【人見知り・人付き合いが苦手】公園デビューするママへのアドバイス

ダウンロード (17)

【スポンサードリンク】

子育て中の悩みの一つとしてあげられるのが公園デビュー。

積極的で社交的なママには育児中のストレス解消の場になりますが、人見知りだったり、ママ同士のお付き合いが苦手だったりする場合には、大きな悩みにもなるのではないでしょうか?

私も初めての公園デビューについては、デビューしてからかなり悩むような出来事が多々ありました。

次男、三男の時には公園に連れて行く時間と体力的なゆとりがなく、他のママ達と自分を比較して悩みました。そこで、今回は今悩んでいるママ達に向けて、解決策や肩の荷が降りるような考え方をご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

解決策

Okguide_2625_1

 

1:公園に行く時間帯をずらす

家事を済ませてから、10時~13時位の間に集まることが多いと思いますが、午後の昼寝後から夕方暗くなる前位迄の間に行くか、今はまだ寒いですが暖かい季節には午前中、早い時間帯、8時~10時位の間に行き、大勢集まってくる前には帰るのも一つの解決策です。

早いのね!など声をかけられたら、「早起きな子なので、昼寝時間も早いんですよ!」「旦那の仕事が早朝からなので、帰宅が早いから買い物やごはんの支度を午前中に済ませないと、間に合いんですよ!」などと上手くかわしましょう!

昼寝後に行く場合にも、ご主人の仕事の関係上、昼前は外出出来ないなどと、ご主人を使うと大抵のママは何も言えないですし、避けているとは思われず気まずい思いをすることはほぼないと思います。

 

2:幾つかの公園を日毎に変えて行く

住んでいる場所周辺に幾つか公園がある場合には、毎日、場所を変えるのも一つの方法です。幾つか回っているうちに、同じような気の合うママに出会えるかも知れません。

仲良くなれそうなママがいない場合にも、他のママの目を気にしないこと。人目が気になるのは誰でも同じですが、嫌われたくないという意識があるからです。

開き直る迄には時間がかかると思いますが、人は人。自分は自分。と割り切れるようになるのもママの器を大きくする為には大切です。

公園デビューは育児の中で最初にぶつかる他のママとの関係の悩みですが、この先、幼稚園、小学校とお子さんが成長する中で、ずっと向き合わなければいけない問題です。早い段階から自分の個性を優先出来る習慣をつけておくと後々、必ず役に立つと思いますよ!

 

3:週に何回と決めて毎日は行かないようにする

ベビーカーや自転車でお散歩でも良いですし、地域の児童館やショッピングモールなどにある遊び場などを利用したり、お庭やベランダにブランコや滑り台、砂場などを設置して遊ばせるのも良いと思います。

特に、地域や場所にもよりますが、公園は赤ちゃんや子供を遊ばせるため、友達作りのための場所だと思いますが、公園絡みのママの悩みの大半はママ同士の関係についてではないでしょうか?グループが出来ていて輪の中に入りずらかったり、なかなか打ち解けられなかったりという話をよく聞きました。

子育てと家事との両立で大変なのに、更に悩みを抱えるのは、ママにとっても赤ちゃんやお子さんにとっても良いこととはいえません。

公園通いはママがストレスにならない程度に、もっと極端に言えば公園に行かなくても子供の成長には影響はないと思います。

私が参加していた家庭教育学級での講師さんの話ですが、その方は足が悪くて、子供が走り出したら追いかけられないので、公園には連れて行かれなかったと言っていました。お母さん自身は可哀想だなと思ったことも多々あったそうですが、娘さん本人は全く気にしていなかったそうです。

娘さんは公園に行かれないことよりも、そのことを気にしているお母さんが心配だったという話も聞きました。赤ちゃんや子供はどんなに小さくても、ママの気持ちは感じとることが出来ます。ママ自身が思い煩うとお子さんも悲しくなったり、辛くなったりします。

この講師さんからは、単に公園通いというテーマだけでなく、大きな意味での子育てについてたくさんのことを教えて頂きました。

人と自分を比較しないこと、自分を褒めること、それが子供にも大きな良い影響を与えると教わりました。

私自身、その当時、年子を育てていて、公園通いや、子供の友達作りどころか、子供と遊ぶ余裕すらなく悩んでいましたが、お母さんが悲しいと〇〇君達が悲しくなるんだよ!と励まされ、先に書いたような話をして下さったのです。

まとめ

冒頭でも触れましたが、私は初めての公園デビューから長男が小学校に入るまで様々な悩みを抱えました。

一番辛かった悩みは、公園での無視でした。

私には母親学級で仲良くなったママ友が近所に5人ほどいました。出産前から順番に誰かの家に週に一度集まってランチ&お茶会をしていたのですが、産後は赤ちゃんを寝かせるスペースが必要になり、6人のうち、3人が、うちは部屋が狭いから無理!ということで、我が家含めて3軒で集まっていました。

私は長男が生まれて二ヶ月目から働いてたため、休みはゆっくりしたいのと、家事をしたいという気持ちがありましたが、辞めたいとは言い出せずに数ヶ月が経ちました。

限界だなと感じたのは長男が生後半年位の時だったと思います。我が家は主人の帰宅が遅いので、他のお宅に集まる時より、皆の帰る時間が遅くなることが、しばしばあったのですが、まあ、いっかくらいに流していました。

ところが、グループの一人がご主人の帰宅が深夜になるということで、夕飯時になっても帰ってくれないばかりか、私が働いていることについて説教を始めたんです。

八方美人で優柔不断だった当時の私は笑って聞き流していたのですが、彼女が帰ってから、散らかった部屋を片付けているうちに涙が出てきて止まらなくなりました。

頭にくるやら、情けないやら…それ以上になんで部屋を提供して長居しても文句も言わずに話し相手をして、最後に説教されなきゃいけないわけ?と物に当たりたいような気持ちになりました。

irairagenin-e1473943758601

 

その翌週の休みに、本当の理由は言わずに一番話しやすい一人に連絡してランチ会を抜けたいと伝えました。

その時はわかったよ!とサッパリと話は終わりましたが、問題はその後。

休みの日に長男と母と三人で公園に行った時のこと、ママ友グループの三人が後から来たのですが、挨拶すらなく無視されました。

母はウチに集まっている時に来たことがあるので、顔を知っていましたから、「なんで黙ってんのかね~?」と後から不思議そうに言っていました。「さあ?」と私はとぼけましたが、あの公園にはもう行きたくないなと思いました。全く行かなくなったわけではありませんが、また鉢合わせしたら嫌だなとずっと思っていました。

一人一人はとても良い人で、二人で会うと普通に前と同じように接してくれるのですが、何人かで集まるとガラッと変わるのです。

このことがあってから、ママ友との付き合いについて考えるようになりました。あまり深く関わらない、特に集団には入らないようにしようと思いました。

今振り返ると、当時の私はいいカッコしいで、人から嫌われることをもの凄く恐がっていたんだと思います。働き始めからハッキリと抜けたいと伝えれば、理由がハッキリしているので無視まではされなかったかも知れません。無視の原因は私にもあると内省しました。

公園デビューに限らず、育児中のママ友との付き合いには何かとトラブルや悩みが出てきます。

【参考】
【3人の子育て経験談】幼稚園・保育園のママ友とのトラブル&対処法

 

ですが、長い時間を経て、今感じるのは人間関係の悩みは何処に行ってもあるもので、その時は辛く感じても、自分が感じた辛さの分だけ人の痛みがわかるようになるということです。辛かった時に励ましてくれた方々は皆さん、同じような経験をした人達ばかりでした。

また、お子さんが幼稚園や学校で友達関係に悩んだ時にも、気持ちが理解出来ると思います。

お子さんの成長と共にママも一回りもふた回りも大きな人になることを願っています。

私の失敗談を参考にして頂けたら幸いです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ