冷え性なのに汗かきって病気なの?【12個の自分で簡単に出来る改善方法】

寒さに震える女性

【スポンサードリンク】

 

汗かきで冷え性という女性は珍しくありません。

元々、女性の身体は冷えやすいもので、そこに女性ホルモンのバランスが崩れたり、冷たい飲み物ばかり飲んだり、生活習慣が不規則だったり、ストレスを抱えていたりすると、更に冷えが悪化するばかりか、顔や手や上半身は汗かきになるという症状が起こります。

特に下腹が冷えていると水分の代謝が悪くなるため、排出させるために汗をかきやすくなります。また、冷えから腎臓や膀胱の機能が低下することによって排尿がスムーズでなくなり、その分汗をかくというのも原因の一つです。

更年期世代(閉経前後10年間)の場合には、エストロゲン(女性ホルモンの一種)の減少によって自立神経のバランスが崩れることが起因しての、のぼせ(上半身があつくなる、汗を大量にかく)の症状であることも考えられます。

いずれにしても女性特有の症状には婦人科系の病(PMS、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢腫、子宮癌など)が起きている場合もあるので、まずは婦人科で検査、診察を受けることをオススメします。

また、病がない場合には下半身の冷えを解消することで汗も抑制されます。改善策、緩和法がありますのでご紹介したいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

「12個の自分で出来る冷え性、汗かき改善方法」

♣半身浴、交替浴

38度~40度位のお湯で腰から下を15分~20分位温めます。または、交替浴といって温水と冷水に交互に浸かる方法もあります。サウナなどだと冷水風呂がありますが、自宅で行う場合には半身浴の後に冷水シャワーを右手足から左手足、右下半身、左下半身、右上半身、左上半身の順で浴びます。(心臓への負担を軽減するために、心臓から遠い順に浴びます。)これを数回繰り返します。あまりに寒い時期には手足だけでも構いません。温めた後に冷やすことで自立神経が刺激されバランス調整の改善に効果があります。

♣早寝早起き

不規則な生活や夜更かしは生理的な機能の低下の一因になります。仕事の場合には仕方ないとして、だらだらと夜更けまで起きていることは辞めましょう。22時~2時の睡眠は身体や脳の疲れを取るために一番効果的な時間帯です。22時ではなくとも、24時までには眠るようにしましょう!

なかなか寝つけない時も目を閉じて横になっているだけで身体や脳は休むことが出来ます。ヒーリングミュージックを聴きながら心を鎮めるのもオススメです。

♣適度な運動

散歩やストレッチ、バランスボールなどがオススメです。適度に身体を動かすと新陳代謝が良くなり、体温が上がるので冷え改善に効果があります。時間にゆとりがある時には、ホットヨガや、ピラティス、スイミングなどの教室に通うのもオススメです。

体調が良くない時には無理をせずにゆっくり休みましょう。女性特有の症状はメンタルにも深い関りがあることが多いので、自分の心の声に気づくことが改善のポイントでもあります。

♣心を動かす

笑うこと、ワクワクすること、ウキウキすること、感動することなどをたくさん体験しましょう。幸せ感はホルモンに良い影響を与えてくれます。映画や読書、テレビドラマ、お笑い番組、友達と雑談、好きなアーティストのライヴ参戦、美術館で絵画鑑賞、キレイな夜景やイルミネーションなどを観に行く、パワースポットに行くなど。。。やってみたい、楽しそうと感じることなんでも良いです。

汗が気になるからと臆病にならずに外にもドンドン出ましょう!

臭いを根本から抑える制汗アイテムがドラッグストアにあります。24時間効果は持続するので、汗をかいても気にならなくなりますよ!また、泣くことも大切です。涙を流すことは心や脳内の浄化に繋がります。気分がすっきりすると同時に不快な症状も緩和されます。感動する映画やドラマなどで涙腺を刺激してわんわん泣いて、体内と心に溜まった疲れをデトックスしましょう!

♣身体を温める食べ物

基本的には黒や赤の食べ物や、冬が旬の食べ物、根菜(土の下になる食べ物)、スパイス類などが食べ物が身体を温めるといいますが今は一年中出回っている野菜や果物も多いので具体的にご紹介します。

*肉

牛豚の赤身肉、鶏肉、鶏レバー、ラム肉など。

*魚

鮭、かつお、さば、さんま、いわし、海藻類、カニ、ホタテ、ちりめんじゃこなど。

*野菜

人参、ネギ、玉ねぎ、かぼちゃ、蓮根、ごぼう、にら、ニンニクの芽、など

*果物

りんご、ぶどう、オレンジ、いちじく、桃、あんず、プルーンなど。桃は夏が旬ですが身体を温める果実です。

*調味料やスパイス

黒糖、味噌、醤油、塩、白コショウ、ラー油、唐辛子、ニンニク、生姜、シナモン、カイエンペッパー、クミン、コリアンダー、チリペッパー、カルダモン、クローブ、ブラックペッパーなど。

♣首のつく箇所を冷やさない

首、手首、足首には大動脈があります。血液循環を司る箇所なので冷やすのはNGです。特に冷やしがちな首は、ホットタオル(ハンドタオルを濡らして絞りレンジで3分ほどチンします)で温める、ドライヤーの温風で温める、外出時にはマフラーやネックウォ―マー、さほど寒くない場合は薄手のストールなどで冷やさないよう気をつけましょう!

「民間治療法」

♣岩盤浴

温めた天然鉱石の上に横になり身体を温めます。石からはマイナスイオンや遠赤外線が出るため、身体の芯から温め、体内に溜まった毒素を排出させるほか、ストレス解消効果もあります。スパや健康センター内に岩盤浴室があるところも多いのでお風呂上りに行うとより効果的です。

♣ホットストーンスパ

45度に温めた玄武石を背中からツボに乗せて行うセラピーです。NYのセレブの間でブレイクし、現在は日本でも人気」があります。リラックス、冷え、凝り、ホルモンバランスの調整に効果があります。

♣アーユルヴェーダ

世界三大医学の一つで、インド発祥の5000年の歴史を持つ、世界最古の伝統医学です。身体を構成している組織のことをアーユルヴェーダではドーシャと呼びます。ドーシャの乱れがあらゆる症状や病の原因とされ、西洋医学が病の症状を取り除く医学であるのに対してアーユルヴェーダは健康を維持することで未然に防ぐことをコンセプトとした予防医学です。

アメリカなどは病気になって際に保険が適用しないため治療には莫大な費用を必要とするため、アーユルヴェーダは絶賛されており、中国の漢方と同様にWHO(世界保険機構)から承認されています。

アーユルヴェーダには幾つかのアプローチ法がありますが、汗かき、冷えの改善には、アヴィヤンガ療法という全身のオイルトリートメントと、シローヴィヤンガというオイルを使っての頭皮ケアがオススメです。

♣レイキヒーリング

レイキは霊気と書きます。日本発祥(臼井式霊気)の手当て療法です。アメリカでは代替療法として癌治療などの最先端医学でも取り入れられている民間療法です。また、レイキはイギリス、ドイツ、オランダ、オーストラリア、オーストリアでは保険が適用され医療補助対象の治療とされています。手を当てる治療という部分は気功と似ていますが、レイキはスピリチュアルを根本としたコンセプトが特徴です。対面はもちろんのこと遠隔ヒーリングも可能です。

♣漢方薬

女性特有の症状(汗かき、冷え)に効果のある漢方薬は、芍薬(シャクヤク)の配合された当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウや加味逍遙散(カミショウヨウサン)やがオススメです。ドラッグストア(薬剤師が常駐している店がオススメ)でも購入できますし、病院で処方してもらえれば保険適用になり、割引で購入できます。

♣サプリメント

女性特有の症状(汗かき、冷え)に効果のあるサプリメント(ハーブ)は、アンジェリカ、エルダーフラワー、サフラワー、サフラン、シナモン、ジンジャー、パッションフラワー、カモミール、ローズマリーなどがオススメです。

まとめ

女性の身体は繊細に出来ています。自覚がない場合でも身体の奥から冷えていたりすることもあります。

また、冷えは万病の元ともいわれており、病気の原因ともなるほか、身体が冷えていると妊娠しずらくなります。

不妊治療と私
奇跡の妊娠

暖かい季節でも冷房や冷たい食べ物、飲み物で身体は冷えています。暑くても靴下は履く、素足にミニスカート、サンダルなどで外出した後はお風呂でよく温まるなどして冷えないように気をつけましょう!

冷え性対策で体調改善!【足だけじゃない⁈お尻が冷えていませんか?腰痛や不妊の原因にも⁈対策方法をご紹介します】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ