【お風呂で風邪は悪化する?】正しい入り方ならシャワーより良い⁉︎高熱の場合は?

c4bf0be0dc73bcc8cb7608d0f4c5ef26

【スポンサードリンク】

 

今大人の人だと、小さいころに風邪をひくと「今日はお風呂には入らないほうがいいね」と医師に言われた記憶がありませんか?

でも、最近はどうやらちょっと違うみたいなんです。

人によっては「むしろ熱い風呂にサッと入ってすぐ寝ると良くなると聞いたよ?」という声もあったり…。

一体正しいのはどれなのか?熱がある時や入る場合の温度など気を付ける事や風邪がうつってしまう心配はないのか?

などについて解説したいと思います。

風邪をひいたらお風呂にはいっちゃダメ?

医師や親から「風邪の時はお風呂に入らないでね」という言いつけ?

があったので自分の子どもにも入らせないようにした方が良いのかどうか小児科の医師などに確認してみると、

「風邪でも特に気分が悪いとか体調に不安がない状態であれば入って良いですよ」

という答えが返って来ることがほとんどである。という状況に変化しているようなんです。

【スポンサードリンク】

 

その理由として日本住環境の影響があります。

昔は今のような密閉性のある温かい家ではなく、すきま風が入ってきたりその家によっては風呂場が外にあるという家もありました。

お風呂自体がなく、銭湯に通っている人も多かったんです。

また脱衣所との気温差が激しくてお風呂上りに湯冷めする確率がとても高かったというのも理由の一つです。

銭湯や室外のお風呂にまで行って入るには風邪ならば大変だし、悪化してしまうかもしれなかったからです。

そのため、風邪をひくとひたすら温かくして汗をかいて下着を取り換えながらひたすら休む。といった治し方が主流でしたよね?

しかし現代はどうなんでしょう?ほとんどの家にお風呂が付いていますし、今の脱衣所は昔に比べれば温かく、寒いときはヒーターなどを持ち込んで対策もできますね。

室内も外の寒さは全然感じられない快適な温度になっているはずです。

そんな違いから現在では「具合が悪くないのであれば湯冷めしないように気を付けたら、お風呂に入っても問題なし」となったのですね。

お風呂で身体が温まって血行が良くなることによって免疫力があがるとも言われており、

さらに風邪のウイルスは熱に弱いため、お風呂に入ることで風邪のウイルスが弱る効果があるとされています。

「風邪をひいたらお風呂に入ってはいけない」というのは医学的な根拠やデータに基づくものではなかったんですね…。

※ひたすら厚着をして寝るのも布団の中で汗をかいてしまうので、その汗を吸い取った衣服が身体を冷やして免疫力が低下しまい良くありません。

薄手のパジャマなどを着て汗をかいたらこまめに着替えるようにしましょう。

風邪をひいた時のお風呂の温度は?湯冷め対策は?

好みにもよりますが、40度前後のお湯に10~20分程度ゆったりと肩まで浸かって体の芯まで温めるようにしましょう。

熱いお湯につかってしまうと、体力がかなり消耗されてしまうからです。ぬるめのお風呂ならば体力を温存しつつ、体の芯からじっくりと温めることができるんです。

◆入浴前に浴室や脱衣所、室内を温めたりして「湯冷め対策」をしましょう。

ぬるめのお風呂から上がって脱衣所や室内が冷え切っていては一気に湯冷めしてしまいます。

洗髪は髪を乾かしている間に湯冷めしやすいのであまりおすすめしませんが、どうしても洗いたい場合にはドライヤーを使用して手早くしっかり乾かすようにしましょう。

お風呂から上がって着替えがすんだら水分補給をして熱が奪われてしまう前にすぐにフトンに入って寝てしまうのが一番です。

特にビタミンやミネラルなどを補給することによって回復力が高まりますので吸収が早くて塩分も摂れるスポーツドリンクなどを飲むのも良いでしょう。

その場合には冷たすぎないように気を付けてくださいね。

※ポイント

・身体を冷やさないように気を付けましょう。

・体力が落ちているので、お風呂でそれ以上体力が消耗しないように気を付けましょう。

熱があるときにはお風呂はどうしたらいい?

下記のような風邪の症状が出ている時は入浴は避けておいた方が良いみたいです。

・熱が38度以上出ている

・寒気や全身の倦怠感がある

・めまいや頭痛、嘔吐やひどい下痢などの辛い症状がある。

・38度以下でも動くことが辛いほどだったり、気分が悪かったりする場合には入浴は避けましょう。

・気管支炎や肺炎の併発の可能性がある場合

※咳などが長引いていたりする場合は、温めると症状が悪化する風邪もありますので医師に相談することが大切です。

●どうして熱が出るのか?

人間の体というのは37度台になると、もっとも免疫力が強くなるのだそうです。

そうして熱を出して風邪のウイルスと戦っている最中が熱を出ている時ということなんです。

風邪をひいた人が入ったあとのお風呂に入るとうつるの?

同じお湯のお風呂に風邪を引いた人が入ったからと言って、その後に入った人にうつるということはあまり考えられません。

なので、お湯を入れ替えたりすることも必要ないようです。

それよりも、飛沫感染や空気感染などの方が風邪がうつりやすいので近距離でのくしゃみや咳、風邪の人が使用したタオルを使ったりする方が感染のリスクは上がってしまいます。

面倒でもタオルは個別に分けて使用するようにしてくださいね。

※お風呂場は湿気があって温かいため、冷たく乾燥した環境を好む風邪のウイルスにとっては苦手な場所です。

鼻の通りが良くなったりと、のどの症状が緩和されたり楽になったりする場合も多いです。

前記したように風邪のウイルスをやっつけてくれたりとメリットも多いんです。

まとめ

いかがでしたか?

風邪の時にお風呂にはいってはいけないというのではなくて、風邪の時の体調によってはぬるめのお風呂に10~20分ゆっくりと浸かるのはむしろ早く治すために効果的だということや部屋を温めたりして湯冷めに気を付けることがポイントでしたね。

高熱や咳が続く場合などには入らない方が良い場合もあります。心配な時は医師に相談しましょう。

そしてなにより大切なことは、風邪にかからないように日々の予防をするということ。

かかってしまったら基本的には「風邪は安静にして治す」ということが大切です。

【参考】
 ⇒風邪でツラい時の「12の消化に良いレシピ」【無理なく食べられるやさしい食事をご紹介!】

 ⇒冷え性を改善しよう!【7つの原因と3つの改善法|食生活の改善で身体の中から冷え性を治す!】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ