自家製干物の作り方(干すのは野菜だけじゃない!魚も家で干せます)

%e5%b9%b2%e7%89%a9

【スポンサードリンク】

 

新鮮な魚が特売で安いのに家族が少ないからそんなに食べきれない
と思った事、私はよくあります。

実は、海辺生まれの私は夏など時間があれば釣りに出かけて
釣った魚の処分で母が困惑、なんて場面よくありました。
しかも父親も釣り好きで魚をたくさん釣ってきてしまうダブルブッキングがあり、
そんな時、同じ釣り仲間の方から習ったのが「冷蔵庫で干物」です。

新鮮な魚の方が青魚ならさばきやすいし、干物が済んだ後の匂いも残りません。

この方法、つい先日思い出して、冷蔵庫でサンマの干物を作ってしまいました。

用意するのは、魚、塩、魚をのせる皿、キッチンペーパー、あればキッチンバサミです。

魚はひらきにしなければ干物が始まりません。
もしかしたらネット検索で魚のさばき方あるかもしれません。

私は青魚ならキッチンバサミと指でさばいてしまいます。

肛門からハサミを入れ、頭の近くまで切ってはらわたを出したら
指で骨に沿ってゆっくり身と骨をはがしていきます。
その後、魚をキッチンペーパーで拭いたら皿に並べ、塩を振って冷蔵庫にラップなしで入れます。

表面が乾いたら、ひっくり返しますが、塩を使っているので身から水分が出ていたら
よく拭いて、裏返してまた冷蔵庫で干します。

サンマやアジ、イワシなどの小さな魚なら一日で完成します。
けれど、サバの大きいのは2~3日かかると思ってください。

一回だけサバが安くて主人の好きな塩サバの半額で買えたので自家製干物を作りました。
その時の経験上の時間が上記になっています。

自家製だと塩加減が自分の好きなように調節できる上、新鮮な魚で作ると味もおいしいのです。

興味を感じて下さる方がいたら、作ってみてはいかがですか?

余談ですが、スーパーでの購入なら魚屋さんが声をかけたらさばいてくれる場合もありますので
ちょっとした勇気で声をかけてみてください。

私もサバの味噌煮と船場汁の時、魚屋さんでさばいてもらいました。
(たまにはズボラも必要です)

注意事項を入れるなら、塩を使った干物限定の方法でしょうか?
ミリン干しなどの調味干しは経験がないので紹介からはずしました。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ