オリゴ糖の効果で「便秘」が治る⁉︎【摂取方法のコツ!種類別の効能をご紹介します】

b5e903b319b4c7bae3ae2c5ea8b00012-e1418263823163

【スポンサードリンク】

おなかに良いと言われているオリゴ糖ですが、そんなオリゴ糖にはもっといろいろな効果や効能があるってご存知でしたか?

また、摂取方法によっては効果がいまひとつ感じられないという方もいたりして、オリゴ糖を買ってはみたけれど冷蔵庫に眠っている…なんてことはありませんか?

効果的に摂取するととても身体に嬉しいオリゴ糖についてまとめてみました。

オリゴ糖の種類と効能について

オリゴ糖にはたくさんの種類があるんです。

・フラクトオリゴ糖

ゴボウや玉ねぎなどの野菜、バナナやニンニクにも含まれている糖。くせはなくてまろやかな甘さが特徴です。

腸内環境を整えるほか、ミネラルの吸収も促進、骨密度の低下を抑制すると言われています。

・キシロオリゴ糖

消化性がなく、低カロリーで虫歯の原因になりにくいオリゴ糖です。ビフィズス菌の増殖作用も高く、整腸作用が強い。

・大豆オリゴ糖

大豆に含まれているオリゴ糖の総称。

腸内のビフィズス菌を増加促進させて整腸作用によって便通の改善や免疫力のアップさせる効果があるとされています。

・ガラクトオリゴ糖

母乳に含まれているオリゴ糖でさわやかな甘み。

腸内のビフィズス菌の増殖の促進、たんぱく質の消化吸収を助ける効果があります。

・イソマルトオリゴ糖

熱や酸にとても強く、虫歯になりにくいという特徴があります。

ビフィズス菌や乳酸菌などを活性化させて、腸内環境を良好に保ってくれます。

・乳果オリゴ糖

天然のサトウキビのしょ糖と牛乳の乳糖を原料として、酵素反応させて作られます。

お砂糖に近い甘さで甘味も強いです。しかし虫歯の原因にはなりません。

・ラフィノース(甜菜・ビートオリゴ)

キャベツやアスパラガスなどに含まれている天然オリゴ糖です。

砂糖大根から精製されます。

酸や熱に強いので煮込み料理などに使用できます。

免疫力のアップやアトピー性皮膚炎の改善、肝機能改善などにも効果が期待できると言われています。

などそのほかにもまだオリゴ糖の種類はあると言われています。

 

【スポンサードリンク】

 

オリゴ糖の効果について

いろいろ種類はあるものの、共通して言えることはオリゴ糖は特別な健康食品ではなく自然界に普通に存在する糖質の一種であるということです。

主な効果としても共通していて、

低カロリーで、腸内細菌のバランスを整えて腸内環境を良くしてくれるということですが、おおまかに二つのタイプに分けられます

・小腸で吸収される消化性のオリゴ糖

便秘解消や善玉菌が増殖することによる整腸効果があると言われています。

・胃や小腸では消化されず、大腸まで到達する難消化性のオリゴ糖

砂糖に比べて低カロリー。血糖値の上昇を抑えてくれる効果があると言われています。

◎なぜお腹に良いのか?

腸内の環境を良くしてくれる善玉菌の代表選手であるビフィズス菌のエサになるのがオリゴ糖だからなんです。

お砂糖の代用品としても使用されています

フラクトオリゴ糖や乳果オリゴ糖、パラチノースなどは甘味があるのに虫歯菌の栄養素にはならないので、砂糖の代用品として使用すると虫歯を避けることが出来ます。

成分表示を見てみると、市販されているお菓子類にもこれらのオリゴ糖が使用されていますよね。

どのくらい摂取するのが良いのか?

オリゴ糖には液体・シロップ・粉末状などいろいろなタイプのものが売られています。

目安としては1日あたり2~10グラムです。だいたいスプーン1杯程度ですね。

それでも最初は身体が慣れなくてお腹がゆるくなる方もいます。

しかしその場合も1~2日で落ち着いてきます。

その後も気になる場合には1日の量を何回かに分けて摂取してみましょう

取り方にもコツがある?

オリゴ糖で効率よく腸内環境を整えて健康効果を発揮させるには実は少々コツがあります。

・何種類かのオリゴ糖を買ってみましょう。

オリゴ糖は前記したように種類がいくつかあります。

それは腸内での働き方がそれぞれ違うということでもあり、一つのオリゴ糖が必ずしもあなたの腸内環境の改善にヒットするとは限らないということからなんです。

毎日ヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べているのに効果がない!という方は使用しているオリゴ糖の種類を変えてみることでグンと効果が上がったりするものなんです。

液体・粉末など形状のタイプを変えてみたりするのもおすすめです。

液体タイプのフラクトオリゴ糖を煮物などに使用したり、乳果オリゴ糖をコーヒーのお砂糖がわりやお菓子作りなどに使うといった感じで、量は少量づつ種類をいくつか違うものを摂取するんです。

・一度にたくさん食べないで、毎日続けることが大事です。

オリゴ糖を食べ始めても、すぐに効果がわかるものではありませんが一度にたくさん食べると人によっては下痢を起こす場合があります。

また、適量でもお腹がグルグル動き出したりおならが増える場合もあります。

心配になる方もいるようですが、それは腸内でビフィズス菌が活性化しだした証拠。

1日の摂取量を小分けに時間をずらして摂り、少なくとも1ヵ月は続けてみると腸内環境が整っていくと言われています。

使い分けやお料理に取り入れるのが面倒という人にはサプリもあります

スーパーなどでいろいろなオリゴ糖を買い込んで日々の料理や飲み物に入れるのは忙しいしちょっと自分にはできそうにない…

という方には、あらかじめいくつかのオリゴ糖が配合されたサプリメントをセレクトするというのも一つの手です。

まとめ

いかがでしたか?

オリゴ糖ってたくさんの種類がありましたね。そしてそれぞれ腸内での相性があったり、どれか単体では効果が出にくいということもおわかりいただけましたでしょうか?

しかし、それらをうまく組み合わせたサプリメントも売られているので、ぜひオリゴ糖で腸内環境を整えて免疫力アップさせてスッキリ快調な毎日を送りたいものですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ