【おいしい梅酒の簡単な作り方】賞味期限と健康に良い8つの理由

image2-12

【スポンサードリンク】

 

お酒があまり強くない方でも美味しく飲める梅酒。

青梅が売りだされる6月にはスーパーの店頭に瓶や氷砂糖、梅干し用の赤シソなどがズラッと勢ぞろいしますね!

梅酒は健康にもとても良いと言われています。毎年ではないのですが、私も梅酒はよく作ります。梅干しより簡単に作れるので皆さんも手作りしてみてはいかがでしょうか?

そこで今回はおいしい梅酒の作り方と賞味期限・健康に良い理由をご紹介します!

おいしい梅酒の作り方とポイント

01-1

 

【用意するもの】

*青梅1㎏
*氷砂糖500g〜800g
*ホワイトリカー1.8ℓ
*ふたが密封できる瓶 5ℓ用
*竹串
*タオルや布巾など

 

まずはポイント!

*甘味料は氷砂糖でなくてもハチミツや黒蜜などでもOKです。ポイントは溶けにくいこと。

*甘さは好みで調整して下さい。サイダーなど甘い炭酸ジュースで割る場合には甘さを控えめにしましょう。

*ホワイトリカーでなくても焼酎やウイスキーでも作れますが、アルコール度数が20度未満のもので作ることは酒税法により禁止されています。

その理由ですが、果実酒の場合、水分が出ますのでアルコール度数が低くなり雑菌が増えて腐敗しやすくなるのです。35度以上を目安にしましょう。

*青梅は収穫2日で熟してきます。購入したらすぐに着けましょう。

 

【作り方手順】

①瓶を熱湯で煮沸消毒して(熱湯を少量入れて全体が消毒出来るように傾けて回します。)キレイな布巾などで水気を拭き取り、瓶の口を下にして、日当たりの良い場所で乾燥させます。

②青梅をボウルに入れて流水で洗います。手で優しく丁寧に一つ一つ洗いましょう。

③青梅をザルに上げ、タオルや布巾などで一つ一つ水気を拭き取ります。

④竹串を使って、一つ一つヘタを取ります。(ヘタを取ることで、エグ味がなくなりスッキリ爽やかな味になります。)

⑤青梅と氷砂糖を瓶に入れていきます。
青梅➡️氷砂糖➡️青梅➡️氷砂糖青梅の順に重ねていきましょう。

➅ホワイトリカーを上から注ぎ入れます。

⑦ふたをして密封し、冷暗所で寝かせます。

*着け込む期間ポイント!
半年から一年ですが、一年寝かせた方がと青梅のエキスが浸透してコクと深みが出ます。

*早く作りたい場合のポイント!

*冷凍梅を使いましょう。冷凍された梅は細胞が壊れてエキスが出やすくなっているので、青梅より早く作れます。但し風味は青梅よりは劣るので早く飲む用と一年寝かせる用の両方作るのがオススメです。作り方は青梅と同じ手順です。

 

【スポンサードリンク】

 

梅酒に賞味期限てあるの?

ホワイトリカーはじめ、アルコールには雑菌作用があるため、賞味期限はありません。梅酒は長く寝かせる程、熟成して美味しくなります。

保存のポイントはふたが密封されているか確認して、日光に当たらない場所で寝かせること。これさえ出来ていれば何年でも保存出来ます。

たくさん作って、一つずつ寝かせる期間を変えて飲み比べるのも楽しいですね!

梅酒が健康に良い理由とは?梅酒の8つの効能効果

①便秘解消効果

梅酒に含まれているピクリン酸には胃腸の働きを活発にし、便通を促進してくれる作用があるため便秘予防、解消に効果があります。

【参考】
【生姜ココアの便秘&ダイエット効果は?】効果的な飲み方と作り方を伝授します!

「オリーブオイル」の効果効能【最強の便秘解消メニューは?効果的に飲むタイミングと量は?】

オリゴ糖の効果で「便秘」が治る⁉︎【摂取方法のコツ!種類別の効能をご紹介します】

 

②下痢防止効果

梅には唾液の分泌を促進する作用があります。唾液には雑菌作用があり、口内に入った雑菌による下痢を防ぐ効果があります。

 

③血液サラサラ効果

梅酒に含まれているムメフラールという物質には血流を促進し、更にサラサラにする効果があります。漬け込んだ梅を食べるとより効果的です。

【参考】
「血流」を改善し快適な生活を!【効果的な食べ物とストレッチをご紹介!頭痛やめまいにも◎】

 

④ダイエット効果

梅酒に含まれているクエン酸には脂肪を燃焼させる作用がありダイエットに最適です。但し、糖分を含んでいるため、ダイエット用には糖分控えめな梅酒を作りましょう。

 

⑤疲労回復効果

梅酒に含まれているクエン酸には体内の疲労物質(乳酸)を分解する作用があり疲労回復に効果があります。梅酒に含まれているクエン酸の含有料は梅干しの6倍、レモンの15倍です。

【参考】
再び注目‼︎「レモン塩」の作り方と活用レシピ【効果効能は?酸っぱいから疲労回復に良い⁈】

 

➅腎臓の機能改善・尿酸を防ぐ効果

梅酒にはアルカリ性のミネラルが豊富に含まれています。食物摂取のPHバランスを保つことで、腎臓への負担を減らす作用があり、弱った腎臓を正常化させる効果、尿の酸化を防ぐ効果があります。

【参考】
【カリウムの多い食品・料理・飲み物】腎臓・心臓・むくみへの効能効果&おすすめレシピも大公開!

 

⑦骨を丈夫にする効果・骨粗鬆症予防、改善効果・イライラ予防、解消効果

梅酒にはカルシウムが豊富に含まれているため骨を丈夫にするほか、骨粗鬆症の予防、改善やイライラを予防、解消する効果があります。

 

⑧喘息・気管支炎の改善効果/神経痛改善効果

梅酒をガーゼに染み込ませて湿布すると咳を鎮め、気管の炎症を抑制する効果があります。また、神経痛を緩和させる効果があります。昔から梅酒は薬用として重宝されてきました。

【参考】
喘息のツラい症状を緩和できる⁈【アロマを使った4つの緩和方法|精油・ハーブ種類別の効果効能】

まとめ

梅酒は今や手軽に飲める食前酒として女性からも大人気ですね!

炭酸やミネラルウオーターなどで割って飲むほかにも、お肉の煮込み料理の味付けにも使えるのでとても便利なんですよ!

臭み抜きにもなりますし、酸味は煮込むとコクに変わり、梅のさっぱり感がお肉の油っぽさを抑えてくれるので、とてもおいしく食べやすい味に仕上がります。良かったら参考にしてみて下さいね!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ