【戸籍謄本と抄本の違い】パスポート申請・婚姻届・相続に必要なのはどっち?

【スポンサードリンク】

 

知っているようで知らない、戸籍謄本と抄本の違いわかりますか?

そもそも戸籍って何なのか。使用用途にはどんなものがあるのか?など素朴な疑問にお答えしましょう。

戸籍ってなに?

どんな人でも誰かの子供であることは間違いないですよね?

戸籍とはそんな国民各個人の親族的身分関係をはっきりさせるために、それを記載してある台帳のことでまさに一人の人間の生きてきた記録ともいうべき大切なものです。

両親の名前、生年月日、生まれたところ、結婚したことのある人は婚姻者の名前、死亡日、死亡地など個人にとってもとても重要な出来事が記録してあるものの、住民票とは違い住所や職業などは載っていません。

また、戸籍は夫婦とその間の子という単位で罹れており子供が結婚すると親の戸籍から除かれてその子供の夫婦の戸籍が新たに作られるということになっています。

【スポンサードリンク】

戸籍に記載されている内容とは

●本籍:戸籍の所在場所を示すもので、現住所とは関係ありません。

もし、本籍地がわからないという場合には住民票を取りその際に「本籍地の記載」をアリにして申し込みましょう。すると住民票に本籍地が記載されたものになります。

●筆頭者の氏名:戸籍の筆頭者の名前。筆頭者が死亡した場合でも筆頭者の記載は変わりません。しかし、戸籍に入っている人すべてが死亡したり婚姻などによって別の戸籍に移動したりして誰もいなくなった場合には「除籍」という形になります。

●戸籍事項:いつどういう理由で戸籍が作られたのか、また削除まで。氏の変更などがあった場合の記載など戸籍の変遷が書かれています。

●身分事項:その人の出生から死亡までの身分事項が記載されています。

●父母・養父母の氏名および続柄:父母の氏名とその続柄が記載されています。養子縁組の場合には身分事項欄にその旨の記載がされ、養父母の氏名と続柄も記載されます。

●在籍する人の氏名:戸籍に入っている人の名前が記載されており、結婚などによって戸籍から抜かれた人については×印が書かれます。

●生年月日:氏名欄の横に生年月日が記載されています。

本籍は自由に決められる!?

本籍は日本国内ならば好きな場所を指定して決めることができるものです。

本籍の役割は戸籍を保管する市役所を決める基準にすぎないからです。そのため、皇居やお城を本籍地にする方もいるそうです。

戸籍謄本とは?

戸籍謄本の「謄本(とうほん)」とは原本の内容を全部書き写した(コピーした)文書のことを指しています。

そのためその戸籍に入っている全員の事項を写したものということになります。

コンピューター化にともなって戸籍謄本の呼び方も変化しました。今では「戸籍全部事項証明書(戸籍に記載されている全員を証明するもの)」という名称に変わっています。

戸籍抄本とは?

戸籍抄本の「抄本(しょうほん)」とは「原本である書類の一部を抜書きしたもの」です。

こちらもコンピュータ化にともなって「個人自己証明」という呼び名に変わりました。

こちらは、戸籍に入っている一個人の事項の写しということになるため「誰についてのもの」が欲しいのかを指定して請求する必要があります。

戸籍謄本・抄本の使い道

●戸籍謄本:婚姻届・離婚届・転居届。養子縁組届・氏の変更、名前の変更届・死亡届(家族)などに使用します。

家族全員の情報が書かれている戸籍謄本は、まさに人生の転機に使用することが多いのです。また相続関係にも良く使用されます。

 

●戸籍抄本:パスポートの発給を申請する時(切り替えや訂正の時も必要です)・年金の受給を受ける時・不動産の契約・生命保険の請求をする時など、何か契約を交わすときなどに使用することが多いです。

契約をする個人だけの情報があればOKという場合が多く、よくわからない時などは謄本なのか抄本なのか確認することが大切です。

戸籍謄本・抄本のもらい方

戸籍の写しが必要な時に気を付けなければならないのは、戸籍がある本籍地の役所でしか取得できないということです。

そのため、本人が窓口で直接取得する方法や、代理人(親戚・知人)が窓口で取得(委任状が必要)するのですが、本籍地が遠く離れていたり役所が開いている平日の日中に行くことが難しいという方は多いのではないでしょうか?

そのような場合、郵送で取り寄せ請求をすることが可能です。

郵送で取り寄せる時に必要なもの

次に述べるすべてを封筒に入れて郵送しましょう。

①申請用紙

まずは請求用紙を用意しましょう。請求用紙は各市区町村に備え付け用紙があるほか、ホームページからダウンロードすることも出来ます。

請求用紙が用意できない場合にはレポート用紙や便箋などに必要事項を記入したものでも大丈夫なのですが、記入事項について書き方などを確認する事と、氏名の箇所への捺印を忘れないようにすることが重要です。

②返信用封筒

戸籍謄本や抄本1通につき80円です。返信用封筒にはあらかじめ切手を貼ることを忘れないようにしましょう。返信先に自分の住所氏名を書いておきましょう。

③手数料

1通につき450円。定額小為替か現金書留にて発送します。定額小為替は郵便局で購入できます。

④請求用紙への記入事項

請求者情報を記入します。住所・氏名・生年月日・日中連絡の取れる電話番号を記入します。

⑤申請者の署名・捺印

⑥請求理由や使用目的

「パスポートの申請」「生命保険請求」など具体的な理由を記入します。

⑦本人確認書類

運転免許証やパスポート、個人番号カード。健康保険証や年金手帳などのコピーを同封します。

この場合、パスポートの場合は写真のあるページと住所が記載されているページの両方をコピーしてください。

また、健康保険証や年金手帳などの場合、2種類提出することが決められており、健康保険証には住所が記載されていなければなりません。

⑧本人の委任状

第三者が請求をおこなう場合。

まとめ

いかがでしたか?

人生の節目などで使用される戸籍謄本

さまざまな契約で使用されることの多い戸籍抄本。

本籍地が遠くても忙しくて役所に行けなくても郵送で対応してもらえますので安心ですね。

しかし、記入もれや捺印もれがある場合返送されて書き直しになったりする場合があります。

また、本人確認書類についてもコピーなどの条件などが当てはまっていないと認められずやり直しになります。

慌てないためにもしっかり確認して書類を用意し、時間に余裕を持って請求することをおすすめします。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ