妊娠初期症状 いつからどういった症状がでるか

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

【スポンサードリンク】

妊娠してから、つわりが始まったのは検査をした一週間後でした。無性に「サラダ巻きが食べたい!」このころ毎日のように言ってましたが、こう言う時ほどサラダ巻き見つからない。見つかっても一口で、ダウン…。安定期までの五ヶ月間悪阻とともに歩んできました。

悪阻最終章ごろ、激しい吐き気に襲われ、軽く脱水症状に陥りました。妊娠してから味覚がおかしく、飲み物が飲めなくなり、お茶も決まったモノしか口にできず、大変でした。

あまりにも激しいので、母に連れられ病院で点滴を打つことに…この日出勤日だった主人は私が病院から帰宅して一言「お腹空いた」にはカチンと来ましたね。

台所男子禁制で育ったうちの主人。全く料理が作れませんし、作ろうともしません。こんな男に仕上げた姑に悪意がメラメラと…。ボロボロの体力で作り上げたざるうどんは主人には思いのほか美味しかったようで、私の分も残さず食べていました。まぁ食べる気さえ失ってたので、どうでもいいのですが…。

時折見せる主人の欠落した態度に悪阻と言うのも重なりネガティブ思考に陥り何度となく喧嘩もしました。

大体が、主人の我儘と姑の言葉に落ち込み凹み喧嘩がが一番多かったですね…。

悪阻が終えた五か月の検診で男の子と判明!主人が「お腹の子、男の子だったよ」と姑に話すと「はぁ~?おとこ?女じゃないの?あ~ガッカリ…お父さんも悲しむわ…」との捨て台詞私は一生忘れませんよ…!

悪阻が終わると、次は鼻血が毎日出るようになりました。妊娠前蓄膿症が悪化し、鼻の軟骨に穴をあけ水で洗い流すという治療をしたせいか?鼻血がボトボト落ちるほどの出血に悩まされていました。私は血の気が多いのか?検診では貧血検査に引っかかることは一度もなかったんです。そのころ丁度、産科医が移動で変わりました。

妊娠して初めての医師は頼りがいがなく、こちらが質問しない限り答えてくれない医師でした。次の医師は、見た目は千鳥の「大吾」にそっくりで一瞬こっちが引くぐらいちょっと怖い顔。でも打ち解けると面白く、敬語を使わなくてもよくフレンドリーで私はこの医師に託すことにしました。

田舎の総合病院だったため、エコーは古い機械しかなくモノクロです。個人病院ですとカラーでいて、録画もしてくれると聞きました。そんな機械ではないので、主人に頼みデジカメを購入することにしました。動画が撮れる機種を購入しました。

エコー中に見えるモニターを動画で撮り、主人に見せたかったのです。写真ではわからないお腹の子の動きを動画で見た主人は感動してました。心音の速さにも驚いていました。

この頃から胎動も感じるようになりましたが、なかなか主人は触ることができず…お腹を丸出しにして、携帯でお腹を撮ったこともあります。動くんですよね…お腹がムニューって。不思議な感覚です。そして悩まされたのが、しゃっくり。

お腹の子がしゃっくりをすると、私のお尻の穴が気持ち悪くなり、座ってられないのです。私は早々とドーナツクッションを購入し、座椅子にそれを置き座っていました。そうじゃないと床に直接座ってしゃっくりされるとお尻の穴がうずいて気持ち悪くて仕方がないので…。妊婦のジンクスにあやかったりもしました。

妊婦は宝くじが当たると聞いたことがあり、年末ジャンボを三千円分バラで購入。3,300円当たりました(笑)

この頃夫婦でハマったのが、一円パチンコ。館内禁煙だったため、週末二人でよく出かけました。千円が五千円になり、そのお金で組み布団や肌着、バウンサーを購入。

丁度、姉も同時期に妊娠していたので、借りる事が出来ず…だからと言って、義両親は知らん顔…もらったのは、黒い埃を吐き出す空気清浄だけでした。これは本当にいやがらせかと思いましたけどね…。

要らないからと主人が貰って来たんですが…確認してからもらってくればいいのに…これで私はどんどん姑が苦手になりました。

妊娠生活は、何かとゆったりではありましたが、私を悩ませる姑の行動だけがストレスでした。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ