ペットボトルのお茶は危険?【コーラやジュースについても検証してみました】

19312320ae4a71197d48caccaeccc959_s

【スポンサードリンク】

 

お茶を急須で入れて飲んでいますか?茶殻が面倒だったり急須を洗う手間などが煩わしくて、ペットボトルのお茶が定番という方も少なくないですよね?

ペットボトルの飲料でも、お茶なら糖分もないしカテキンやポリフェノールも豊富だから健康的だしダイエットにも良いでしょ?と思っていませんか?

そんなペットボトルのお茶について最近危険だという声が多く上がっています。

コーラやジュースに関してはどうなのか?

危険だというのはどの程度のことなのか、間違いはないのか?についてまとめてみました。

 

【スポンサードリンク】

 

ペットボトルのお茶が危険?!を検証

ネットなどでしきりにペットボトルのお茶が危険だと言われています。

 

その理由として

・農薬

ペットボトルに使用されている茶葉はほとんどが中国産であることから、「中国産といえば農薬」とも言われているほど大量の農薬が使われているだけではなく、粗悪な作業環境からのゴミや異物混入などが懸念されるというものですが…

これに関しては大手の飲料メーカーのほとんどが国産を使用しているということから、言われているほどの危険性はないようなんです。原材料は下記のとおりです。

・伊藤園「お~いお茶」・・・・・緑茶(日本)・ビタミンC
・サントリー「伊右衛門」・・・・緑茶(国産)・ビタミンC
・キリン「生茶」・・・・・・・・緑茶(国産)・生茶抽出物(国産)・ビタミンC
・「綾鷹」・・・・・・・・・・・緑茶(国産)・ビタミンC

中でも伊藤園の「お~いお茶」に関していえば茶所として知られているところはもちろんのこと、和歌山県の茶葉を使用していて表記も「無香料・無調味・国産茶葉100%」となっていますからお茶の緑色に着色していたり、味の素(グルタミン酸)などで味を付けたりもしていないということがハッキリとしています。

しかし、あまり知られていないメーカーなどの極端に安価なお茶や業務用などで用意されているお茶に関しては生産国や異物処理などに関してハッキリしたことはわかっていません。

 

・添加物

ビタミンCが添加されているのですが、お茶の添加物として使用されているのはアスコルビン酸という酸化防止のための化学物質です。

この合成ビタミンCはがん細胞をつくる原因になるとわれている活性酸素を大量に発生させてしまうと言われているんです。

このアスコルビン酸、ペットボトル500ml中100mgとかなりの量が入っているためビタミンCの大量摂取になってしまうので肝臓に負担がかかってしまいます。

ということなんですが…

天然ビタミンCも合成ビタミンCもじつは同じビタミンCであることや、アスコルビン酸という名称は天然ビタミンCも同じくアスコルビン酸と呼ばれているそうです。

もちろん過剰摂取はよくありませんが、ビタミンCから大量の活性酸素が発生するということもないそうです。

また、ビタミンCは摂取量の多くは尿で排泄されてしまいます。

気になるビタミン摂取量についての誤解

◆一日に摂取すべきビタミンの許容量(WHO基準)

●体重1㎏あたり 0.25g

となっています。

対して、

◆一日のビタミン摂取推奨量(厚生労働省)

●一日あたり100㎎

ペットボトル一本で一日の推奨量を取れてしまえるということですね。

そして体重40㎏の方の一日のビタミン許容量は

0.25×40=10g

ということになるので一日でお茶のペットボトル100本分のビタミンCを許容できる(そんなに飲んだら健康をそこねますし、そもそも飲めませんよね)ということになっているんです。

なぜか推奨量は㎎、許容量はgとなっているところから混乱しちゃうんですよね。

ではペットボトルのお茶はどうすればいいのか?

●1.産茶葉や農薬など情報を開示しながら安全性に自信を持って作っているメーカーの物を選ぶようにしましょう。

●2.極端に安価すぎるお茶や、添加物の多すぎるものなどは日ごろから注意してみるようにしましょう。

●3.急須で入れたお茶のおいしさ、安全性にはペットボトルはかないません。

ちょっとした手間ではありますが、一番安全に飲めてほっとするお茶時間を味わうのならば急須で入れて飲みましょう。

●4.防腐剤の役割もしているビタミンCに関しては誤解がとても多いようなので、体重にたいする許容量のことを思い出して、過敏になりすぎないようにしましょう。

 

コーラやジュースには大量の砂糖

清涼飲料水と呼ばれるコーラやジュースには大量の砂糖が含まれている事はご存知でしたか?

 

●「ペットボトル症候群」

「清涼飲料水ケトーシス」とも呼ばれているこの病気は、糖分を過剰摂取してしまうことが原因となり、吐き気、腹痛、意識がもうろうとする、といった症状が出現するものです。若年者に特に多いことも特徴の一つです。

一般的なソフトドリンク1本(500ml)には、50~70g程度の糖分が含まれていて、これは角砂糖15個分もの糖分に相当するんです。

 

特にコーラなどの炭酸飲料はのど越しがさわやかで甘味を強くは感じさせないので、ついつい飲みすぎてしまい、糖分の過剰摂取が起こります。

糖分の摂りすぎは血糖値を大きく狂わせ、インスリンホルモンが正常に働かなくなってしまいます。

ペットボトル症候群は糖分の摂りすぎから起こる病気なので、清涼飲料水を水やお茶に変えることで防ぐことが出来ます。

甘いジュースに慣れてしまっていても、しばらくお水やお茶の生活に変えていくと味覚は治せるようです。

しかし、悪化させてしまうとそうもいかないので、日ごろから飲む量を制限するなどの注意が大切ですね。どうしても難しい場合には医師に相談しましょう。

野菜ジュースや果物ジュースなども100%や砂糖不使用となっていても、もともと素材のもっている糖質や果糖などから糖分が多くなっていますので清涼飲料水だけから大量に水分を摂る習慣のある人はとても危険であると言えるでしょう。

【カリウムの多い食品・料理・飲み物】腎臓・心臓・むくみへの効能効果&おすすめレシピも大公開!

まとめ

いかがでしたか?

ペットボトルのお茶に関してはちょっと情報が混乱してしまっている感がありましたよね?

そして糖分のたくさん含まれているコーラやジュースの方が身体に害が大きいということもお分かりいただけましたでしょうか?

いろいろな情報が溢れていますが、いったん落ち着いてかみ砕いてみることも大切です。

とくに数字やデータにはとても振り回されがちですがあおられ過ぎないように気を付けることも大切ですね。

食事とは「人を良くする事」 と書きます【子供の成長に必要な栄養素やサプリメントを徹底解説します】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ