フレンチトーストの簡単な作り方【時短レシピをご紹介♪】

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

【スポンサードリンク】

 

前日の夜、片づけ終わってから仕込んで置いたら、朝は焼くだけで食べられます。

準備する物は、バケット、卵、牛乳、砂糖、ジップロック(厚手の密封保存袋)

食パンでもできますが、ここではバケットでの作り方にします。

たまご1個、牛乳150~200cc、砂糖が大さじ3~4が基本です。
バケットが漬かりきらない時は量を増やしてください。

ジップロックの中に卵、牛乳、砂糖を混ぜたアパレイユを入れ、
1~2cm厚さに切ったバケットを重ならないように入れて、
口をしっかり閉じて冷蔵庫の中に保存してください。

翌朝、フライパンにバター、またはマーガリンを入れて漬けたフレンチトーストを入れたら
ちょっと火を弱めて軽く焼き目がついたら裏返して弱火にして蓋をして約7分焼きます。

好みでグラニュー糖などの細かい砂糖、またはケーキシロップやメープルシロップをかけて
果物と一緒に皿に入れて出したら、おしゃれな朝食になります。

休日のブランチだと余裕があるからお勧めします。

もっと簡単にとか手をかけたくない場合は食パンで漬けて、焼くときは、
マグカップに入れてレンジで加熱する方法もあります。

これなら、朝のばたばたした時間でも簡単にできます。

朝食で果物を食べると朝の活力が上がるだけでなくビタミンも取れていいのですが
いちいち剥く時間がない、とおっしゃる方、
前日に皮を剥くなど下準備をしてハチミツとレモン汁に漬けたら翌朝、サッと出せます。

朝の時間に、1品でもすぐ出せる食べ物があると、それだけで余裕に感じます。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ