【入学祝いの相場】甥や姪にはいくら包むべき?ご祝儀袋はどうする?

86409779e2c11affaa3f0adb0424104d_s

【スポンサードリンク】

 

年が明けて3月になると、入学準備のシーズンが来ますね!

甥っ子、姪っ子が入学という方もたくさんいらっしゃると思います。

また、私の場合ですが、姪っ子もいますが、一番仲が良かったのは遠くに住んでいる姉達でなく、近くにいる一つ上のはとこ(いとこの娘。)だったので、その娘、息子の方を可愛がっていました。

ちなみに、はとこの娘、息子がどういう関係になるのかは、未だ知りません。笑

話はずれましたが、今回は入学シーズンに向けて甥や姪にいくら位包んだら良いのか?についてお話したいと思います。

また、私のように遠い親戚にあたる場合でも親しい間柄であれば、お祝いについて考える方もいらっしゃると思いますので、参考にして頂けたら幸いです。

甥や姪への入学祝いはいくら包めばいい?

入学のお祝いについては、小学校、中学校、高校、大学と数回ありますが、一番多い症例としてあげられるのは、どの場合にも、5000円〜10000円が相場になるようです。

ですが、高校、大学となればやはり10000円が妥当なのでは?と思います。

また、親御さんの年齢によっても相場は違ってきます。

親御さんが、20代〜30代の場合には、3000円〜5000円
親御さんが40代以上の場合には、5000円〜10000円という統計があります。

 

私個人の考えとしては、お互いの経済状況を踏まえた上で 兄弟姉妹(親御さん)の入学準備をサポートしてあげるという意味で各々 いくら包むか判断するのが一番良いのではないかな?と思います。

または、各家庭や親戚間での風習も各々違うと思いますので、一番良いのはご両親と相談して決めるのが確実だと思います。

ちなみに御祖父母となると、10万以上包む方もいらっしゃるようです(我が家が実際そうでした。父は孫にメロメロでしたから。笑)

それから、入学する甥や姪に兄弟姉妹がいる場合には、入学ではなくとも、進級という場合もあるので、文房具や図書券など、ちょっとしたもので良いので一緒に贈るという心配りも大切かなと思います。

実際にうちの次男、三男が長男にお祝いを頂いた時に、「俺にもそれでなんか買ってくれ!」とギャーギャー騒がれ、最後は泣き出しました。笑

仕方ないので、私のヘソクリで DSのソフトを買ってあげた記憶があります。
あ〜あ 洋服買おうと思ってたのに〜!な出来事です。笑

 

【スポンサードリンク】

 

お祝いを包むご祝儀袋は?

3万円以下の場合には印刷されたタイプの水引のご祝儀袋が好ましいようです。

ご祝儀袋には様々なタイプがあり、今はとても可愛らしいデザインの物もあるので、そちらを使いたくなりますよね。

理屈としては理解出来ますが、あくまで一般的な常識ですので、身内間に拘りがなければデザインで選んでも特に問題はないと私は思います。

ちなみにお祝いの場合には裏側の折り返し部分は下側を上に重ねて上向きになるようにします。逆に下向きを上に重ねるのはお通夜や葬儀などの場合の重ね方なので、ここは要注意です。

ご祝儀袋には何と書けばいい?

「祝御入学」「御入学祝」などが一般的ですが、入学おめでとう!なども身内間なので良いと思いますよ!

入学祝いはいつ頃渡せばいい?

3月中 出来れば卒園、卒業を迎えたら出来るだけ早い方がベストだと思います。

または入学準備に合わせて渡すのも良いと思います。特に年末から年明け一月中に入学準備をする方は多いので、決して早くはないと思います。

 

参考までに…小学校、中学校、高校で揃えるもの(我が家の一例)

小学校

*学習机

*ランドセル

*入学式用のスーツやワンピース、靴など

*体操服袋、小道具袋、上履き入れ、雑巾

*筆箱、えんぴつ、下敷き、消しゴム、色鉛筆、クレヨン、えんぴつ削り機、ノート

*入学学校指定のもの(算数セット、粘土、粘土板、体操服、上履き、ドリル、傘など)

中学校

*学生服、シャツ、ベルト(男子)、カーディガンやベスト、セーターなど、靴、校庭用のスニーカー、上履き、校内服、体操服

*通学バッグ、サイドバッグ、上履き入れ

*雑巾

*ペンケース、シャーペン、ボールペン、マーカー、消しゴム、ノート

*26〜27インチの自転車

*部活のユニフォームなど必要なもの

高校

*学生服、シャツ、校内用ジャージ、体操服用Tシャツ、校庭履き用スニーカー、上履き用サンダル、柔道着、作業着(工業科だったので)

*教科書、ノート

*通学バッグ

*通学用スニーカー

*定期券

入学時には10万〜15万はかかります。中学になると部活に必要なものがプラスされます。(我が家の場合は卓球ラケット、ユニフォーム、柔道着一式などで2万以上かかりました。)

更に高校になるとプラス入学金、光熱費等の雑費も加わり公立の場合でも準備金がかなりかかります。お金でなく、ご兄弟姉妹と相談して必要なものをプレゼントするのも良いと思います。

まとめ

入学は喜ばしいものですが、準備する親側は経費も大変なのですが、卒園、卒業の準備と平行して入学準備、卒園、卒業式、入学式と続くので、年明けから4月いっぱいはとても慌ただしい時期です。

入学前後には説明会や役員決めの保護者会なども加わりメモしておかないと忘れるくらい忙しくなります。仕事をしている場合には、更に加速します。

入学祝いも大切ですが、出来れば親御さんを労わる食事会などにもぜひ誘ってあげて欲しいなと思います。

4月の終わり頃が一番疲れが出る頃なので、日帰り温泉やスパなどに一緒に行くのも喜ばれると思いますよ!

子供達も一緒に行くと楽しいと思います。子供も入学してひと月はかなり緊張しているので慣れた頃、親同様に4月下旬のゴールデンウィークに入る頃、一気に疲れが出ます。家族や身内と過ごす時間が一番心が落ち着くので、参考にして頂ければ幸いです。

 

【オススメのキャンペーン】

29万9800円相当のマネーロボットのプレゼントキャンペーン

現在お金に困っている方でも、お小遣い稼ぎをされたい方でも、
すべての方に大きな収入を得る事が可能になる、超オススメのキャンペーンです。

そして、それだけではありません。

まず、こういったビジネス動画やキャンペーンでは必ず有料の商品のオファーが存在します。

しかし、このキャンペーンでは一切、有料の塾やスクールなどの販売は行っていません。

つまり、世界最先端のシステムとノウハウを期間限定・完全無料で入手できる超おすすめのキャンペーンなんです♪

→キャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ