【勉強方法のコツ】ノートの取り方&まとめ方|教科別のおすすめ攻略法

mig-1

【スポンサードリンク】

 

受験生の皆さん!

今年もあとわずかですが、勉強の進み具合は順調ですか?

【参考】 
 ⇒受験の合格祈願いつ頃行く?【お守りの数や種類、服装、参拝時間のきまりは?】

今回ご紹介するのは、私が長男の中学当時に教えた、私がやっていたノートの取り方、ポイントの覚え方と彼が高校当時にやっていた勉強法をご紹介したいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

授業中

①板書をうつしながら先生の話をよく聞く。
(授業はしっかり聞くことが一番大事です。)

*板書がごちゃごちゃな場合は話の内容の中でポイントになる部分のみをノートに書く。

②教科書の要点には蛍光ペンで線を引く。

*ここは必ず出る!ポイント!重要!と言われた箇所は特にわかりやすいようにハナマルや星印など、特別なマークをつけます。

③箇条書き

*長い文章を羅列すると覚えずらくなるので、ポイントを押さえて箇条書きした方が効率が良いです。

④わからない部分があれば赤いボールペンなどで?マーク(自分がわかればOKなので色やマークは何でも構いません)をつけておく

⑤わからない箇所は休み時間に先生に徹底的に聞く、わかるまでしつこく聞く。(放課後聞きに行くのが時間に余裕がありベストです。)

自宅で勉強

①教科書を音読する(読むこと、聞くことが大事です。頭に入りやすくなります。必ず声に出して読みましょう。何回か繰り返すのがベストです。)

②要点と意味を箇条書きする。

④ここは必ず出ると言われた部分は特別なマークをつけてわかりやすくしておく。

⑤わからなかった箇所が理解出来ているか確認する。確認出来たら頭に叩き込めるように、ノートに書き出す。

⑥書き出した部分を音読する。(頭にインプットします。)

攻略法

*ノートを使い分ける。
*箇所書きで見やすくする。
*最重要箇所は蛍光ペンで線を引く。
*わからない箇所を一つずつ潰していく。
*繰り返し音読する。

 

①国語
*漢字、熟語、文法は別々のノートに書き出す。表に内容を書いて裏に答えを書く。覚えているか何回でもチェック出来ます。答え用のノートを別に用意して答えを見ながらチェックします。わからなかった箇所は練習用ノート書き出す。何回も書いて頭に叩き込む。

②英語
*単語、文法、教科書丸写し用のノート、単語練習用ノート、に分けて内容を書き出す。

*単語は練習用ノートに何回も繰り返し書くスペルと意味を頭に叩き込む。

*文法は例文を箇条書きして覚える部分に蛍光ペンで線を引く。

*教科書を丸写しする。

*徹底的に音読する。(英語は教科書丸ごと暗記すると楽です。しつこく繰り返すと自然に覚えられます。)

③数学

*方程式、グラフなど要点を書き出す

*意味がわからなくても理解しようとしないこと(数学は意味を考えると余計にわからなくなるので、答えさえ合っていればOK!深く考えないのが覚えるポイントです。)

*わからない箇所はマークをつける

*わからない箇所のみを書き出す

④社会科

歴史

*ノートの表に年号と覚え方のポイントを書き出す。 裏に内容を書き出す。答え用ノートに年号順に内容を書き出す。

*わからなかった箇所のみを書き出す。覚えるまで繰り返し音読する。

*重要ポイントは箇条書きで書き出す。繰り返し音読する。

地理

*地図を書く(何枚もコピー)

*地図に県名、国名を書き込む

*わからなかった箇所は答えを見ながら覚えるまで繰り返し書き込む。

*県庁所在地、首都を書き出す。

*わからなかった箇所は答えを見ながら覚えるまで繰り返し音読する。

*地域ごとの重要ポイントを箇条書きで書き出す

⑤理科

*科学記号を裏に答えを書き出す。答え用ノートに答えを書く。間違えた箇所は覚えるまで繰り返し音読する。

*重要ポイントを箇条書きで書き出す。

⑤最後に全科目の重要な箇所のみ書く。(追い込み用ノート)

まとめ

勉強はダラダラと長時間続けるよりも、時間を決めて集中してやること。
休憩もしっかり取ることが大切です。

 

時間よりも質が大事です。

 

やる時はやる、休む時は休むと切り替えをすると毎日の勉強が苦痛でなくなります。

それから、嫌いな科目、苦手な科目は特に短時間で重要ポイントのみを集中的に勉強しましょう!

嫌になると長続きしないです。
受験まで続くわけですから、ヤル気を下げないことも大切です。

どうしても苦手な科目がある場合は漫画つきのわかりやすい参考書があるので興味づけに最適なのでオススメします。勉強はまずは好きになることが出来るようになるには一番の近道です。

好きになるような工夫も大切です。それから、先にもあるように、とにかく書きまくる、音読しまくる。嫌でも頭に入ります。また、単語カードがあれば使うと覚えやすいです。

表に漢字、英語の単語、歴史の年号、理科の記号などを書いて裏に答えを書きます。(メモ帳でも可)

全国でも有数な学校を目指すのであれば別ですが、塾に行かなくても、授業をしっかり聞くことと自宅での復習をしっかりするだけで偏差値が高い学校でも受かるだけの点は取れます。実際に長男の友人が県内でも3本指に入る高校に自宅学習のみで入りました。大学も慶応に進学しました。

土日の昼間は遊んでましたよ!遊ぶことも脳の活性化に役立ちます。

我が家の三男は発達障害があり周りにはわからないのですが、本人が気にしていたことから不登校になり受験の二カ月前から自宅で勉強を始めたのですが、三年分の勉強を独学で集中的に覚え、何とか公立高校に合格することが出来ました。

まずは気持ちを楽に保つこと、焦らないこと、願書を丁寧に書くこと。特に志望の理由はしっかりと明確に書くこと。面接時には、身だしなみをきちんと整えハキハキと挨拶、受け応えをすること。勉強と同様に大切です。

最後に…昔 三年B組金八先生というテレビドラマが流行ったのですが、その中で金八先生が受け持ちの生徒に向けて「彼も人間 我も人間」と言う言葉を贈りました。

自分が緊張や不安な時には周りの友達や受験校で一緒になる子達も同じです。

皆、内心ドキドキしているのです。健闘を祈っています!

がんばれ!受験生!

【参考・対策】
 ⇒【インフルエンザ2016流行】予防対策に有効な食べ物&食材

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ