塩レモンの作り方と人気レシピ【効果効能は?酸っぱいから疲労回復に良い⁈】

bd1ff611bc31e4c1c43c53c4ce949695f2f3e2f3

【スポンサードリンク】

酸っぱいものが身体に良いのはわかっているけれど、今一つ苦手…
という方におすすめなのが「塩レモン」です。

単純に言うと「レモンの塩漬け」なんですが、実際に使う塩レモンは塩に付けてから1週間~1か月くらい熟成発酵させたもののことです。正しくつくれば5~10年も保存可能なのだとか。

この塩レモンを調味料として使用することで、味に広がりが出るだけでなくすぐれた健康効果があると言われていますのでご紹介したいと思います。

レモンと塩を組み合わせるのはなぜ?

塩もレモンも日ごろから親しみのあるものですが、なぜあえてこの組み合わせなんでしょうか?

レモンはそのままでもたくさんの効果・効能のあるものなんですが、そんなレモンを塩に一週間以上漬けておくと「発酵の力によって」さらにパワーアップするんです!

レモンの香りには癒されるけどあの酸っぱさが苦手で…という方でも塩にレモン漬けると「塩のしょっぱさ」はまろやかに、レモンの酸っぱさは緩和された「酸味と塩気の絶妙なコンビネーション」がとても料理に合うひとつの調味料に変身するんです。

お漬物の原理と一緒で、塩に漬けることで発酵して乳酸菌が生まれますから腸内環境も整える効果も出て来ます。

塩レモンってどうやって作るの?

◎材料

レモン・・3~4個(皮ごと使用しますので、必ず無農薬で防腐剤不使用のものを選びましょう)
粗塩・・・1~1.5カップ(ミネラルが豊富なので精製塩よりも粗塩を選びましょう)

◎作り方

1.レモンは洗って水けをふき取っておきます。

2.1個につき4~5等分の乱切りにします。(切り方はお好みで大丈夫です)

3.清潔な瓶に塩とレモンを交互に入れて行って、最後に一番上に塩が来るようにして詰めてください。

4.冷蔵庫に入れて保存して、時々瓶を振って上下を返します。

※調味料として使用できるのは1週間後からですが、エキスが出てくるのは1か月後からになります。1週間くらいするとレモンから水分が出て来るんです。

塩レモンの効果&効能について

・クエン酸

酸味の成分。糖質をエネルギーに変えてくれる力があるために「疲労回復」効果があります。

ダイエット効果・血流が良くなることによる冷え性改善

動脈硬化・高血圧予防・腎機能改善・腎臓結石予防

カルシウム・ミネラルの吸収を良くする。

・ポリフェノール

抗酸化作用とアンチエイジング効果があると言われています。

・リモネン

レモンの癒される香りの主な成分。リラクゼーション効果があります。

・ビタミンC

コラーゲンの生成に必須な成分。メラニンの生成も防ぐので美肌効果につながります。

・ペクチン

腸の蠕動運動を促します。よって便秘の解消が期待できます。

血糖値を安定させて、コレステロール値を低下させると言われています。

・カリウム

塩分や老廃物の排出を助けます。

・リミノイド

身体の中の細胞をダメージから守ってくれるので、がん細胞の生成を抑える(がん予防)と言われています。

・乳酸菌

こちらは塩にレモンを漬けて、発酵が進んでくると発生してきます。お漬物の原理です。
腸内の善玉菌を増やしてくれるので腸内環境が良くなります。

・抗ヒスタミン効果

レモンの皮にはアレルギーの原因物質であるヒスタミンを抑えてくれる効果もあるんです。皮ごと使用している塩レモンだからこの効果が期待できるんですね。

塩分が気になる方にもおすすめです

健康のために塩分に気を遣っている方って多いですよね?

でも、薄味は物足りなくて食事が楽しめない…そんな方にもレモン塩は魅力の調味料です。

レモンによって塩分濃度が薄まって塩分は低下しているのに、レモンの酸味と熟成によって味に深みが出ているんです。

お塩単品で使用するよりもレモン塩なら塩分は抑えられてるのに味わいには深みがあるというメリットがあるんです。

使用する感覚としてはお醤油のかわりとして考えると良いでしょう。

塩レモンを使ったドリンクで疲労回復!

レモンの酸っぱさはクエン酸の働きでなんといっても疲労回復効果抜群です。塩レモンを使ってスポーツドリンクと同じ効果のあるものが作れるんです!

【材料】
塩レモン  小さじ1
水     180ml
蜂蜜    小さじ1

こちらが基本レシピになりますが、お水をお湯に変えて生姜をいれたりしてホットドリンクとして飲むのもおすすめです。甘みはお好みで調節してくださいね。

塩レモンを使った人気レシピ

レモンソルト・ドレッシング

●材 料(3人分)
レモンソルト液・・・・・・・・大さじ 1/2
白ワインビネガー(又は酢)・・大さじ1/2
EXオリーブオイル ・・・・・大さじ 2
胡椒        ・・・・・適量

●作り方
1.1か月程経ったレモンソルトの液を使用します。
2.ボウルに材料全て入れ、よく混ぜ合わせ水分と油分が合わさりトロリとし乳化したら出来上りです。

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1300006920/

魚料理に。塩レモンバタークリームソース

●材料 (4人分~)

バター  ・・・・・・・・・30g
塩レモン液・・・・・・・・・小さじ
白ワイン  ・・・     60㏄
生クリーム・・・・・    50㏄
胡椒   ・・・・・・   少々  
イタリアンパセリ ・・・  適量
魚を焼いた後のオイル    あれば

●作り方

1.パセリを刻んでおき、お鍋に魚を焼いた後のオイルを入れワインも入れて強火でアルコールを飛ばします。
2.生クリーム・バターを入れ沸騰させて塩レモン液を加えます。分離しないように気を付けて下さい。
3.刻んだイタリアンパセリを入れてコショウで味を調えて出来上がりです。

http://cookpad.com/recipe/2636066

まとめ

いかがでしたか?

簡単で一度作るととても長持ちする塩レモン。

無農薬レモンを見つけたら作ってみるチャンスですね。

疲労回復に効くドリンクは買ってくるスポーツドリンクよりも添加物もはいっていないので安心です。

ぜひ、簡単に作れる塩レモンですっきりさわやかに元気を手に入れてみませんか?

【参考】
 ⇒生姜シロップの作り方(簡単で役にたつ保存調味料)

 ⇒にんにくレシピ 保存調味料(にんにく醤油・にんにく酒の作り方)

 ⇒乳酸キャベツのダイエット効果で痩せ体質へ!【作り方と3つの簡単レシピを紹介します!】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ