肩こり解消!肩甲骨はがしの効果は⁈【バストアップ効果、五十肩や猫背の予防にも効果的!】

ws000297

【スポンサードリンク】

肩こりに悩んでいませんか?

整体やマッサージに通うにもなかなか時間が取れないし、お金も結構かかりますよね?

そんなあなたに「肩甲骨はがし」という自分で手軽にできて肩こりなどのお悩みを解消してくれるストレッチがあるんです。

名前だけ聞くとなんだかちょっと怖い「肩甲骨はがし」

しかしその良さは行ってみるとすぐにわかるはず!

しかも簡単でスキマ時間で出来るんです。

「肩甲骨はがし」を取り入れて体のメンテナンスをしてみませんか?

肩こりの原因は肩甲骨にあるって本当?

肩甲骨の周囲には肩につながる大きな筋肉があります。

肩甲骨がスムーズに動かないと筋肉の結構が悪くなるため、肩こりの原因となってしまうんですね。

 

【スポンサードリンク】

 

肩甲骨の位置って?

肩を後ろにそらすと出て来るいわゆる「天使のはね」といわれているのが肩甲骨です。

鎖骨のとなりに位置していて、胸の前にある骨と肩甲骨をつなげているのが鎖骨ということになります。

肩甲骨は鎖骨を繋がっているだけで、浮いているような状態の骨ですので本来は可動域が広くて自由な動きができるはずの場所なんですね。

肩甲骨がうまく動かない人が増えている

デスクワークや家事などで、いつも同じ姿勢を長い時間続けていると、肩甲骨まわりの筋肉の血流が極端に悪くなってしまいます。

すると本来広範囲に稼働するはずの肩甲骨の可動域が狭くなってしまうんです。

いわゆる「肩甲骨が錆びついた状態」と呼ばれるものです。

肩をまわすとひっかかりを感じたりゴリゴリ音がしませんか?

そんな状態はいつもの事…慣れっこですよ。

なんて状態を放置していると五十肩などとても重い肩こりに発展してしまう可能性があるんです。

肩甲骨をチェックしてみましょう

1.壁にお尻の上あたりと肩甲骨、後頭部がつくようにして立ちましょう。座ったままで行う時は背もたれの無い椅子に座って行いましょう。

2.腕を軽くまげて壁に沿わせながら、ゆっくりと腕を上に上げていきます。

3.腕が真上の位置に着たら、腕が直角になるようにしてさらに上に伸ばして、頭の上まで腕をあげましょう。

この動作を行って、肩や背中に痛みを感じる場合、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなっている可能性が高いということになるんですね。

肩甲骨はがしのやり方

1.両手を肩に当てます。
 そのままの姿勢で肘をゆっくりと大きく回します。ゆっくり回すことで肩が回っているのがわかると 思います。前にも後ろにも、5~10回くらい回してみましょう。

2.手のひらを内側にして、両手を上に上げます。
 その姿勢から、ゆっくりと肘を曲げて背中の方に向かって動かしていきます。背中に肘を近づける  と、肩甲骨が内側に動いて背中が締まるのがわかると思います。
 10回程度、痛みを感じるほど無理はしないでください。2セット行えると良いでしょう。

3.腰に手を置いて、手のひらを外側に向けておきます。肘が曲がった状態なので、その肘を背中の方に 動かします。両肘をくっつけるつもりで行っていきますが、無理して痛いところまで頑張らないよう にしましょう。10回ほど行い、2セット行えると良いですね。

四つん這いで行う方法

1.四つん這いの姿勢になります。右手を首の後ろに当ててください。

2.その状態のまま、肘を上に上げていきます。

3.肘を上にあげたらその状態で3秒キープしてください。また、1の姿勢に戻ります。

4.1~4を5回ほど繰り返してから、反対側の手も同様に行ってください。

すきま時間にもできる肩甲骨ばがしのやり方3つ

・胸の前で手のひらから肘までを合わせて、ゆっくりと上下させたり回したりします。

・両腕を背中で組みます。胸を張って後ろに伸ばして深呼吸。10秒キープ。

・両腕を肩の高さで前方に伸ばして、深呼吸しながらそのままの姿勢を10秒キープします。

※腕や肩ではなく肩甲骨を意識して動かすことがポイントです。

肩甲骨はがしによる効果は肩こり解消だけじゃない!

・たかが姿勢と甘く見ないで。

どうしても人間は重みが前面にかかる体のつくりをしているため、意識しないとだんだん前かがみになってきてしまいます。

肩甲骨が正しい位置に収まることときちんと広範囲に稼働することで「猫背」も治ると言われています。

猫背は一見、見た目が格好悪いだけのことだと思われがちですが、顔をたるみを引き起こして、シワなどの原因になり老け顔を加速だせてしまったり、バストの下垂、お腹が出っ張る、背中やウエストラインの崩れなど全体的なスタイルも台無しになってしまうんです。

肩甲骨を動かして胸を開くことによって背中の筋肉も鍛えられます。
筋肉がついてくると姿勢をキープできる時間も長くなっていきますので、かなり姿勢のわるい方は継続して肩甲骨はがしを行うことが大切です。

良い姿勢はすべての健康と美容の基本となっていますね。

・バストアップ効果

肩甲骨はがしで周囲の筋肉をほぐすと

リンパ腺や乳腺の循環を行う乳腺も効率よく動かすことができるからです。

バストへ栄養を運んでくれるの血流を改善したり、バストまわりの筋肉の活性化が起こります。ツンと上向きのバストになれる効果が期待できます。

・リンパの流れがよくなる

老廃物が流れて代謝がアップします。リンパの流れというのはすぐに滞りやすいのですが、肩こりや悪い姿勢などによってリンパ管が圧迫され続けることが原因と言われているのです。

「肩甲骨はがし」を毎日継続してサラサラと流すことが大切なんですね。

・五十肩の予防

五十肩とは五十代の方に多く発症うすると言われている肩の痛み。

夜寝ている時にもズキズキと痛む夜間痛などが現れることがあるため、睡眠障害になったり、肩が動かなくなって生活に支障が出る場合もあるんです。

普段から肩甲骨はがしを習慣にすることによって五十肩を予防することができるんです。

まとめ

いかがでしたか?

肩甲骨まわりって普段なかなか動かさないですよね。でも、しっかり稼働することであらゆる不調を防げるし美容にも良いんです。

ちょっとしたスキマ時間に肩甲骨はがしを取り入れて当たり前だった肩こりや不調とお別れしちゃいましょう。

【参考】不眠を治し肩こりと頭痛から解放されよう!【すぐ出来る!8つの簡単な治し方】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ