【プロテインのダイエット&健康効果】おすすめの効率的な飲み方とタイミング

s500x350_%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%a6%e3%82%99%e8%82%b2%e6%af%9b%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%9c%ac%e5%bd%93___2

【スポンサードリンク】

 

プロテインと聞いて「筋肉ムキムキになりたい人が飲むやつでしょ?」

と思った方も多いと思いますが、じつはプロテインは健康や美容、ダイエットにもとても良いすぐれた機能を持った食品なのです。

その魅力はなんといっても良質なタンパク質を効率よく摂れること。

理想の身体をめざしてトレーニングやダイエットをしているという方の強い味方なんです。

そんなプロテインにはどんな効果があるのか効率良く摂る方法などについて解説していきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

プロテインってなに?

英語で「タンパク質」という意味のプロテインですが、サプリメントのプロテインは

「高たんぱく質の加工食品」であるということが言えます。

たんぱく質は肉・魚・卵・乳製品・大豆などに含まれておりこれらを原料にしてたんぱく質を抽出したものがプロテイン製品です。

もともと食品なので安心して摂取できる上、アスリートが気になる「ドーピング」にもなりません。

なぜタンパク質は必要なのか?

なんと人間の身体というのは水分以外はたんぱく質から構成されていると言われています。

そのため、たんぱく質は生きていく上で必要不可欠な存在なんですね。

そのたんぱく質というのは20種類ものアミノ酸で構成されているんですが、「必須アミノ酸」と言われる9種類のアミノ酸は人間が体内で作れないので食物などから摂取して取り入れる必要があるんですね。

◆必須アミノ酸とは

リジン・バリン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・スレオニン・トリプトファン・デルニルアラニン・ヒスチジンの9つ。

・多く含まれる食品

動物性たんぱく質にバランス良く含まれています。しかし、そればかり食べてしまうとかなり脂質やカロリーがオーバーになってしまうので逆に太ってしまうケースもあるんです。

つまり「高たんぱくで高脂肪」だからなんですね。

では食品で「高たんぱくで低脂肪」な食品というと…

牛赤身肉・鳥のささみ・卵白のみのゆで卵

などで、良くトレーニングしたりダイエット意識の高い方が口にされている食品ではありますが…

「ちょっと味けないし飽きてしまう」というのが正直なところですよね?

プロテインで高たんぱく低脂肪が手軽に摂れる

どんな目的で使用するのか。

・ダイエット目的

基礎代謝をあげるためには筋肉をつけることが重要なのは良く知られていますよね?

筋肉がつくと脂肪の燃焼がしやすくなり太りにくく痩せやすいカラダに変わっていくんです。

・なりたいカラダ別にトレーニングと合わせて摂取するのがおすすめです。

プロテイン自体には筋肉を強くしてくれる成分というのは含まれていません。
なので、鍛えるにはトレーニングをするのは必須なんですね。

【参考】
 ⇒スポーツジムに通う「ベストな頻度」は?【継続するコツ!ダイエットを効率的に成功させるには?】

・ムキムキになりたい人

プロテインを飲むことにプラスして「ウエイトトレーニング」をしましょう。

・細マッチョ希望

プロテインを飲むことにプラスして「歩いたり、有酸素運動、筋力トレーニングを組み合わせましょう」

・体力をつけたい

プロテインを飲むことにプラスして「ウォーキングやランニング」をすると効果的です。

プロテインの種類について

プロテインの種類には大きく分けて2種類あります。

1.ホエイプロテイン

筋肉が付きやすいが脂肪もつきやすい

2.大豆プロテイン

筋肉はホエイプロテインに比べてつきにくいけれど、脂肪もつきにくい。

また

・アスリート用
・ダイエット用
・ジュニア用

にも分かれています。たくさんの種類や味(チョコレート味やバナナ味、イチゴ味など)がありますので自分に合ったものをセレクトしましょう。

昔は「プロテインは高くてまずい」ものでしたが、最近では男女ともに健康のために飲む人が増えたこともあっておいしく飲める味になっていますよ。

プロテインの摂りかたとタイミング

その人の行う運動の強度や目的によって違ってきます。

一日に20g~60を目安に摂取しましょう。

 

・激しい運動・・・・運動の前(トレーニングを始める1~2時間前)
          運動の後(運動後30分以内)
          寝る前(就寝の1~2時間前)の3回 20gずつ摂取しましょう。

・軽めの運動・・・・運動後(運動後30分以内)と寝る前(就寝の1~2時間前)の2回 それぞれ20gずつ摂取しましょう。

・運動しない日・・・寝る前に1回 20g

・ダイエット目的・・一日の食事に置き換えて摂取しましょう。

※できればお水でとかして飲みましょう。しかし、消化吸収が今一つ心配という方はオレンジジュースなどでシェイクして飲むと良いでしょう。

オレンジジュースの糖質は消化吸収を早めてくれます。果汁100%ならクエン酸の量も多くヘルシーですね。

 

人によってはもっとたくさん摂取した方が効果が上がると言われることも多いですが、一度にまとめてたくさん摂取するのは体質によって合わない場合もありますので20gから始めるのがベストですね。

そして何回かに分けて摂取することです。

筋肉の修復期間にもプロテインが必要です

まずは就寝前ですが、睡眠中には成長ホルモンが分泌されるため筋肉の修復がおこなわれる大事な時間です。ホットミルクなどにいれて飲むとリラックス効果もあって良いですね。

消化吸収に時間がかかるのがプロテインですから就寝1~2時間前に飲んでおけば、寝てから30分~1.5時間して出て来る成長ホルモンとちょうど良いタイミングで作用するんです。

運動後30分以内がもっとも大切です

成長ホルモンがもっとも活発に分泌されるまさに「ゴールデンタイム」です。

このタイミングでプロテインを飲むと運動やトレーニングで傷ついた筋肉はぐんぐん修復を始めてくれるんです。

食事の他にプロテイン飲んで太らないの?

糖質制限をはじめとして良質なたんぱく質を摂るととで、甘いものやジャンクフードなどの渇望がおさまるという効果がありますので、無理に食事制限するよりも逆に食欲の安定が起きます。

プロテインの摂取は運動と合わせることは必須ですので、運動していけばさらにダイエットの効率は上がっていきます。

ただし、極端に食べ過ぎたりプロテインの取り過ぎは太ってしまう場合もあります。

適量を守りましょう。

まとめ

いかがでしたか?

たんぱく質は健康で美しいからだに欠かせない大切な栄養素です。

だからといって動物性脂肪で取り過ぎてしまうと成人病の原因となったり肥満になってしまう。

そんな悩みを解決しながら筋肉を程よくつけて太りにくい痩せ体質になれるプロテインを取り入れていませんか?

【参考】
 ⇒【健康的に食べて痩せたい!を叶える】痩せる食べ物13選

 ⇒ダイエットの秘密と真相を公開!【「食べてない」のに痩せない原因・「食べても」痩せる7つの方法】

 ⇒内臓脂肪を減らすには?!【簡単に減らす効果的な食べ物と飲み物を大公開】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ