【小児科と耳鼻科の使い分け】どっちが先?熱がない場合は?

【スポンサードリンク】

 

子供の鼻水や咳。

まわりのママに聞くと小児科に連れて行くという人と耳鼻科に連れて行くという人とに分かれます。

その見極めはどこら辺にあるのか。そのポイントや重症化しないための方法などについて解説します。

小さな内はまるで仕事のように風邪をひくものですが、対応がしっかりと出来ていれば慌てずに早めの対策が出来ます。

鼻水が出ていて苦しそう

鼻毛の無い小さな子の鼻は、鼻水がとても溜まりやすく、自分で鼻をかめない時期は特に鼻腔全体に鼻水が行き渡ってしまうことから副鼻腔炎や咽喉に流れて行って咳になったり、耳の痛みなどを引き起こし中耳炎になりやすいものです。

鼻づまりが続くと口を開けた状態になるため、鼻呼吸が出来なくなり病原菌も入り込みやすくなってしまいます。

自宅で鼻水を吸い取ったりすることを試みるママも多いものの、泣いてなかなか鼻水の吸引が上手くいかなかったりすることもしばしば。耳の症状を訴えているならもう頼れるのは耳鼻科しかないと言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

発熱している場合

発熱していると小児科・耳鼻科どちらにしたらいいのか悩むところですよね。

 

しかし、熱以外の症状を注意深く見て判断すると良いようです。

①熱が高く(38℃以上)ぐったりとしている。咳もひどい
熱があっても元気に遊んだり動き回ったりするのが子供ですが、どうにもぐったりしてすぐに眠ってしまったり、咳がひどい場合には他の病気の場合もあります。

水分すらとりづらいとなれば点滴などでの対応が必要にもなるため、小児科を受診した方が良いでしょう。

髄膜炎・肺炎・気管支炎などを起こしている場合があり、39℃を超える高熱になる場合もあります。肺炎などの場合には入院措置が取られることが多いため、小児科にしておいたほうが良さそうですね。

 

②熱が高い(38℃以上)が比較的元気で咳は少ない
熱は高いけれど水分が取れていて比較的元気。

のどの炎症などはありそう…という場合は鼻水の色が黄色だったりすると中耳炎に移行する場合もあるため耳鼻科を受診するのが良さそうです。

耳鼻科でも高熱の場合は受付でその旨をきちんと報告することが大切です。解熱剤に関しては耳鼻科にも常備してあるので大丈夫です。

 

③熱もあり、鼻水もある場合
鼻づまりの状態が悪化したことによる鼻水は副鼻腔炎の可能性が高いと言われています。

副鼻腔炎は頭痛や発熱をともなうことがあるため、まずは鼻の症状を改善すると良いでしょう。

また、副鼻腔炎の他に長引く鼻水の症状にアレルギーがあります。

アレルギーなどについては鼻や目のかゆみなどの症状が花粉やハウスダストなどの外的な物から来ているのか、食物アレルギーが関連しているのかは血液検査でわかります。この場合は小児科でも耳鼻科でも調べられます。

【参考】
【花粉症対策2017】発症させない&ならない対策と予防法は?

【ブタクサの花粉が辛い】時期と症状&対処方法とおすすめ商品をご紹介!

 

鼻水の色が黄色

乳幼児の鼻水が透明から黄色に変わった時には注意しましょう。

昔の人は「青っ鼻(黄色っぽい鼻水)が出たら風邪の治りかけのサイン」などと言ったりしたものですが、黄色い鼻水には多くの細菌が含まれています。

正確に言えば最近の死骸がたくさん含まれているのが黄色い鼻水です。感染力も強い上、中耳炎につながりやすかったり蓄膿症の可能性もあります。鼻づまりで苦しいなどの症状は耳鼻科で吸引などの処置をしてもらうのが良いでしょう。

鼻水が流れていき咳がある

乳児や幼児は上手に鼻をかむことが出来ません(たまに大人でも鼻をかむのが苦手な方がいます)

そのため、「鼻漏」と言って鼻水が咽喉の奥まで流れていって痰になり咳が出ることが状態になることが良くあります。

咳といえば喘息を疑うこともありますが、鼻水が落ちていくことによって出ている咳ならば耳鼻科で鼻水を吸い取ってもらうと改善される場合が多いのです。

【参考】
喘息のツラい症状を緩和できる⁈【アロマを使った4つの緩和方法|精油・ハーブ種類別の効果効能】

 

しかし、耳鼻科に行っても咳が続くようであれば小児科を受診しましょう。気になる症状は我慢したり放置したりせず、こどもが苦しい状態を長引かせないようにしてあげましょう。

こんな場合は小児科を受診がおすすめ

①熱があってぐったりしている。
②下痢や嘔吐、吐き気などの消化器症状を伴っている。
③咳が長引いている

こればすべてというわけではなく、通いやすさやその時の状況などによって変わることもあるでしょう。

どちらにしても耳鼻科は鼻・耳・のどの専門家で小さな子供がトラブルを起こしやすい部位の専門家であるということ。鼻水の吸引や咽喉の吸入、耳垢除去もついてに出来る、小児科に比べて空いているなどのメリットがあります。

しかし、消化器や肺などの他の臓器に関してなど子供の体全般を診ることが出来るのは小児科。

発熱にともなう症状や咳の状態などでこまかく検査が出来たり対応の幅が広いです。子供の健康相談に関しても小児科だと質問しやすいでしょう。

しかし、子供が多く通う耳鼻科医もさまざまなことに対応できるケースもあり、ケースバイケースですね。

感染について

軽い鼻づまりなどで通院する程度ならば、耳鼻科の方が良いという考えの中に「小児科にはいろいろな菌を持った患者が来ているからうつされるかもしれない」という心配があるという方が多いようです。

しかし、マスクや手洗いなどで予防していればさほど感染力に違いはないようです。

ただ、とても規模の大きい混み合った小児科などにインフルエンザの患者がひしめき合っている待合室に自分だけ鼻やのどの症状だけであえて身を置くのはリスクが上がるかもしれませんね。

子供も大人と同じように、小児科(内科)と耳鼻科をその時々で使い分けるようにかかりつけを作っておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

小児科・耳鼻科それぞれに症状や熱に応じて使い分けるのがベストですね。

しかしその際には薬の飲み合わせなど気を付けるべきこともあります。

必ず「お薬手帳」を持参するように心がけ、心配だったり気になることは必ずその場で質問しておき不安を残さないで治療に望めるようにしましょう。

また、処方されたお薬は用法用量を守って服用しましょう。

小さい頃は耳鼻科や小児科に通うことも多いものですが、年齢とともに丈夫になっていくものです。しかし、症状を悪化させてしまうのは良くありません。信頼できる医師や病院を探しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ