おせち料理の意味や由来は?【食材の一つ一つに込められた願いと意味】

dbfb66569ad8a9b23cce738850539326_s

【スポンサードリンク】

「おせち料理に使われる食材・その意味・由来・いわれ」

おせち料理の始まりは弥生時代からといわれています。当時は季節ごとに採れる作物を神様にお供えするという風習がありました。

自然からの恵みに感謝し、神様に供えた作物のことをお節句(おせちく)といいます。お供えした作物を料理したものを節句料理(せちくりょうり)といいます。これを略してお節料理と呼ばれるようになりました。

お節句(おせちく)の言葉の由来は、古来中国の風習であった、その年の節目ごとに行われるお節句(おせちく)の宴からきているといわれています。

日本では江戸時代より一般的にお節句が広まりました。お節句はお正月の他に五節句があり、その一つ一つの行事に意味と願いがありますが、その年の初めである元旦の宴には無病息災、繁栄など念頭に相応しい願いが込められています。

また、お節料理や使われる食材の一つ一つにも、意味があり、願いが込められていますのでご紹介したいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

♣口取り

*紅白蒲鉾

古来より神様への貢ぎ物として赤米、白米が供えられました。赤は魔除け、白は清浄、浄化を意味しています。また、水引きからも由来しており、紅白はお祝いやおめでたいことの象徴の色とされています。蒲鉾の形が初日の出を思わせることも由来とされています。

*伊達巻

お洒落好きで羽振りの良かった伊達政宗にちなんで、伊達という言葉は鮮やか、艶やか、という意味に使われます。また、長崎のカステラ蒲鉾が伊達男達の着ていた着物の柄に似ていることから伊達巻と呼ばれるようになったとの説もあります。その他にも昔は大事な書物や絵を巻物にしていたことから、文学、文化を象徴する縁起物とされてきました。

*錦卵

二色を錦と語呂合わせし、金と銀として「錦の織り成す艶やかさ」を意味します。祝いの善を華やかに彩る料理です。

*栗きんとん

きんとんは本来、「金団」と書きます。財宝を表し、一年豊かに過ごせますようにとの願いが込められています。また、きんとんに使われるさつまいもも水あめと合わせると黄金色に輝くことから縁起が良いとされています。

♣祝肴

*黒豆

まめに働く、まめに暮らすという意味がポピュラーですが、豆は元来から健康、丈夫を意味する言葉であることから無病息災を願うという意味もあります。また、黒は道教では魔除けの色とされていることから、邪気を払うともいわれています。

*おたふく豆

おたふくはお多福と書きます。文字通り福を招く縁起物としてお祝いの善によく使用されます。おたふくまめの名前の由来はおたふくのようにふっくらとしていることから名づけられました。また、おたふくはニコニコと笑っていることから、「笑う門には福来る」に因んでいるともいわれています。

*昆布巻き

昆布はこぶと読み、喜ぶから由来しています。また、昆布はひろめ、えびすなとも呼ばれ、「末広がり」を意味し、縁起が良いとされています。他にも、昆布を子生という字に当て、「子孫繁栄を願う」を表したり、昆布巻きは、巻物に似た形をしていることから、学問や文化を象徴するという意味もあります。

*田作り

いわしは肥料として撒くと豊作になったことから、「五穀豊穣」を祈願するを意味しています。また、いわしが田んぼを作ることから田作りと名づけられました。別名ごまめとも呼ばれ五万米を意味し、田作り同様に豊作を祈願する食べ物とされています。また、小さくても尾頭付きであることから、「天下を取る」という意味も含まれています。

*数の子

にしんからたくさんの子が生まれることから、「子孫繁栄」、「子宝」を祈願するといういわれがあります。

*たたき牛蒡

ごぼうは大地にしっかりと根を張ることから、家族や家業が土地に根を下ろし「安泰」であるようにとの願いが込められています。別名開きごぼうとも呼ばれ運を切り開くという意味もあります。また、たたきごぼうは、鶴や鳳凰など瑞鳥と呼ばれる縁起の良い鳥を表し作られたものでもあります。

*小肌栗漬け

小肌は成魚するとコノシロになります。出世魚で縁起が良いとされています。また、小肌の上に飾られる栗はクチナシで黄色く染めたものを使い、「五穀豊穣を願う」といういわれがあります。

*イクラ

たくさんの卵が集まっていることから、「子孫繁栄」を意味します。また、おめでたい紅色であることからお祝いに相応しいとされています。カボスなどをくり抜いて中に入れて彩りよく飾られます。いかそうめんの上に乗せて紅白に見立てるご家庭もあります。

♣焼き物

*鯛

鯛はお祝いやおめでたい席には欠かせない魚です。「めでたい」という語呂合わせが由来です。

*鰤(ぶり)

鰤は出世魚であることから出世を願うという意味が込められています。

*海老

海老は曲がっていることから、腰が曲がるまで元気に過ごせますようにとの願いが込められています。また、海老は晴れやかな朱色になることから先々が明るいとの意味があります。

*鰻

うなぎ登りにあやかり、出世を願うという意味が込められています。鰻がおせち料理に使われるようになったのは近年になってからです。

*鰆(さわら)

鰤の代用として用いられることが多い魚です。鰤の成長過程の魚であり、鰤同様に出世魚として縁起物であるとされています。また、鰤は照り焼きに、鰆は西京焼きにと味を変えて両方盛り付けられる場合もあります。この場合、親子仲良くという意味が込められています。

♣酢の物

*紅白なます

水引を表しており、平安、平和への願いが込められています。

*菊花かぶ

縁起が良いとされる菊に型どり、紅白に染められることから、長寿を願うという意味が込められています。

*酢蓮

蓮根(蓮)は仏教に於いては、浄土の池にあるとされており汚れのないものといわれています。悪しきものに染まることなく清浄であれとの願いが込められています。また、蓮根にはたくさんの穴があり、除くと先が見えることから、見通しが良い、将来性があるという意味も持っています。

*ちょろぎ

長老木、長老喜、千代老木など縁起の良い漢字が当てられ、長寿を願うという意味が込められています。

♣煮しめ

*梅花人参

縁起が良いとされる松竹梅の梅を表しています。昔から、お節料理には京人参が使われます。

*くわい

大きな芽が一本でることから「めでたい」を表したいます。また、出世を祈願する、破魔矢の矢羽根に見立てて縁起を担ぐとういわれもあります。他にも旧字では「か」を「くわ」と表していたため、くわいはかいとも呼ばれ、「快」に当てて一年快く過ごせますようにという願いが込められていました。

*里芋

親芋にたくさんの子芋がついて育つことから「子宝」を意味します。また、親芋のように頭(かしら)になることを願うといういわれもあります。

*陣笠椎茸

傘の開いた椎茸を陣笠椎茸と呼びます。武士の時代からの名残といわれています。

*筍

筍は成長が早く天に向かって真っ直ぐに育つため、立身出世、繁栄を祈願するいう意味があります。また、子供がすくすくと育ちますようにとの願いが込められています。

*手綱こんにゃく

薄く切ったこんにゃくの真ん中に切り目を入れて裏返し、手綱に見立てたもので、武士の時代からの名残といわれています。

*楯豆腐

豆腐に焼き目をつける焼き豆腐のことです。焼き目を楯に見立てており、武士の時代からの名残といわれています。現在ではあまり見かけなくなり、形の崩れない高野豆腐が使われることが多くなりました。

*昆布。ゴボウ、蓮根は昆布巻き、たたきごぼう、酢蓮と同じです。

♣金柑

金冠を意味し、縁起が良いとされています。

♣するめ

寿留女と書きます。寿は幸せ、祝い事を表す漢字です。また、恵比寿様を祀る際にするめ、鮭、昆布が供えられたことから、福を招くとして縁起が良いとされています。新巻鮭が正月に出されるのもこれに由来しています。

♣まぐろ、いか、鯛、鰤、鰆の刺身など

おめでたい紅白でお祝いを意味します。

♣餅

餅は古来、神様にお供えする神聖な食べ物とされ、お祭りやお祝い事などには欠かせない食べ物でした。また、粘りがあることから、根性がつく、粘り強くなるとの意味も含まれています。

「まとめ」

おせち料理は、おめでたい、縁起物であると同時に、三が日は水や刃物を使ってはならないという風習があり、日持ちする料理を大晦日に作り元旦から三日までは、包丁を使わない、水を使わないために作られました。

また、普段、休みなく炊事をする主婦に三が日位はゆっくり出来るようにとの心配りの意味もあるとされています。

近年ではお節料理も多様化され、ローストビーフやミートローフ、チキンロール、お刺身はカルパッチョ、海老はカクテルサラダになど、洋風のおせち料理を作る家庭も増えました。

また、手作りではなく通販や宅配などを利用しておせちセットを頼む方も増えました。ですが、本来のお節料理の意味や由来などは知っておくのも良いかなと思います。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ