年賀状の処分方法はどうしよう?【自分でできる5つの安全な処分方法をご紹介します】

a7e901ee3fc1a181d9945093ae1b7d7f_s

【スポンサードリンク】

みなさんはもらった年賀状ってどうしていますか?

保管しておいてもいいけれども、年々枚数はどんどん増えていきますよね。
もらった年賀状についての調査結果もちゃんと出ているようですよ。

≪ずっととっておくタイプ≫
・わざわざ書いてくれたり、作成してくれたものを捨てたくないので大切に保管している
・そんなに場所をとるわけではないのでとっておいても問題ない
・自分と繋がっている人達の歴史みたいなものだからこのまま集めておきたい
・写真つきの年賀状は捨てるのも忍びないからとりあえず残してある
・どうやって処分して良いかわからないから保管してあるだけ

上記のように
【年賀状のやり取り=人との繋がり】と考えて保管している人や、どうやって処分して良いのかわからないからとりあえず残してある人など理由は様々のようです。

≪処分するタイプ≫
・届いてお年玉当選の確認をしたら終わり。来年もまた届くからすぐに処分する
・データをスキャナーでパソコンに保存して、はがきは1年保管後に破棄する
・身内の甥っ子の可愛い写真や親しい人からもらったものは少しだけ保存するけど基本的には処分する
・とっておいてもただ増えるだけなので捨てるのはもったいないけど処分する

処分するタイプの人でも”捨てるのがもったいない”と思っている人も少なからずいるようです。
個人的にはスキャナーで保存してはがきそのものは破棄してしまうという方法はいいな!と思いました。

≪風水的にはどうなの?≫
風水的に年賀状をとっておくとどうなのか、調べてみました。
年賀状や手紙などを取っておくと「若さ」や「仕事運」に影響が出てくるようです。
風水師さんによって保存期間のレベルは違いがありますが、どの風水師さんも処分はした方が良いとの回答だそうです。

1~2年保管した後に処分するのがベストですね。

◎年賀状を安全に処分したい!
いざ、年賀状を処分しよう。と考えたとしても処分方法がわからなければ意味がありません。
年賀状には個人情報が満載です。住所や氏名がわかるのはもちろん、顔写真なんかも載ってしまっているので、そのまま燃えるゴミで捨ててしまうなんてこと絶対にしないで下さい!今のご時世、悪用されないとも限りません。

そこで今回は自分でできる安全な処分方法を5つ、ご紹介いたします。

①家庭用シュレッダーやはさみなどで細かくして処分!
個人情報を自分で安心して処分する方法といったらシュレッダーで処分するのが1番安心できると思います。
その代わりはさみで1枚1枚細かく切っていったら時間がものすごくかかりますよね。
シュレッダーは¥2,000~¥20,000くらいで売っていますが、コストをあまりかけたくない人は自分ではさみで切り刻みましょう。

②郵便局などの使用済み回収箱で処分!
自治体や郵便局に【使用済みはがきの回収箱】というものが設置されていることを知っていますか?
この回収箱に年賀状を入れるだけで処分することができます。
でも全ての店舗にこの回収箱があるとは限らないので、最寄りの郵便局に問い合わせてみてくださいね。

③ナチュラルローソンの個人情報書類回収BOXで処分!
ナチュラルローソンの一部店舗にも【個人情報書類回収BOX】というものが設置されているんです。これはあまり知られていないようですね。
郵便局との違いは、はがき以外の個人情報の書類も処分してもらえることです。
再生原料としてトイレットペーパーや再生段ボールなどにリサイクルされているようです。
エコ活動にも貢献できるなんて嬉しいですよね。

④どんと焼きで焼いてもらい処分!
【どんと焼き】というものを知っていますか?1月15日の小正月に神社や河川敷などでお正月の飾りを持ち寄って、お焚き上げをして燃やす儀式のことです。
このどんと焼きで年賀状も一緒に燃やしてもらえるんです。
ご自身の地域でどんと焼きを行っている自治体や神社がないか、確認してみてください。

⑤瞬間接着剤とガムテープで燃えるゴミへ!
シュレッダーを買うコストはもったいない!はさみで切るのもめんどくさい!
郵便局とか自治体で処分できるか調べるのはめんどくさい!というあなたへ朗報です。
もう、まとめて燃えるゴミで処分しましょう。
はがき30枚程度を輪ゴムで束ね、上下左右に瞬間接着剤を流し込みます。
固まったものをガムテープで縦も横もぐるぐる巻きにして色がついたビニール袋へ入れて捨てましょう。
どうですか?もしかしたらこの方法が1番向いている人もいるかもしれません。
接着剤で年賀状が驚くほどしっかりくっついて、ガムテープで目隠しをするので、安全で簡単ですよね。

◎まとめ
いかがだったでしょうか?

今回は年賀状の処分方法についてご紹介いたしました。
あなたにとってベストな処分方法が見つかれば幸いです。
くれぐれも個人情報に気をつけて、安全な処分方法を見つけてください。

年賀状印刷の持ち込み比較【セブンイレブンと郵便局、お得なのは?】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ