【食費の平均は?夫婦2人の相場】10の節約のコツを伝授します!

mainvisual

【スポンサードリンク】

 

夫婦二人暮らしの場合、共働き夫婦と奥さんが専業主婦の場合とで、食費にかける金額が違ってくるものではないでしょうか?

実際に私の結婚当初は共働きでしたので外食も多かったですし、主人も私も帰宅が終電と遅く、夕飯は職場(飲食店)で済ませていたので、食事を作るのは朝と休日のみでした。

子供を妊娠してから退職〜産まれるまでの間は収入がガクンと下がりましたので、食費をとにかく削るようにしました。

その頃からの習慣で、ディスカウントストアや今ならネット通販などの利用で、節約はさほど大変ではなく逆に楽しめるようになりました。

そこで、今回は夫婦二人暮らしの食費の相場や節約のコツについて詳しくご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

夫婦二人暮らしの食費の相場は?

一か月の食費の相場は外食費込みで4万円が平均のようです。

ですが、これはあくまで間をとった金額であって、共働きで外食も多い場合には8万円以上というご夫婦もいらっしゃいますし、中には1万円代というご夫婦もいらっしゃいます。

食費が2万円代から下の場合には、ご実家からお米や野菜などが送られてくるというケースが多いようです。

また、ランチ代は抜いての金額だと思います。

共働きで夫婦二人暮らしの場合、ランチ、外食費込みとなると6〜7万円位が相場だと思います。

奥さんが専業主婦の場合にはお弁当を作っている場合で4万円、ご主人のランチが外食や社食などの場合で5〜5.5万円位が相場ではないでしょうか。

食費を節約する10のコツとは?

1:底値をチェックする

肉や魚、野菜などは底値をチェックしましょう!

私がこれまで底値と考えてきた価格を以下に掲載します。

〜肉類〜

牛肉

赤身ブロック 100g 98円〜100円

スライス 100g 98円〜100円

ひき肉 100g 98円〜100円

もつ 100g 78円

豚肉

細切れ 100g 68円

ヒレ 100g 98円〜100円

ロース 100g 78円

バラ 100g 88円

ひき肉 100g 78円

もつ 100g 58円

ウィンナー 1キロ 598円

ロースハム 500g 598円

鶏肉

胸 100g 29円

もも 100g 58円

ささみ 100g 58円

手羽元 100g 68円

手羽先 100g 68円

ひき肉 100g 58円

骨つきもも 1ヶ98円

レバー 100g 58円

砂肝 100g 68円

*牛はオーストラリア産、豚はカナダ産、鶏はブラジル産の場合。国産の場合はセールだと同じ位の価格になります。

〜魚〜

ブリ 1尾198円

鮭 1尾68円

タラ 1尾88円

カレイ 切り身1枚 68円

赤魚 切り身1枚78円

舌平目 1尾88円

銀ダラ 切り身1枚 98円

むつ 切り身1枚 98円

金目鯛(小)1パック128円

きんき(小)1パック128円

さんま 1尾39円

鯵 1尾39円

鰯 1尾29円

ししゃも 1パック100円

ホタテ 1ヶ100円

アサリ 1パック128円〜158円

ハマグリ 1パック148円〜198円

牡蠣 1パック生用 298円

ブラックタイガー 1尾38円

*但し 漁港直通なので価格はかなり安いです。漁港が遠い場合には魚介類の価格はかなり上がります。

〜野菜類〜

白菜 4個 298円

キャベツ 1個98円

大根1本 50円

ほうれん草1束 78円

小松菜 1束78円

春菊1束88円

青ネギ1束298円

玉ねぎ 、じゃがいも、人参 ポリ袋詰め放題 1袋100円

さつまいも(大) 1本39円

貝われ 1パック19円

もやし1パック 19円

ピーマン 1袋68円

パプリカ1ヶ98円

アーリーレッド 4個入り 200円

紫キャベツ 1個198円

セロリ(大) 1束198円

レタス 1個98円

サニーレタス 1個98円

トマト 12個入り1箱298円

プチトマト 1パック 78円

〜その他〜

豆腐1丁 29円

こんにゃく1枚33円

油揚げ5枚入り 88円

ひじき1キロ 298円

切り干し大根 1キロ298円

桜海老 1キロ598円

春雨 1キロ 598円

白いりごま 1キロ598円
鰹出汁 1キロ 358円

鶏ガラスープの素 1キロ798円

コチュジャン 500g 258円

ピザ用チーズ 1キロ698円

おろしにんにく 500g438円

うどん、焼きそば 1ヶ19円

スパゲティ 1キロ238円

薄力粉 1キロ98円

強力粉 1キロ128円

醤油 1ℓ1本98円

みりん 1ℓ1本128円

料理酒 2ℓ 238円

酢 2ℓ 198円

三温糖 1キロ 168円

オリゴ糖1キロ 298円

粗塩 1キロ 98円

七味唐辛子 1キロ 398円

サラダ油 1.5ℓ 178円

エキストラバージンオリーブオイル1ℓ658円

ゴマ油 1.8ℓ 1380円

アイス1キロ 298円

米 30キロ(玄米.山形産はえぬき特A) 9800円
(新潟産こしいぶき1等)10800円

*業務スーパー、ネット通販(米)利用。お米はまとめ買いすると送料無料になります。セール時には10キロでも送料無料になる場合もあります。

2:ディスカウントスーパー、ストアの利用

底値の欄にもありますが、ディスカウントスーパーやストアだと、通常のスーパーより何割も安く購入出来ます。

ディスカウントスーパーやストアがない場合には近くのスーパーの価格を徹底比較して一番安いお店やセール日に買い物に行くことをオススメします。

また、閉店近い時間になると値下げするため、夕飯後に翌日の買い出しに行くのもオススメです。

3:ネット通販の利用

肉はキロ買いになりますが業務用の通販店舗で購入すると破格で購入出来ます。

また、ヤフオクや楽天などに出品、出店している肉屋さんもかなり安いのでオススメです。

以前、茨城産の豚肉一頭分をヤフオクで9800円で落札しました。

4:まとめ買いする

ちょこちょこ買い物に行くと余計なものを買ってしまいがちです。また、まとめ買いした方が効率良く使い回しが出来るため、無駄がないですし、時間の節約にもなります。

5:野菜は価格が高い時には買わない

葉物野菜は特に価格の変動が大きいです。また、天候や気温によって、不作が続くとどの野菜も価格がかなり上がります。そのような時には買わないのが一番。

冷凍野菜や野菜ジュース、青汁などを上手く活用して野菜不足を防いだり、価格が変わることのないもやしや貝われなどを有効活用しましょう!鍋や炒め物などに良く合います。

また、干し椎茸や切り干し大根などの乾物や紙パック入りのホールトマトやパックになっている豆、ヤングコーンなどを活用しましょう。逆に根菜類など日持ちする野菜は安い時にまとめ買いするのがオススメです。

6:外食は月に何回と決める

共働きの場合でも、外食はなるべく控え、月に一回、二回と回数を決めましょう。私の友人夫妻は20代から外食は月に一回と決めて、それ以外は行かないそうです。お金も使わないし、月一回の外食がより美味しく楽しくなるそうですよ!

7:お弁当を作る

お弁当は慣れると10分程度で手早く作れるようになります。手早く作れるようになると毎日のお弁当作りは苦痛でなくなります。

夕飯を作る時にお弁当の分を取り分けて冷凍しておくとメインを毎日考える必要がなく楽ですよ!煮物などの野菜メニューも取り分けて翌日のお弁当に使いましょう!

お弁当のためにおかずを買い足す必要もないので食費は増えません。朝は卵焼きやウィンナーを炒めるのみ。万が一、寝坊しても慌てることもなく簡単に出来ます。

8:空腹時の買い物は避ける

お腹が空いている時に食材を買いに行くとあれもこれも食べたくなります。必ず食事後に買い物に行くようにしましょう!

9:献立をある程度決めてから買い物に行く

献立が決めて買い物に行くと余計なものは買わずに済むので節約に繋がります。

今日の晩御飯の献立何にしよう?【楽に♪簡単に!「21のレシピ」を大公開】

10:レパートリーを増やそう

9と逆ですが、レパートリーが豊富だと、その日のセール品に合わせて献立を考えることが出来ます。

また、何で代用出来るかや、アレンジなども出来るとその日安く売られているもので、どんなものが作れるか、頭の中にパッと浮かぶようになります。

新しいレパートリーが増えたら、ノートに書き留めてレシピノートします作るのもオススメです。

まとめ

夫婦二人暮らしだと、つい財布の紐が緩くなったりはしませんか?

私はそうでした…

特に共働きの時には仕事帰りに二人で飲みに行ったり、休日も遠くまでドライブに行って、現地で外食することが多かったので節約どころか貯蓄出来ませんでした。

子供が生まれてから節約や貯蓄するようになりましたが、本来ならその前からしておく方が賢い家計術です。

但し、ストレスにならない程度にして、月に一、二回の外食や少しリッチな食材や惣菜をデパ地下で購入するなど、気分転換しながらの方が続けやすいと思います。

また、昔は節約というと、あまり良いイメージはなかったものですが、現代は節約出来る主婦の方がオシャレな時代です。安い食材でいかに美味しく豪華なメニューを作るかが、賢い主婦の高ポイントになります。

それから、節約の成功の一番のコツは節約を楽しむことです。

また、幾ら節約したら何処に旅行しよう!など目標を立てるのもオススメです。

ご紹介した内容を参考に楽しく節約して頂けたら幸いです。

【参考】
お金を貯めるコツ!【主婦の節約術&貯める方法】

 

 
 

【オススメのキャンペーン】

【速報】これから全てが20%OFFで買い物出来ます

突然ですが、

「今日からあなたは買うものすべて、
 20%オフで買うことが出来ます!」

あなたがいつも購入するもの、

あなたがこれから欲しいもの、

あなたがお金を使うものだけ、

これからずーっと!20%オフになるんです!

◆いつものスーパーでのお買い物
◆お気に入りの百貨店でのショッピング
◆レストランや居酒屋での飲食代金
◆美容院、ネイルなどの美容代
◆ガソリンスタンドの給油代金
◆国内旅行、海外旅行の料金まで!

「これ、ぜーんぶあなたの元に
 現金で20%が戻ってきます!!」

あなたも今日から
夢の20%オフの生活、始めてみませんか?

→ こちらからどうぞ

 
 
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ