えっ⁈化粧品にも使用期限ってあるの?【3つの劣化チェックポイントと開封後のアイテム別使用期限】

tango-026

【スポンサードリンク】

 

メイクしていてふと思うことないですか?

「これ、いつから使ってるアイシャドウだっけ…?」

そんな化粧品には実は使用期限があるらしいんです。

古い化粧品を肌に乗せ続けていては肌荒れやトラブルの元にもなりますので、自分の大切なお肌を守るためにも、化粧品の使用期限についてこの機会に是非覚えておきたいですね。

 

【スポンサードリンク】

 

化粧品に使用期限があるといっても表示されていない?

化粧品というのは

◆「未開封」の状態で製造から約3年間◆

が使用期限とされています。

しかし、未開封の状態で「3年以降」も急に劣化したりはしない。

ということから「薬事法」によって未開封の状態で3年以上「品質保持」される化粧品については「使用期限を表示しなくてよい」とされているからなんですね。

新品未開封とされて安く売れらている化粧品などには、もしかしたら3年を経過しているものもあるのかもしれませんね。

開封後は使用期限が違ってきますのでご注意を!

「開封後の化粧品」については、ほとんどのアイテムが長くても半年が使用期限になると思ってい下さい。

化粧品というのは一度開封すると空気に触れるとともに容器やパッケージの中にも空気が入ります。

それは「酸化」することを意味しさらに、使う人の手やブラシ・パフなどの道具を通じて

黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が発生している可能性も大きいからです。

つまりは開けたら毎日「劣化」してくものだと覚えておきましょう。

あれ?怪しいな?と思える化粧品に関しては次の3つをチェックポイントにしましょう。

・分離している
・異臭がする
・変色している

もうこれは廃棄決定にした方がよさそうですね。

アイテム別使用期限(開封後)

・スキンケア用品

すべて6ヵ月以内が使用期限です。化粧水・乳液・美容液・クリーム・クレンジング・洗顔料など。

・アイシャドウ 

1年以内。しかしクリームタイプのアイシャドウなどは直接指で塗ったりするため、劣化はもっと早いと考えてください、
また、使用するチップやブラシは一週間に一度は洗いましょう。目元の皮膚の皮脂などがついています。

・チーク
2年以内。しかしこちらもクリームタイプは酸化しやすいためもっと早めに期限がくると考えてください。

・日焼け止め

6ヵ月以内。ワンシーズンものだと考えましょう。次のシーズンには日焼け止めとしての効果は落ちています。

・ファンデーション・下地

6ヵ月。こちらはリキッドや固形パウダーに限らずなのですが、固形の場合ファンデーションに使用するパフの汚れに気を付けましょう。
また、チューブタイプのリキッドなどでもチューブの口に手やスポンジが触れていると劣化は早まりますね。

・ペンシルアイライナー

1年以内。こちらは削れば新しい芯が現れることから期限が長めです。

・口紅→2年以内 

・グロス→1年

・リップクリーム→6ヵ月以内

容器の形状にもよりますが、油分の多いリップクリームは寒い季節には出先で口紅の上からつけたりすることも多いため劣化が早いです。

期限短し!気を付けるべき化粧品たち

目元を美しくするための

・マスカラ・リキッドアイライナー

こちらは「3か月以内」の最も短い使用期限となっています。

目の周りと言うデリケートな部分に使用しますから、劣化したものや細菌が繁殖したものだと目のとブルの原因になるんです。

マスカラは同じものを毎日使うと3か月もしないうちに使い切るケースは多いのでさほど問題ないのですが…

※「何本ものマスカラを部分使いなどのこだわりから使い分けて使用している」というおしゃれさんにこそ、気を付けてほしいところなんですよね。

なので容器に日付のメモシールを貼るなどしていつから使用しているマスカラなのかをわかるようにしておきましょう。

また、使用後ブラシを戻す前にティッシュて拭うなどしましょう。固まってしまってブラシが戻しにくい状態になっているマスカラは期限に関わらず使用はやめた方がよさそうです。

化粧品は保管の仕方と使用方法で劣化を防げます!

・あまり買い置きをしない。限定品など気になってストックすることもありますが使い切れる量にしておきましょう。

・高温多湿の場所は避けましょう。涼しいところに保管しましょう。

・化粧水など液体を使う時は手に直接出る部分を付けないように工夫したり、コットンに取って使用する。

・ファンデーションのパフ・アイシャドウのブラシ・チークブラシなど肌に直接ふれるメイク道具は、1週間に1度は洗い清潔を心がける。
使い捨てのパフやチップなども売られていますので、それを使用するとなお良いですね。

・クリームは手ではなくスパチュラを使って取る。また、取り過ぎてしまったからといって容器に戻したりしないこと。

・口紅やグロスをいつでもどこでも塗りなおしているという方は要注意。食事や飲み物がグロスに付着して細菌が入り込む場合がありますので、唇を清潔にしてから塗る・使用後のチップ部分をティッシュで拭うなどしましょう。また、友人間での試し塗りなどの際も注意が必要です。

使用期限を表示してある化粧品もあります

自然派の化粧品やオーガニックコスメなど、自然由来の原料で保存料などの添加物を極力抑えて肌に良いものをと考えて作られている化粧品に関しては使用期限を表示しているものも多くあります。

その場合は特に「その期限をすぎると著しく品質が落ちますよ」ということですので、期限をすぎるとカビが発生したりする場合があります。

期限内に使用するか、期限を過ぎてしまった化粧品は潔く処分してしまうということが大切です。

まとめ

いかがでしたか?化粧品には使用期限は表記されていません。

フリマやオークションなどで売られている「新品未開封」を購入する時には購入時や発売時期などをチェックしてから購入しましょう。

そして、開封してからは思っていたよりもさらに期限が短いものもありましたね。
メイクを楽しんで、化粧品で肌トラブルを起こさないためにも「この化粧品っていつから…」とチェックしてみたり、パフや道具を洗浄したりして清潔に保つ、手やその他の細菌を付けない、入れないための工夫や努力が化粧品の期限内で効果を発揮させるコツなんですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ