「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の違いは?使い分け方を身につけよう!

cf64d41007a9e00b5e2bcf81d906fb6f_s

【スポンサードリンク】

 

会社やバイト、家庭内や友達との間でも良くかわされる相手をねぎらう言葉。

言われて疲れがとれたり気分が軽くなることだけでなく、普通の挨拶よりも言いやすかったりして毎日なにげなく使っているそんな言葉には実はマナーがあるってご存知でしたか?

中でも代表的な「お疲れ様です」「ご苦労様です」ってちょっと混同しそうになりませんか?

そんな二つの言葉について解説したいと思います。

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」ってどう違うの?

まずは、各研修会社やビジネマナー講習などで教えられていることなどを元に説明しましょう。

 

ご苦労様です

目上から目下へ使う言葉です。新人社員などは特に使わないように注意しましょう。

ご苦労様というのは「えらいぞ、よく頑張ったな。」と上から下へ威圧的なニュアンスが実は隠されていることから上司や年配の方に使うと失礼にあたると言われているんです。

昔、お殿様が家来に「ご苦労であった」と言ったことが由来だとも言われていますが所説あり、時代劇などで耳にした方も多いかもしれませんが、はっきりとはわかっていないようです。(昔、偉いひとが下の者に使う言葉は「大儀であった」が正しいと言われていて多く使われていたようです)

また、「奉仕」の意味も入っているので自分に対して直接的もしくは間接的に益をもたらしてくれた労働や作業などに従事した人を労うときに用いられます。

感謝の気持ちを伝えるための「ありがとう」のかわりに使うという感じだととらえると良いでしょう。

たとえば宅急便などを運んできてくれた人にその労働に感謝を込めて「ご苦労様です。」という感じでつかいます。

ですから、ビジネスシーンでは特に目上には用いないことがマナーです。

 

お疲れ様です

目下から目上に使う言葉です。というよりも、そもそもこの言葉には上下関係がありません。

地位や身分、性別を意識しないで使って大丈夫とされています。

部下から上司へはもちろんのこと、同僚同士でのあいさつにも。

「お疲れ様です」を選択しておけば無難なのではないかと言われていますね。

※これらは「秘書検定」の設問にも良くあるようです。

 

【スポンサードリンク】

 

むやみにお疲れ様を連発してませんか?

「ご苦労様です」には気を付けなければならないことがわかりましたが、では「お疲れ様です」は万能なのか?というとそうではありません。

この「お疲れ様です」を朝から言われたり、午前中のうちに外まわりから帰ってきた状態などで言われると

「まだ疲れる時間でもないのになんか、機械的に言ってない?」と感じる人もいるというのです。

若い世代にはとてもスタンダードな「お疲れ様」ですし、もちろん素直な気持ちで労っている人がほとんどだとは思うのですが、50~60代以降では「なんか違うぞ」と感じている方も多いご様子。

中高年と言われている世代には「お疲れ様」も「ご苦労様」も本来、目上から目下へかけるねぎらいの言葉だという風に教えられてきたという方が少なくないからなんです。

逆に目上の方にこの挨拶を発したあとでなんとなく違和感を感じたという人も多いんです。

朝には「おはようございます」や先に帰宅する際には「お先に失礼します」などの普通の挨拶をすっ飛ばして社内で誰かにあうたびに「お疲れ様です」を連発してしまっていませんか?

朝一番は特にまだ…働き始める前ですし疲れていないよ!と思うかもしれませんよね。

ちょっと確認してみる必要がありそうですね。

若い世代は「ご苦労様です」にも気を付けましょう

まだ会社に入ったばかりの人や20代などの若い人はほとんどが目上の人になるはず。

先に上げたようなマナー講習などで覚えた「お疲れ様です」は約7割の社会人に定着している挨拶となっていて、すっかり浸透しています。

なので初めて発した時に社会人になれた感が満喫できる言葉でもあるのですが、

ついつい使い勝手の良い「お疲れ様です」ですが、目上の人に失礼のない場面かどうかを見直す必要があるかもしれないという意見もあるんです。

「ご苦労様です」も「お疲れ様です」もどちらも目上の人が使うのが伝統的なのだという考えの年配者が実は多いらしいんです。

とくに神経質になる必要はありませんが「マナー研修がすべて正解とは限らない」という部分かもしれませんね。

 

●挨拶を大切にしましょう

例えば目上の方よりも先に帰るという場面などで「お疲れさまでした」とだけ告げて去っていのはちょっと違う気がしませんか?

とりあえずは「お先に失礼いたします」の一言が先に出るのが自然ですよね?

これは相手との人間関係やコミュニケーションを大切に考えると自然にできるようになるものなのですが、仕事に不慣れだったり若いうちというのは緊張や経験不足から悪気がなくても言葉足らずになったりすることが多いので、相手に誤解を与えやすいんですよね。

しかし、失礼になってはいけないとマナーにこだわるあまり、心の入っていないカタチばかりの挨拶をしまくるのもかえって嫌な印象を与えることもあります。

たとえ拙くても不器用でも良いので機械的にお疲れ様を多用せずに基本的な挨拶を大切にしましょう。

ありがとうは魔法の言葉です

上司や目上の人に限らず誰もが言われて嬉しい言葉は何でしょうか?

それは「ありがとう」です。

相手を労うことはもちろん、なにか教えてもらったりした時も「ありがとうございます」と感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

この言葉は普段の挨拶に加えて、言いそびれのないように心がけるだけでいろいろなことが円滑に回りだすはずです。

まとめ

いかがでしたか?

ほとんどの方が「ご苦労様です」を上下関係なくねぎらいの言葉として使って良いという教育を受けた方が多い影響から、とても定着している言葉だとは言うものの年配の方にとっては両方とも「上から目線」に聞こえてしまう言葉という場合も多いということがおわかりいただけましたか?

また時代と共にいろいろな常識は変わっていくものかもしれませんが、ビジネスシーンでも生活の中でも人間らしい気持ちや感謝を伝えることを忘れないということが一番のマナーなのかもしれません。

【参考】
「お久しぶりです」と「ご無沙汰しています」の 違いは?使い分け方を身につけよう!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ