抜け毛の対策!女性にもおすすめな食べ物は?【大豆パワー!イソフラボンで抜け毛予防】

04945d13d434026c69d754365e438781

【スポンサードリンク】

大豆イソフラボンをご存知ですか?

女性ホルモンエストロゲンと同じ働きをすると言われていて、
抜け毛予防や健康な髪を維持するためにも効果があると言われているんです。

最近髪が抜けたり細くなってまとまりにくくなってきた。

パサつく…なんとなく髪の悩みを抱え始めたあなた。

大豆イソフラボンの力を借りれば育毛効果を期待できるんです。
抜け毛を予防して育毛を促進させましょう。


そのためにはどんなことをしたら効果が出やすいのか、まとめてみました。


大豆イソフラボンはどんな働きをするの?

女性ホルモンと同じような働きをするので、
逆に男性ホルモンを抑制して、
抜け毛や薄毛の原因になる成分になるのを予防してくれます。

妊娠後には大量のエストロゲンが赤ちゃんと共に体外に排出されてしまうのが原因で
抜け毛が増えるのはこの女性ホルモンが原因だったんです。

男性の体毛はすごく濃いのに髪の毛は薄い…
という状態も男性モルモンが優勢になっているからなんですね。

そのため、女性の髪の悩みだけではなく抜け毛が引き起こされる
40代以降の男性なども
積極的にホルモンバランスを整える工夫をすれば
髪の悩みが解決の方向にいくかもしれないんです。

【スポンサードリンク】

摂り方にはコツがあります

大豆イソフラボンが薄毛や抜け毛の原因である
不足した女性ホルモンを補う成分であることは
お分かりいただけたと思いますが、大豆イソフラボンだけでは
抜け毛や薄毛に対してはまだちょっと弱いんです。

「カプサイシンと一緒に摂ること」でその効果は何倍にもパワーアップするんです。

例えばとても健康効果の高いとされている「納豆+キムチ」ですね。

育毛や薄毛にも効果の期待できるメニューです。

カプサイシンとは唐辛子などに含まれる辛い成分で、
そんな辛味の刺激が頭皮にも良い効果を発揮してくれると言われています。

ちょっと難しい話になりますが、
カプサイシンがIGF-1という成長因子を増やしてくれて
このIGF-1が毛乳頭を活性化して毛母細胞の成長を助けてくれるんです。

カプサイシンがIGF-1を増やすために必要な成分をCGRPと言って、
こちらは大豆イソフラボンが増加の手助けをしてくれるのです。

※カプサイシンは刺激物です。
 摂りすぎて胃腸を痛めてしまっては継続することが難しくなります。

唐辛子などが苦手な場合はカプサイシンのサプリメントもあるので
適量を守って利用すると良いでしょう。

あくまでも適量は守りましょう。


大豆イソフラボンが入った食品とは

主に大豆製品、納豆や豆腐、豆乳などに入っているので
気軽に手軽に摂取できますね。

最近めっきり大豆食品をとっていないかも…
という方にはさらに効果が感じられるでしょう。

中でも豆乳は液体ですからとても吸収しやすい状態になっていて、
牛乳のかわりに使用すると良いでしょう。

豆腐には成長ホルモンが多いため、髪の成長も助けてくれます。


サプリメントで補わないとダメ?

食品に含まれているイソフラボンの量です。

・納豆1パック  約65㎎
・豆腐半丁   約55㎎
・豆乳 (調整豆乳で200mlの場合)約50㎎前後


大豆イソフラボンの1日に摂取したい量は70~75㎎とされていますので、
案外食事からとれるものなんですね。

それでも食生活がちゃんと出来てなくてサプリメントで補わないと不安…

という方は
イソフラボンのサプリメントは1日30㎎までという摂取量を守ってください。

過剰摂取やその人の体質などによってはリスクが生じる場合もありますので、
自分の体調を見ながら摂取しましょう。


抜け毛や薄毛の前兆を知って早めの対策をしよう

大豆食品に含まれるイソフラボンが髪の成長や抜け毛予防に効果があるということは
医学的にも実証されており確かなものなのですが、その効果を発揮させるためには
早めに髪の毛の変化に気づくということも大切なんです。

・髪の毛が柔らかくなってきた。
・髪がうねる
・髪の毛が細くなった気がする
・抜け毛が増えた
・髪の毛がまとまらない。
・ツヤやコシがなくなってきた。
・どうにもパサつく。
・フケが多くなってきた。
・白髪が増えてきた
・ブラシがスカスカと軽い通り方になってきた

このような変化を少しでも感じたら取れる対策をしましょう。

・カラーリングやパーマは辞めるかお休みする。
・ヘッドスパや頭皮のマッサージなどで毛根の活性化をする。
 髪の専門家に相談をする。
・AGA(男性型脱毛症)外来を受診してみる。
(女性も受診できます。なお、AGA治療薬は個人の判断で服用するのは 危険です)


◆生活習慣や食事に気を付ける

・たんぱく質 …肉や魚からしっかりと摂りましょう。     
・大豆類   …味噌・油揚げ・納豆や豆腐、きなこなど
・ビタミンB6 …まぐろの赤身やニンニク・バナナなどに含まれます。
・ビタミンE  …アーモンドやカボチャ、鰻などに含まれます。


喫煙や飲酒を控える。
血管が収縮してしまうので喫煙は頭皮の環境を悪くしてしまいます。

できれば禁煙をしましょう。


まとめ

いかがでしたか?

薄毛の予防・改善のためには
ホルモンバランスに気を付けることが大切だとお分かりいただけましたでしょうか?

やみくもに頭皮マッサージを外側からしていても効果が上がらなかったのは
ホルモンが原因の可能性が高かったんですね。

大豆食品や生活習慣の改善を取り入れた上で、
ヘッドマッサージや育毛剤なども併用すればその効果が出やすいため、
いきいきとツヤ・コシのある頭髪をキープし、
抜け毛も防げるだけでなく健康を促進して若返る効果まで期待できます。

過剰摂取しても効果が高まるものではありませんので、
あくまで適正量を守ることが重要です。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ