の吊るして保管できる不織布性のケースはネット通販をはじめ店舗でも販売されています。使用する乾燥剤は靴専用のものでも良いですし、お菓子についているものや100円ショップなどの安いものでもOKです)

2.箱に仕舞う

型崩れしないようにシューキーパーや新聞紙などで形を整えたあとに、箱の中に乾燥剤を入れて保管しましょう。カビの発生を防げます。箱は横にして保管しましょう。

保管しておいたブーツを履く冬になったら1か2の保管してあるものから取り出して使用します。

もしも次の冬に履かない場合にもの、年に一度は出してお手入れをして保管しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

革のブーツは冬のおしゃれのマストアイテムですが、お手入れ次第で毎年キレイな状態で履けるというだけでなく長い間付き合っていけるものなんです。

今回紹介したお手入れ方法はブーツに限らず普通の革靴にも応用できます。

汚れをしっかり落としてから、そのあとでしっかりと保湿する。しまう時にはしっかりと乾燥させて風通しの良い場所に保管する…でしたね。

ついつい下駄箱に押し込んでしまって次の冬には型崩れ&カビが…なんてことにならないようにお手入れしてしまっておきたいものですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ