お金を貯めるコツ!【主婦の節約術&貯める方法】

%e9%80%9a%e5%b8%b3%e3%81%a8%e3%81%8a%e9%87%91

【スポンサードリンク】




私たちが、日々を豊かな気持ちで暮らすために切っても切り離せない関係にある、


節約と貯蓄。


「節約」と聞くと、何だかケチくさい、生活感があって嫌だな、などと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

節約はゲーム感覚で捉えると、結構楽しいものです。

なおかつ、そこにお得感がついてくるなら、これはやらない手はないでしょう。


ちょっとした工夫で上手に節約、貯めるコツがあります。

 

今日はそのコツを4つ、ご紹介します。


1.ポイントカード、それ、全部必要ですか?

f62debcf3e232ab06dd84875417f289e


今やドラッグストアやスーパーマーケット、書店などでもポイントカードを運用しているお店は結構あります。


ポイントを金券に変えて賢く使いたいと思う人、何となく店員さんに勧められてポイントカードを作ってしまったという人、いろいろな理由があるでしょう。


節約という観点からお話しすれば、ポイントカードは、よく行くお店のものだけで十分です。


というのも、枚数が多ければ多いほど、ポイントは分散するだけ。


しばらく行かないうちにポイントが失効してしまった、ということも多々あり、結局は何のためのポイントなのか、よくわからなくなるからです。


そもそも、ポイントは金券なり割引なりの特典を受けるために貯めるはず。

なので、ポイントカードは行きつけのお店のものに絞る、というのは基本中の基本です。


また、買い物をするときにはポイントに執着しすぎないこと。

ポイントは、よく来てくれるお客様に対する、お店側の厚意のようなものと捉えるのがいいでしょう。


ポイントを貯めるためにせっせと買い物、なんて本末転倒なことにならないように。

【スポンサードリンク】

2.ポイント倍付けVS割引、どっちがお得?

5128-600x400


ポイントカード会員にとって、「ポイント〇〇倍デー」という言葉ほど心躍る言葉はありません。


ですが、今日はポイントが〇〇倍だから、と
ついつい余計なものを買ってしまっていませんか?

もちろん、必ず使うものなら通常よりかなりお得なのですが、ポイントが多めにつくからという理由で使うかどうかもわからないものを購入するのはNGです。


そういうものに限って、使わない場合が多いです。


また、ポイント倍付けと割引に関しても、ちょっと注意してみてください。

たとえば、200円(税抜き)で1ポイントがつくポイントカードがあったとします。


1000円(税抜き)の品物を購入する場合、ポイント5倍デーと5%割引の日、どっちがお得でしょうか。


もちろん、後者です。


ちょっと考えるとすぐわかることですが、
「5」という数字は同じ。

これ、意外と惑わされやすいのです。


もちろん、1ポイントあたりの換算額はお店によるのでこれはあくまでも一例ですが、実際にお買い物に出かけたとき、ちょっと考えてみてくださいね。


3.お徳用商品、それ、ほんとにお得ですか?


お菓子や調味料、ドレッシングやジャムなど、今やさまざまな種類の食材で「お徳用」の大袋パックが販売されています。


スーパーによっては、値札のラベルに1グラムあたりの単価が表示されてあって、

「あ、こっちの方が安い」と
大袋のお徳用商品を購入した経験のある方もいらっしゃると思います。


もちろん、賞味期限内にそれを食べきれるなら何の問題もないのですが、食べきれずに、結局、冷蔵庫の奥に追いやってしまい、あげくの果てにはその存在すら忘れてた、


ということになると、お得感ゼロ。


むしろ、無駄にしちゃったと罪悪感まで生まれかねません。


食材の節約に関しては、多少割高でも「食べきりサイズ」を選ぶことがコツ。


食べきりサイズを選べば、常に新鮮なものを食べることができますし、「賞味期限内に無理して食べなきゃ」という圧迫感やイライラに悩まされることもなく、ダイエットの邪魔にもなりません。


また、野菜の購入時にも気をつけたいものです。

s__3891216


あくまでも一例ですが、例えばキャベツが1玉と半玉のものは売られている場合、おそらく半玉の方が割高のはず。

ここで、1玉使う予定があるなら、もちろん1玉を買うべきですが、使う予定が決まっていないなら半玉にしておく方がベターです。


野菜は冷凍保存がきくとはいえ、やはり鮮度があるものだからです。


基本は、食べきれる量を買う、です。


4.貯金は、自動的に天引きになる積立預金がベスト。その方法にも一工夫を!

sonybank-tsumitate-2


貯金は給料が余ったら、なんてことを言っていたら、いつまでたっても貯まりません。


給与は預金口座に振り込み、という形式をとる企業が多いことから、貯金をするなら給与振込日に自動的に積立口座に資金移動する

自動積立預金を利用するのがベストです。


自分の貯めたい金額を指定しておけば、自動的に貯まっていくという点はとっても便利。


手間がかからないので、利用しておられる方も多いと思います。

その際、明細を小分けにする、という方法が有効です。

たとえば、1ヶ月に3万円貯蓄したい、

と思い立ったら、


指定額を3万円にするのではなく、指定額1万円の明細と2万円の明細とに分けるという方法です。


これは、万が一入り用ができたときのため。


本来であれば、積立しているお金には手をつけないというのが鉄則ですが、万が一、必要になった場合には、明細ごとの解約になることが多いため、明細を分けておいた方が、自分の必要な額だけ出金しやすくなります。


この例でいくと、1万円が必要になった場合、分けておけば1万円の1明細を解約するだけで済みますが、


分けていなければ、3万円の1明細を解約することになります。


そして、そのままお財布にいれてしまった場合、本来必要だった1万円のみならず、出金する必要のなかった残りの2万円もあっという間に使い切ってしまう、

ということになりかねません。


明細を分けると通帳が複数冊になってしまう、めんどくさい、という声も聞こえてきそうですが、金融機関によっては、無通帳タイプの積立もあるようです。


自分のメインバンクはどうなのか、調べてみてはいかがでしょうか。


節約しなきゃ、貯金しなきゃ、と身構えると、
ストレスがたまってしまうもの。


ですが、逆に自分のちょっとした工夫で節約できると、やりがいを感じるものです。
ストをためずに、楽しみながら、節約と貯蓄に励んでみませんか。

 

 
 

【オススメのキャンペーン】

【速報】これから全てが20%OFFで買い物出来ます

突然ですが、

「今日からあなたは買うものすべて、
 20%オフで買うことが出来ます!」

あなたがいつも購入するもの、

あなたがこれから欲しいもの、

あなたがお金を使うものだけ、

これからずーっと!20%オフになるんです!

◆いつものスーパーでのお買い物
◆お気に入りの百貨店でのショッピング
◆レストランや居酒屋での飲食代金
◆美容院、ネイルなどの美容代
◆ガソリンスタンドの給油代金
◆国内旅行、海外旅行の料金まで!

「これ、ぜーんぶあなたの元に
 現金で20%が戻ってきます!!」

あなたも今日から
夢の20%オフの生活、始めてみませんか?

→ こちらからどうぞ

 
 
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ