「乳酸キャベツ」のダイエット効果で痩せ体質へ!【作り方と3つの簡単レシピを紹介します!】

jvdfrkgz_20161109213559

【スポンサードリンク】

 

乳酸キャベツはドイツ語で「ザワークラウト」フランス語では「シュークルート」と呼ばれているもので、キャベツに塩を加えてできる発酵食品です。

キャベツの表面にはもともと乳酸菌がついているので、塩をかけるだけで水分が引き出されて、微生物が活性化するため発酵が促されるというわけなんです。

ドイツでは国民食ともいわれていて、万能調味料でもあり、寒い冬の間の保存食なんですね。

そんな乳酸キャベツにはいろいろな効果効能がつまっているんです。簡単に作れますので是非食卓に取り入れてみませんか?

 

【スポンサードリンク】

 

痩せ体質になれる?!乳酸キャベツの効果や効能

・腸内環境を整えてくれる

乳酸キャベツは発酵食品なので善玉菌が活発になることや、キャベツの食物繊維が多く含まれているため、便秘も解消してくれます。

・胃腸薬にも含まれているビタミンU(キャベジン)という成分

胃酸の分泌抑制と胃粘膜の代謝促進効果があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防効果があると言われています。
このビタミンU、冷蔵保存することで増えるという性質があるようです。
キャベツが天然の胃腸薬と言われているゆえんですね。

・リゾホスファチジン酸

キャベツの酵素の働きででてくる成分で胃腸の粘膜修復作用があります。

・美肌効果
・免疫力アップ
・アレルギーを抑制する(花粉症やアトピー性皮膚炎など)

これらは、前記したように腸内環境が整っていままで体内に溜まっていた老廃物が排出されることからくる相乗効果です。

他にも下記のようなビタミン類も豊富に含まれています。

・ビタミンA
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6

ビタミン類は主に肌や髪、爪などを健康に保ったり疲労回復効果があると言われています。

乳酸キャベツはその乳酸菌のパワーが最強!

キャベツの表面にもともとついている乳酸菌が塩によって水分とともに引き出されるのですが、そんな「植物由来」の乳酸菌のパワーはヨーグルトなどの「動物由来」の乳酸菌とは違うんです。

植物由来の乳酸菌というのは、強い酸性状態の環境でも生きていられるので胃酸や胆汁酸の中でも生きたまま丁まで届きやすいのです。

ヨーグルトもとても腸内環境のためには優れた食品ではあるのですが、胃や小腸で消化吸収されてしまい大腸までは届きにくいのです。

また、乳酸キャベツには乳酸菌の量が億~十億の単位で生息していると言われていて、その数は同じ植物由来の乳酸菌の食品であるキムチと同じくらいだと言われています。

しかも、キムチや納豆に比べてクセがなく食べやすいという利点もあります。

がん予防にもなる成分も含まれています

乳酸キャベツには抗がん効果もあるというデータがあります。

イソチオシアネートというキャベツに含まれる辛味成分に、「がん細胞の増殖抑制効果とがんの発生予防効果」があると言われています。

ブロッコリーやわさびにも含まれていて、すりつぶしたりよく噛んだりすると効果が発揮されるそうなんです。

効果を得るためには1日100gを摂取することが大切なのですが、乳酸キャベツならばカサが減っているので食べやすいですね。

乳酸キャベツの作り方

◆材料

キャベツ・・・・・・・1個(約1㎏)新鮮なものを選びたいですね。
粗塩・・・・・・・・・小さじ4
きび砂糖・・・・・・・小さじ1/2

※こちらは基本的な材料ですが、好みによって砂糖は入れなくて良いですし、鷹の爪やローリエを入れる方もいます。

1.キャベツを千切りにします。

芯をとって4等分に切って洗い、水気をきってから千切りにしてください。細かい千切りだと発酵が早いようです。

※この時、キャベツの表面についている乳酸菌を流し過ぎてしまうのを防ぐためにさっと洗うか、表面だけを捨ててもよいでしょう。

2.保存袋に入れて塩を振ります。

密閉袋(ジップロックなどの大サイズ)にキャベツの半分を入れて小さじ2杯の塩を混ぜましょう。

3.袋の上から両手で揉みます。

4.残りのキャベツと塩と砂糖を加えて、袋の上からさらに揉みます。ジップロックの大サイズにちょうどキャベツ1個分が入るはずです。

5.手でぎゅっと押して、余分な空気を抜いてください。口が開かないようにしっかりと密閉されていることを確認してください。重しを乗せて常温に置いておきます。

重しは1.5㎏程度の重さ(ペットボトル500mlで3本、ダンベルなどでも良いでしょう)

6.1~5日程度置き、時々味見をしてみましょう。そしてその都度袋の空気をしっかりと抜き、口を密閉することに気を付けてください。

酸味があったり、泡が立つ(炭酸ガス)などの変化が見られたら発酵しているという証拠です。清潔な瓶に移しましょう。

7.冷蔵庫に保存しましょう。冷蔵で1か月間保存が可能です。

※キャベツ1個なんて多すぎるのでは?とお思いになるかもしれませんが、発酵食品はある程度の分量で作ったほうが失敗が少ない事や、できあがりの状態でカサが減ることから1個分で作ることをおすすめします。

乳酸キャベツを使ったレシピ

◆乳酸キャベツと玉子のスープ◆

●材料 (3人分)

乳酸キャベツ(汁ごと)・・・・1カップ
ニンニク(すりおろし)・・・・小さじ1  
トマト(またはトマトジュース)1個
水          ・・・・2カップ
溶き卵        ・・・・2個分
塩コショウ      ・・・・適量

●作り方

1.乳酸キャベツ・ニンニク・水・ざく切りにしたトマトを鍋に入れ、5分程煮る。
2.塩コショウで味を調え、溶き卵を流し入れ、フタをして余熱で火を通す。
3.溶き卵でなく、玉子を丸ごとポトンと入れるのもOK。

http://cookpad.com/recipe/4089207

◆乳酸キャベツの和風パスタ◆ 

●材料(1人分)   

乳酸キャベツ・・・・・・・・・・80g
生しいたけ ・・・・・・・・・・2個
全粒粉スパゲッティ・・・・・・・80g

オリーブオイル ・・・・・・・・大さじ1
アンチョビフィレ・・・・・・・・2枚
にんにく  ・・・・・・・・・・1かけ 
醤油    ・・・・・・・・・・大さじ1
黒胡椒             適量
もみのり            適量   

●作り方 

1.大きな鍋にお湯を沸かして沸騰したら塩(分量外1ℓに対して1%)を加えて パスタを表示の時間ゆでる。

2.生しいたけは4等分に切り、にんにくとアンチョビはみじん切りにしておく。

3.フライパンにオリーブオイル、にんにくとアンチョビを加えて
 香りが出てきたら生しいたけを炒めしんなりとしたら乳酸キャベツを加え、
 最後にゆで上がったスパゲティを加える。

4.醤油で味を調えたら、皿に盛り付け、黒胡椒ともみのりを散らす。

http://barberyuiminachan.blog.fc2.com/blog-entry-434.html

◆時短 ポークとザワークラフトのソテー ◆

●材料(3人分)

豚肉(生姜焼き用) ・・・・・ 12枚
ザワークラフト   ・・・・・ 150g
じゃがいも(中)  ・・・・・ 3個
ズッキーニ     ・・・・・ 1本
人参        ・・・・・ 1本
白いんげん豆の水煮 ・・・・・ 大3
コンソメ(顆粒)  ・・・・・ 中1
白ワイン      ・・・・・ 大2
水         ・・・・・ 20cc
サラダオイル    ・・・・・ 大2

●作り方

1.ルクエにじゃがいもと水少々を入れて600wのレンジで7分加熱する

2.ズッキーニと人参は細斜め切りする

3.豚肉に塩、胡椒して、油をひいたお鍋で焼き、焦げ目をつけ、そこに②とザワークラフト、調味料を入れて13分ほど蒸し煮する
http://venezia554.exblog.jp/22921577/

まとめ

いかがでしたか?

乳酸キャベツはキャベツと塩だけで簡単に作れて、一か月も保存可能な健康や美容効果の高い食品でしたね。

アレンジする場合にも簡単に使えるのにとてもおいしくておしゃれなメニューになります。

ぜひ、キャベツをまるごと1個使って乳酸菌の力を毎日取り入れてみませんか?

【参考】
 ⇒再び注目‼︎「レモン塩」の作り方と活用レシピ【効果効能は?酸っぱいから疲労回復に良い⁈】
 ⇒生姜シロップの作り方(簡単で役にたつ保存調味料)
 ⇒にんにくレシピ 保存調味料(にんにく醤油・にんにく酒の作り方)

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ