【お歳暮の時期】いつからいつまで?関東と関西の違いは?相場・品選び・喪中の場合は?

d6569052535d2f5e419b25adf9c01749_s

【スポンサードリンク】

 

お世話になった方へ一年間の感謝の気持ちを込めて、年末のご挨拶として贈る贈り物が「お歳暮」です。

いざ贈るとなるといつぐらいに贈ればいいのか、また相場はいくらほどかなど悩むことも多いと思います。また、お世話になっている方が喪中の場合、お歳暮はどうするべきかも悩みますね。

ここではお相手様に失礼のないようにお歳暮を贈るための「お歳暮についての知識とマナー」をご紹介します。

お歳暮を贈る時期は?

お世話になった方への感謝のご挨拶としての贈り物であるお歳暮は本来風呂敷に包んで持参し、ご挨拶と共に手渡しするのがマナーとされています。紙袋に入れて持参する場合は、紙袋からお品物を取り出し、お相手様が熨斗を読める向き(正面になるよう)にして手渡しをします。

近年では配送にてお歳暮を贈ることが多くなりましたが、配送する場合も失礼のないよう以下にご紹介するマナーを守りたいものです。

贈る時期ですが、正式には「事始めの日」と言って新年を迎える準備を始める12月13日から12月20日までに贈るものとされています。

ただし、現在では地方の違いもありますが11月末頃から12月20日ころまでに贈られる方が多いようです。

地域による違いとしては、

関東は他地域に比べ早めの12月初旬より贈る方も多く、その他の地域では12月13日から12月20日までに贈られるのが一般的です。

20日を過ぎると年の瀬もいよいよ近づき、どなたもお忙しくされているので、そのような時期にお歳暮をお届けするのは避けましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

マナーとして

お歳暮を手渡ししない場合には送り状を送ります。

親しい間柄の方への贈り物の場合は、送り状に代えてカードをお品物につけて贈るのも良いでしょう。

送り状を送る場合は品物が届くよりも先に到着するようにします。

一年の感謝を伝える気持ちのこもった文面と共にお歳暮をお送りいたしましたという内容をハッキリと明記し、お相手にお知らせするために送ります。

お歳暮の相場はどのくらい?

お歳暮の相場っていくらぐらい?
と疑問に思っても、なかなか人に聞きにくいものですね。

 

お相手様との関係やお世話になった度合いによっても変わってきますが、一般的には3,000円から5,000円程度です。

特にお世話になった方や上司やお取引先などには5,000円~10,000円と少し相場も高くなります。

お歳暮には熨斗(のし)をつけます。

熨斗とは進物や贈答品に添える飾りのことで、正式な作法では包装紙の上に熨斗をかける「外のし」と言われています。持参して手渡しをする際は外のしで、お歳暮を配送して贈る場合は熨斗をかけてから包装紙で包む「内のし」とする場合が多いようです。

お歳暮の品選びにおいて注意することは?

お歳暮を選ぶ際には、差し上げる方の家族構成を考えるようにします。

家族構成によって例えば、お子さまも喜んでいただけるものを選んだり、少人数のお宅にはあまり量の多いものはよくありません。お相手の好みがわかっている際はその嗜好にあったものを、わからない場合はどのご家庭でも使っていただける調味料や消耗品などを選ぶのも良いでしょう。

注意したいのは、近年では健康志向の方が増え調味料や食品に対して無農薬やオーガニック(有機栽培食品)など、こだわりを強く持たれている方もいらっしゃいます。そのようなことを知っているお相手には失礼のないような品物選びが必要となります。

このような健康に留意したギフトは近年大変人気が高まっています。

贈るに相応しくないものとして、ハサミなどの刃物(縁を切る意味合い)や上司など目上の方には商品券や肌着類を贈ることは失礼にあたるので避けましょう。

お相手の方が喪中の場合はどうしたら?

お相手の方が喪中の場合であっても注意すべき点を守れば、お歳暮を贈ることができます。

そもそもお歳暮は「お祝い」として贈られるものではなく、日頃の感謝の気持ちをお伝えする贈り物であるからです。

 

注意すべき点として、お歳暮を贈る時期と熨斗の使い方に配慮が必要です。

時期としては、四十九日の忌明けがまだ過ぎていないうちにお歳暮を贈るのは控えます。ご家族を亡くし悲しみの気持ちがまだ落ち着かないご遺族の心情を察して配慮をしましょう。

忌明けがお歳暮の時期を過ぎてしまう場合は、松の内が過ぎてから「寒中御見舞い」として贈ります。

松の内とは門松などのお正月飾りを飾っておく期間のことです。松の内は地域で違いがあり、関東では1月7日まで、関西では1月15日までとなっています。この松の内の期間に贈り物をするのは新年のご挨拶(慶事)の意味を持つので、喪中の際はこの期間の贈り物は避けます。

また、お歳暮につける熨斗は紅白の水引を使うのが一般的ですが、紅白や水引は慶事の意味を持つので喪中の方へのお歳暮には使いません。真っ白な紙か短冊に「御歳暮」と記して贈るようにします。

また、これまで故人の方にお世話になっており、その方宛てに贈っていたとしてもその故人の方宛てに贈り物をしてはいけません。お亡くなりになった方宛ての贈り物は悲しみが増幅してしまうので、ご遺族の心情を察して注意するようにします。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ