冷え性対策で体調改善!【足だけじゃなくお尻も冷えてる?腰痛や不妊の原因にも⁈対策方法をご紹介】

f36cd7eeb3dbf1474f0fe8c94a8c2b32_s

【スポンサードリンク】

冷えと言うと、手足の冷えを思い浮かべる方が多いですよね?

でもちょっとお尻を手の甲で触れてみて下さい。

案外冷たく冷えていることに驚いたあなたは要注意!
もうそれは冷えのサインなんです。

お尻なんて脂肪なんだし冷えているのは普通でしょう?
と放っておくといろいろな不調の原因となってしまいます。

そんなお尻の冷えはなぜ良くないのか?

そしてどうやって改善すれば良いのかについてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

現代女性はお尻が冷え冷え。しかも固く大きくなってきている?!

お尻がこって固くなると足から心臓へと戻っていく老廃物も滞りがちです。

腰痛の原因にもなるんですよ。

それによってさらにおしりの冷えが悪化していくだけでなく、女性にはホルモンのリズムがあるためいろいろな不調が起こりやすくなるんですね。

・それは不妊の原因にもつながってくる

お尻の冷えは子宮の冷えとも言われ、
厳密には骨盤の中が冷えているという状態のことです。

子宮や卵巣を守っている骨盤まわりに付いている脂肪であるお尻が冷えるということは、骨盤の中にある婦人科系の不調につながり、生理痛の悪化や排卵障害などにつながり結果として不妊の原因にもなりやすいんです。

※関連ブログ
 ・不妊治療と私 はこちらをご覧ください。
  ・奇跡の妊娠 はこちらをご覧ください。
 

・同じ姿勢を長時間している。

動かなかったりいつも同じ姿勢ばかりしがちという方は要注意です。

身体全体の血流が悪くなってしまっていますから、脂肪のもともと多い部分であるお尻はその冷えから守りたくてさらに脂肪がついて大きく育ってしまいます。

ついた脂肪は時間が経つとセルライトへと変わってしまうため、お尻のラインも崩れて来るんです。

デスクワーク、立ち仕事に限らず同じ姿勢ばかりを続けていないか気を付けましょう。

そうでないと、中に流れている血液やリンパの流れも滞るため、ダイエットしてもなかなかサイズダウンしないというスパイラルに陥りやすいんです。

※あれ?!食べ過ぎてもいないのに、最近おしりが大きくなったかも!?
という方は血流不良を増長する生活を送っていないか見直しましょう。

お尻が冷えていて良い事なんて何もない!対策法について

冷えは放置しない。

が鉄則です。そのための対策法をいくつかご紹介しましょう。

運動編

・歩こう!

 ウォーキングは自然に骨盤が良く動き、血行促進の効果がある一番手軽にできる運動です。

 毎日はなかなか…という方でも週に数回は行えるとよいですね。

 また、何も長時間、長距離を歩かなくても日ごろの立つ・座る・歩くを意識して行うだけでもかなり変わってきま す。

・スクワット

ウォーキングの時間が取れないという方でもスクワットをするととても効率よく下半身の筋肉を鍛えることが出来ます。

お尻が冷えやすい方は脂肪が多くて筋肉が少ない状態になっているので、運動で筋肉を付けることによって冷えは解消の方向に向かいますよ。

・お尻のマッサージ

立ったままの姿勢でお尻を直接つかんでは離すという動きを繰り返します。

素手で出来る方が良いので入浴のついでにやっておきましょう。

お尻がポカポカとあたたまるのがわかるはずです。

・お尻歩き

座ったままの姿勢でお尻を交互に動かして前に進む運動です。

骨盤矯正効果やインナーマッスルが鍛えられる、腰痛の緩和などお尻を温かくするだけではなくたくさんの効果がある運動。

しかも簡単ですよね。

やる目安としては制限はないのですが、前に10歩後ろに10歩を1セットとして3セット行ってみることから始めてみましょう。続けやすい回数が良いですね。

※行うときは背筋が曲がってしまわないように注意しましょう。

たくさん行って減量に成功できたという方も多くいます。

・青竹ふみやゴルフボールで足裏コロコロ

ダイレクトにお尻を揉むこともよいのですが、足裏を刺激することもお尻から足全体の血流を良くするので効果的です。

普通に足裏マッサージも良いですね。

・アキレス腱伸ばし

ごく普通のストレッチの一つなのですが、片足を前に出して出した方の膝を曲げるというやり方です。

運動前などにみなさん行ったことがあるかと思います。

この時、もう一方の足のアキレス腱を伸ばすことよりはおへそを前方の下側に落とすようなつもりで行いましょう。

そけい部を意識して股関節も伸ばすような感じです。前に出した足の膝は90度くらいまでになると多少「痛気持ち良い」感覚がでるかと思います。無理はしないで10秒ほどキープ。

それを3セットほど行いましょう。

これによってお尻の筋肉に働きかけるので冷えが取れていきます。

生活習慣編

・やや熱めのお風呂で半身浴をする。

 41℃程度のお風呂に10分は入ること。そしてこれを続けて習慣にしていくことが大切なんです。

 どうしてもできない時には足湯でもやらないよりは良いでしょう。

 さらに血行促進効果を増加させるためには炭酸ガスの入浴剤を使用するとなお良いですね。

・カイロを貼る

お腹(下腹部)や腰にカイロを貼ってみましょう。

※カイロは熱くなりすぎないように貼り方に気を付けて貼りましょう。

・湯たんぽを使ってみる

寝るときに足先が冷たいことが原因でなかなか寝付けないという方は、触ってみるとお尻も冷えているようです。

お布団の中足元に湯たんぽを入れて下半身を温めて眠りにつきましょう。

・身体の中からも温めよう

紅茶に生姜を入れて飲んだり、冷たいものを食べ過ぎないようにしましょう。

・服装にも工夫する。

ミニスカートやホットパンツ、腰やウエストが見えるローライズのジーンズなど短かすぎたりお尻に近いところを冷やす服装には気を付けましょう。極端に締め付ける細すぎるジーンズなども血行が悪くなるので冷えやすいです。

まとめ

いかがでしたか?

お尻の冷えはあまり気にしていなかったという方も多いようですが、本当はもっと気にした方が良いということをおわかりいただけたと思います。

日ごろのちょっとした工夫や生活習慣、
すきま時間にできるような運動で改善されます。

しかし、冷えを放置しすぎて脂肪がたまりすぎていたりすると改善されるにも時間がかかってしまいます。

毎日継続して行って、健康なスタイルを目指しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ