【ながらダイエットは超簡単】3つのポイントで太もも・ふくらはぎ・お尻を引き締める!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

【スポンサードリンク】

 

痩せたい!と思っている方は多いはず。

でも「運動して健康的に痩せたいけど、運動する時間がない」と思ってなかなかダイエットに踏み切れていない方も少なくありません。

ダイエット=食事制限は必須!

という考えもありますが、そんなに偏って変な食事を日々していなければ運動をして痩せた方が健康的でリバウンドしてしまう心配もありません。

今回は忙しい日々を送っているあなたにぴったりな、何かをしながらでもできる簡単な”ながらダイエット法”を伝授いたします!

ながらダイエットを成功させるコツ

ながらダイエットという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。
そしてそのダイエット法もインターネットで調べればやまのようにたくさんあります。

でも”ながらダイエット”で痩せたという報告を周りから聞いたことがある人は、多くないと思います。

ながらダイエットにもポイントがあるのです。そのポイントをしっかり押さえることで、ダイエットに成功して痩せることができます。

Point1☆誰でも簡単にできること

運動が苦手で、運動しなくてはいけないと思いつつもなかなか実行できなかったり、他の方法で痩せられないか考えてしまいませんか?

誰でも簡単にできるダイエット法なら、継続も苦ではありません。

運動のハードルを下げることで誰でも継続することができ、ダイエットに成功することができます。

自分にあった”ながらダイエット”の方法を見つけて下さい。

Point2☆生活のあらゆる場面でできること

仕事で忙しい人、家事や育児で忙しい人、など人それぞれ忙しい理由が違います。

ながらダイエットのポイントは【どんな時、どんな場合でも、誰でもできる方法】だということです。

例えば座ってできるダイエット法があったとします。

1日24時間の中で、1度も座ることがない人はいないと思います。

”背もたれがある椅子”が必要な場合は、なかなか椅子に座ることが無い人もいるかもしれませんが、ただ”座る”だけならば30秒でも時間を作ることは可能です。

どんな人でも実行できるダイエット法を見つけましょう。

Point3☆グッズを使用したダイエット方法ではない

数えきれないほど世の中には様々なダイエットグッズがあります。

もちろん、グッズを使って痩せることができることもあると思いますが、ながらダイエットはグッズに頼らずとも痩せることができる方法が多いのです。

グッズを持ち運べない場所でのダイエットはできません。

そのグッズが壊れてしまった場合、またあたらしく手に入れるまでは今までのダイエット法ができません。

そのようなことがないように、グッズを使わなくてもできるながらダイエットを探しましょう。

おすすめながらダイエットをご紹介!

あなたのこれからの生活を変えてしまうかもしれないかんたんな”ながらダイエット”をご紹介いたします。

食事しながら、ダイエット

どんなに忙しい方でも食事をまったくしないことはないですよね。

これはどんな椅子に座っていてもできるながらダイエットです。

1.椅子に座って背筋を伸ばす(背もたれ禁止!)
2.両膝を拳1つ分開ける
3.両膝をくっつけて7秒間キープ
4.2の態勢に戻す
5.2~4を5~6回繰り返す

これだけです!とっても簡単ですよね。

普通に日常生活を送っていると太ももの筋肉はあまり使われないので、たるんだ太ももを引き締める効果がありますよ。

食事中でなくても、仕事中など、座っている時はいつでも実行できます。

②食器洗いながら、ダイエット

次はふくらはぎに効果的なダイエット方法です。

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれています。ふくらはぎを動かすことによって血流がよくなり、むくみ解消や代謝UPに効果的です。

1.足を肩幅に広げて立つ
2.足の指を広げて、広げた足の指で床をつかむイメージ
3.お尻を締めてお腹に力を入れる
4.かかとを上げ下げしながら、つま先立ちをしたりかかとをつけたりする
5.4を1分間繰り返す

これだけです。

信号待ちや駅のホームなど様々なところでやることができますよ。

③歯磨きしながら、ダイエット

歯磨きをまったくしない人もなかなかいないのでは?

歯磨きをしながらお尻を引き締めましょう。

1.まっすぐ立つ
2.歯ブラシを持っていない方の手を腰にあてる
3.右足のつま先を床につけたまま、膝をかるく持ち上げる
4.右膝を左足の前に持ってくる
5.右膝を開くように内側から外側に持ってくる
6.元に戻し、左足も同じように動かす
7.3~6を5~10回繰り返す

以上です。

これはお尻のインナーマッスルと外側の筋肉を両方鍛えることができる運動です。引きしまったお尻を目指しましょう。

④トイレにいながら、ダイエット

最後にご紹介するのは、洋式トイレを利用する前にやってほしいダイエットです。

太ももとお尻を引き締めましょう。

1.便座に背中を向けて立ち、肩幅くらいに足を開く
2.両手を太ももの上に置く
3.お尻を後ろに引きながら便座につく寸前でストップ
4.3の姿勢で10秒キープ
5.10秒キープしたら便座に座る

これだけです!

トイレでなくても椅子に座るタイミングがあったらやってください。

忙しいあなたにも10秒の時間は作れるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

どれも簡単に実行できそうですよね!

でも実際やってみると、1.2回は楽々できても何回も繰り返すことでだんだんきつく感じると思います。

きつく感じたらあと何回か繰り返し行ってください。きつく感じてすぐ止めてしまうと効果がなかなか現れないかもしれません。

どれも継続が大事です。根気よく続けてみてください。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ