【急性胃腸炎の症状と期間】原因は食べ物?それともストレス?

【スポンサードリンク】

 

急に起こる胃腸にまつわる炎症が特徴の「急性胃腸炎」は十分な休息と水分摂取、早急な対処が必要な病気です。

その名のとおり急性の病気なので、予兆なく突然に激しい症状に襲われます。

事前に急性胃腸炎の予備知識を持っておくことで、急な体調異変にも落ち着いて対処することができます。

症状、原因、注意点、予防等についてわかりやすく一つひとつご紹介していきましょう。

急性胃腸炎の種類と主な症状について

急性胃腸炎の主な症状としては、激しい下痢、腹痛、嘔吐、血便、発熱等があります。

急激に症状が進行することもあり、体力を奪われます。急性胃腸炎は主に感染性病原体によって起こることが多く、細菌以外の原因による非感染性のものわずかにあります。

 

【感染性の急性胃腸炎】

感染性病原体による急性胃腸炎は細菌性ウイルス性の二つがあります。

食べ物から細菌などに感染する食中毒は細菌性の急性胃腸炎です。

・生の魚介類が感染経路と考えられる「腸炎ビブリオ」

・生卵・乳製品、またペットとして飼っているミドリガメが感染経路と考えられる「サルモネラ菌」

・鶏肉や川や井戸の水が感染経路と考えられる「カンピロバクター」

・家畜の大腸をすみかとし、食物を通した経口感染や人から人へ感染する「腸管出血性大腸菌(O-157)」などがあります。

これらの細菌性急性胃腸炎は激しい腹痛、下痢、血便症状が起こります。

また発熱や全身倦怠感が起こることもあります。まれに重篤な合併症を引き起こすこともあり、顔色の変化や浮腫み、水分摂取不可、尿の排出があまりされない、頭痛、けいれんなどの気になる症状がある場合は早急に受診するようにします。

 

【スポンサードリンク】

 

ウイルス性の急性胃腸炎

「ロタウイルス」や「ノロウイルス」、「アデノウイルス」によるものがあります。

幼稚園や小学校、老人福祉施設等では集団感染を引き起こすことが多く、発生した場合は対処に十分気をつける必要があります。

感染経路は触れることによって起こる接触感染(手などを介する場合も含む)、くしゃみや咳などによりウイルスを含む唾液が飛沫することで起こる飛沫感染が考えられます。

また、吐しゃ物による感染もあるので放置せず速やかに処分することが重要です。ただし、患者と同一空間にいるだけで感染する空気感染の可能性は低いと言われています。

抗生物質服用後、「菌交代現象」と言って一時的に腸内に有害細菌が増加するために下痢症状などが起こることもありますが、通常は2~3日で治まります。

 

【非感染性の急性胃腸炎】

細菌以外の原因で起こる急性胃腸炎を指します。

虚血性腸炎や食物アレルギー起因の腸炎などがあります。虚血性腸炎は、腸の血流が悪くなることで腸粘膜に出血性の炎症が発生します。高血圧や便秘症状のある場合に多く発症すると言われ、症状としては腹痛や下痢、血便などがあります。

急性胃腸炎の原因は?

前項でご紹介した通り、急性胃腸炎は様々な細菌やウイルスによって引き起こされます。

そのほとんどは感染性胃腸炎でウイルス性のものが圧倒的に多く、一部に細菌性のものもあります。

細菌(病原体)に感染した食べ物を通して起こるのが食中毒であり、初夏から夏の湿度や気温が高くなる時期には腐敗や菌の増殖も盛んになるので罹患者も増加します。

また、ウイルス性の急性胃腸炎は集団感染により多くの罹患者を出すので、所属している団体で患者が発生した時は潜伏期間も考慮して、家庭内でも感染防止に注意をします。

そして、海外旅行先の水や食材などによる感染も多く見受けられます。衛生状態の悪い国もあるので、体調が思わしくない時や疲労している時などは十分に注意をします。

ミネラルウォーターを購入し水には気をつけていたけれど、注文した飲み物に入っていた氷によって感染し下痢を引き起こしたという例もあります。その他、ペットなどから感染する場合もあるので手洗い等に注意します。

 

●急性胃腸炎とストレスは密接な関係があると言われています。

 

過度なストレスにより多くの胃酸が分泌されることで胃粘膜を荒らしてしまい、キリキリとした痛みを感じるようになります。

このようなストレスが起因となった急性性胃腸炎の場合はストレスが改善されない限り、休養を取っても服薬をしても症状が治まらず慢性的な痛みになる可能性があります。

急性胃腸炎になってしまったら

急性胃腸炎になった場合は、水分をこまめに十分摂取することが大切です。

 
【参考】
【風邪にポカリが良い理由】アクエリアスと成分・効果を比較

 

これは激しい嘔吐や下痢によって脱水症状を引き起こさないためです。吐き気等により経口での水分摂取が出来ない場合は病院で点滴をしてもらうようにします。

脱水症状が起こると酸素や栄養素が体内に行き渡るのが困難になったり、体温調節機能が低下し、ひいては意識障害やけいれん、昏睡を引き起こし命の危険に関わります。水分が取れない時は早急に受診するようにしましょう。

また、在宅で休養する際は下痢止めや嘔吐止めなどの薬を飲んではいけません。

急性胃腸炎での嘔吐や下痢は、ウイルスや細菌を体外へ排出するために起こる症状であり、これを無理に止めてしまうと体内に細菌やウイルスがとどまってしまい、治癒回復の遅れや重症化する恐れがあります。

医師の診断によって投薬された薬のみを服用するようにしましょう。

脱水症状を引き起こさないよう水分を摂り、胃腸を一時的に休ませることで自然回復していきます。

そのため、下痢や嘔吐の症状が少し良くなったからといきなり通常のように食事を摂ると、まだ胃腸はウイルスや細菌によるダメージによって弱っており、逆効果となってしまいます。完全に症状が治まるまでは食事を控え、落ち着いてきてから重湯やおかゆ、すりおろしたリンゴ等などで徐々に胃腸を慣らすようにしましょう。

 
【参考】
風邪でツラい時の「12の消化に良いレシピ」【無理なく食べられるやさしい食事をご紹介!】

 

※アデノウィルスやカンピロバクター、腸炎ビブリオでは40度近い発熱が起こることもあります。この発熱は子ども大人関係なく起こる可能性があるので注意をしましょう。

ウイルスの潜伏期間と急性胃腸炎予防について

ウイルスによる急性胃腸炎でよく聞かれるのはノロウイルスとロタウイルスです。

ノロウイルスの潜伏期間は1~2日、ロタウイルスでは1~3日と短い潜伏期間となっています。アデノウイルスは約1週間ほどの潜伏期間があります。

細菌による急性胃腸炎では、腸炎ビブリオは6~12時間、サルモネラ菌は1~3日、カンピロバクターは2~11日となっています。

長い潜伏期間がある場合は、症状が現れていない期間に接触した人に感染させてしまう事もあります。

急性胃腸炎を防ぐために、細菌による急性胃腸炎は梅雨時から夏場に多くなる食中毒を防止するよう「なまもの」の摂取を控えたり食事を作る環境や食べる環境に注意を払い、食材にしっかり火を通す、作ったらなるべく早く食べることが大切です。

ウイルスによる急性胃腸炎は空気が乾燥する寒い時期に多く発症する傾向があるので、人ごみに行く際はマスクをしたり、体調が優れない時は免疫力も低下しているので人ごみに行かないようにします。うがいや手洗いの徹底も大切です。

また、ウイルスによる急性胃腸炎は強い感染力を持ち、吐しゃ物等からも感染します。

ゴム手袋とマスクを用いて処理をおこない、こまめに手を洗うことが大切です。患者も世話をする人も激しい疲労感に見舞われる急性胃腸炎は世話をしている人が睡眠不足や疲労から免疫力低下になり、患者から感染してしまう例も多くあるので気をつけるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ