【お墓の移設費用】必要な手続き&トラブルは?「墓じまい」という選択肢も!?

7c9832757020abaac713f1981b021bd6_s

【スポンサードリンク】

 

お墓参りを小さいころからしているけれど、引越や結婚などで故郷を遠く離れてしまうと、なかなかそうも行かなくなってくるものです。

若いうちはそれでもあまり気にならなかったり、地元に残っている人たちが管理してくれるだろうという考えもありますがやっぱり大切なご先祖様のお墓。年を重ねるごとに気になりだす方も多いのではないでしょうか?

 

ならば自分の住んでいる近くにお墓を移動させてしまえば良いのでは?

 

と思っても、費用や手続き、知っておかないといけないことがいろいろあるんです。そんなお墓の移動について解説します。

お墓を移動するのに必要な埋蔵証明書

さまざまな答えがあるものの、まず大切なことは「現在お墓があるお寺にきちんと前もって相談する」ということが必要です。

その際にお寺との手切れ金ともとれる「離檀亨(りだんりょう)」が発生する場合があります。

近年、少子化や非婚化が進んでお墓を継ぐ人がいない家庭が増えており、お寺側でも檀家は減っていくばかり。

そのため高額な離檀料を要求してくる可能性もあるのです。

基本的には離檀料は1回の法要で寺に支払うお布施の2~3倍が目安となっており、10~20万円程度だとされてます。

そこで「埋蔵証明書」というものを発行してもらうのですが、発行できるのは墓地・寺・霊園の管理者のみとなっていて、お寺との関係性によってはトラブルになってしまうことがあるんです。

※埋蔵証明書=この人の遺骨はこの墓地に埋葬されていますよという証明書のこと。

「埋蔵証明書」がなければお墓の移動は出来ません。

コミュニケーション不足によるトラブルは多い

お墓を移動することを改葬と言いますが、これはお墓を移動しようとする場合のお寺とのコミュニケーション不足によるトラブルはもちろんのことですが、他の親族への相談なしにお墓の移動の話を進めてしまうなどで後々大きな問題になる場合があります。

まず、親族などで話し合った上で「お墓の移動」をしようと意見がまとまってからお寺に相談に行くというのは基本的な順番になります。

つまり、お墓は「モノ」ではなく故人やご先祖への「考え」や「思い」がつまっているのだということから気軽に処分・移動を誰かの一存で決められるものではないということを覚えておきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

●お寺へのコミュニケーションも時間をかけて

自分の世代ではすっかり疎遠になっているお寺でも、祖父母やそれ以前のお付き合いは長きにわたるものだったりします。

なのでいきなり「お墓を移動したいのでよろしくお願いします」と告げられるとお寺としても「はい、そうですか」とは受け入れがたいものがあるのです。

お寺側としては亡くなった方に対して毎日祈りをささげ、無縁仏になったお墓にもお経を唱えてくれているお寺も多いようです。

後継者がいなくなって檀家料や管理料を支払えなくなった人が多く、寺として苦しくても宗教者の立場としてしっかりと祀っているお寺も少なくありません。

話し合ってお墓の移動を決めた場合には話の段階を踏まえて慎重に進めていきましょう。

 

●法外な離檀料を請求されたら?

例えば100万円支払わなければ、埋蔵証明書は発行できない。などの法外な値段を請求された場合ですが、この場合には支払う必要はありません。

もちろんこのようなトラブルを回避するためにも少し時間をかけて相談するなどは必要ですが、消費生活センターにも離檀料の相談は増えているそうです。一人で悩まずに行政書士などプロに相談しましょう。

いざ、移転を決める

◆必要な支払

・埋蔵(埋葬)証明発行手数料 400~1500円/通

・墓石処分・区画整理費用(お墓は更地に戻してから返還する必要があるため)10万~20万/㎡

・遺骨の取り出し費用  遺体1体につき 4万円前後

・墓石運搬費(使用している墓石をそのまま改葬先でも使用する場合のみ)20~80万円

・御魂抜き料(お布施) 5千円~1万円(行った場合)

・離檀料 5~20万あるいは20~100万円と値段ははっきり決まっていません

 

●1.新しい移転先(墓地)を決めましょう
●2.受け入れ証明書または権利書(永代使用承諾証)をもらいましょう
●3.お骨所在地の役所にて「改葬許可申請書」を受け取る
●4.埋葬先の寺院の住職または霊園管理者の認印をもらいます。
●5.役所に認印をもらった解消許可申請書を受け取ります。

 

◆お墓の移転先でかかる費用

・埋骨費用・・・・・・・・ 1体3万円前後

・開眼供養料(お布施)・・ 3~5万円

・戒名料(お布施)・・・・ 移転先が寺院および一部民営霊園などの場合戒名をつけることを求められることがあります。また、移転先が宗派が違う場合には「改宗」することになるのでおのずと戒名も付け直すことになります。

また、新規でお墓を建立する場合、墓石料・永代供養代・工事費などがかかる上、改葬許可証の発行手数料なども発生してきます。

お布施など料金がはっきりしないものも多く含まれているため、約150~300万程度のお金がトータルでかかると言えるでしょう。

墓じまいという選択も

これまでご紹介してきたのはお墓の移動「改葬」についてでしたが、どうしても後継者がいない、お墓を維持していく自信がないという方たちが自分たちが元気なうちに「お墓問題」を解決しようと「お墓を閉める」ことを「墓じまい・廃墓」と呼びます。

お墓の維持には自分たちだけでなく、子供たちにも受け継いで行けなければなりません。子供たちに負担をかけたくないという思いの方もおられるでしょうし、経済的事情からどうしてもお墓の管理を継続できない場合もあります。

そこで墓じまいを選択するケースが増えているんです。

その場合に気になるのがお骨のことですが、永代供養や散骨・自宅保管などをすることになります。

 

【参考】
【今話題の手元供養とは?】ミニ骨壺・ペンダントで新しいスタイルの供養

 

最近は永代供養が人気で親族などの理解も得やすいという安心感がある他

・一般のお墓を購入するより経済的負担も少ない
・お布施や維持管理費が不要
・身寄りがなくても 永代にわたり供養してもらえる
・宗旨・宗派に関係なく入れる

などのメリットもあるそうです。

まとめ

いかがでしたか?

お墓の移動はお寺さんと丁寧に話をしてから進めなければならないということがまずポイントでした。また、お墓自体を閉めて永代供養に切り替えるという選択もありました。

どちらにしてもさまざまな手続きと費用が必要です。よく家族や親族と話し合ってから円満に決めたいものですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ