【錠剤が飲めない子供&高齢者】飲み方のコツは?砕くのは大丈夫?

【スポンサードリンク】

 

薬として多く服用されている「錠剤」ですが、お子さま・大人など年齢に関わらずどうしても上手く飲めないとお悩みの方が多くいらっしゃるようです。

 

食べ物ではない異物を飲みこむという抵抗感や喉につかえそうな感覚が怖いという恐怖感など錠剤が苦手な理由は様々です。

そうは言っても、体調を整えたり病気の治療のために飲む薬はスムーズに飲みたいですね。

ここでは、飲み方のコツや注意点、手助けになる服薬補助剤についてご紹介します。

錠剤をスムーズに飲む方法と注意点

サラサラとしている粉薬や液体状のシロップと違って、異物感を感じる錠剤はお子さまのみならず、大人でも苦手な方は多くいます。

少しでも楽に錠剤がのめるポイントや手助けになる服薬補助剤などをご紹介します。

 

まず、錠剤をスムーズに飲む方法

①薬を飲む前に水や白湯を軽く一口含み、ゴクンと飲みます。
こうすることで喉が潤い、薬が飲みやすくなります。人は緊張すると喉が渇きやすくなるので、服薬が苦手で緊張してしまう人はこのステップが特に大切です。

②錠剤を舌の奥の方に入れ、すぐにコップ半分以上の水で飲み込みます。
薬を飲みこんだら、もう一度水を飲んで喉につかえる感じを取り除くようにします。なるべくたっぷりと飲むようにしましょう。

③薬を飲む時の顔の位置はカプセル剤はやや下向き、錠剤はやや上向きにすると飲みやすくなるようです。

 

【スポンサードリンク】

 

錠剤を飲む際の注意点

必ず上体を起こして飲むようにしましょう。

横になったまま服用すると誤嚥の可能性があり危険です。

また、小さなお子さま等に飲みやすくしようと食べ物の中に錠剤を含ませる方法もありますが、薬の種類によっては食べ物と合わない場合もあります。

薬を処方される時に飲み合わせがよくないもの(例・抗生物質と乳製品等)に関して説明を受けることもありますが、気になる場合は薬剤師に確認をしましょう。

食べ物が薬の効き目に影響を与える場合もあるので、お子さまに限らず大人も注意が必要です。

このような飲み合わせの心配がなく、安心して薬を飲みやすくするための服薬補助剤として服薬用ゼリーやオブラートなどが色々と販売されています。

これらは薬に影響しない成分で作られているので、安心して用いることができます。

服薬用ゼリーとはどんなもの?

薬を飲みやすくするための服薬補助剤として「服薬用ゼリー」があります。

錠剤を飲むのが苦手な方は「粒状の薬を飲みこむことに抵抗がある」という意識が強く、口内や食道などが緊張状態により乾いてしまうことが多いようです。

そこで、錠剤が楽に飲めるようサポートをする役割で作られたのが「服薬用ゼリー」です。これは寒天を主原料として作られたゼリー状になっているオブラートです。

薬の効果に影響せず、体内で薬の吸収を妨げない成分で作られています。一般のお菓子のゼリーとは違うのは、まずカロリーや糖質、アレルゲン等に配慮があることです。

つまり、アレルギーのある方や糖質制限のある方、カロリー制限のある方でも安心して用いることができます。

口の中や喉では溶けないような弾力性と粘性が適度についており、ツルンとスムーズに飲めるよう工夫されています。錠剤を包み込むので薬の味やにおいもガードし、滑らかに飲み込むことで錠剤を飲む抵抗感を軽減することができます。

お子さまにはほんのりと甘い味がついているもの、大人の方には唾液が出やすいレモン味などがおススメです。

服用方法はスプーンに錠剤をのせてから、服薬用ゼリーを薬の上にのせて包み込む形にします。

そして、口の中にスプーンを運びツルンとゼリーを飲みこみます。その後水を飲むとしっかりと流し込むことができます。

小さなお子さまやご高齢の方などでも安心して飲むことができます。一度に服用するゼリーの適量については、指示書をよく読んでから使用するようにしてください。

飲みにくい錠剤を小さくカットして飲んでもいいの?

錠剤が大きくて喉を通りにくいため、飲み込めない場合は錠剤を小さくカットして飲んでもよいのでしょうか?

結論から言うと、医師の指示なく自己判断で錠剤の形を変えて服用してはいけません。

錠剤は適した器官で溶けるようコーティングされていたり、効果の持続性を持たせるために何層にも分かれて作られていたりと外観だけではわからない加工がされています。

つまり、錠剤を砕く(カットする)ことで薬として有効な効果が得られなかったり、他の器官で溶けだすことの健康被害も考えられます。また、カットした断面が鋭利になることで食道や胃などを傷つけてしまうこともあります。

ただし、錠剤の真ん中に半分に割れるようガイドライン(割線…かっせん)があるものもあります。この形状に関しては、半分に割って二回に分けて飲んでいい場合もあります。また、薬局に行くと「ピルカッター」と言って、錠剤を半分に割ることができるものも販売されています。

いずれの場合も、自己判断で錠剤を割ったり砕くようなことはせず、主治医に相談するようにしましょう。

どうしても飲めない場合は主治医に相談を

色々な方法を試してみても、錠剤に対する抵抗感が強くどうしても飲むことができない場合もあります。

苦手な錠剤を飲まなくてはいけないという緊張感から、血圧が上昇したり気分が悪くなってしまった、何とか飲めたと思ったら吐いてしまったなどの例もあります。

このような場合は、薬の剤型(錠剤、カプセル、粉末、シロップ等)を変更してもらえないか主治医に相談してみましょう。

何とか錠剤を飲もうと無理に何度も繰り返すうちにトラウマになってしまうこともあるので、自分の飲みやすい形の薬を処方してもらうことも検討しましょうね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ