【正月飾りの種類と意味】玄関には何を飾ると縁起が良い?

2e6ada3e69c88e9a3bee3828a

【スポンサードリンク】

新年の神様「年神様(としがみさま)」はその年1年の幸せをもたらすために各家庭にやってきてくれるといわれています。

そして新年が良い年でありますようにという願いをこめる。

そんな年神様をお迎えする準備のひとつとしてお正月飾りを飾るんです。

お正月飾りにもいろいろ種類があって、ちゃんと覚えているかと言えば…ちょっと微妙だったりしますよね?

お正月飾りの種類や意味についてこの機会におさらいしてみませんか?

正月飾りはいつ飾るの?

正月飾りを飾る時期は一般的に「正月事始め」と言われている12月13日から大晦日前の30日までとされています。

しかし、29日は「苦」「二重苦」と言われて縁起が悪いので避けましょう。

31日の大晦日は「一夜飾り」と言って、葬儀と同じで縁起が悪いのでこちらも避けます。

年神様をお迎えするための飾りが一夜限りなのは失礼にあたるという理由もあります。

28日は末広がりの八がついていて縁起が良いそうです。

30日も良いという方もいますが、旧暦では31日になりますので避けた方がよさそうですね。

28日までには飾りつけを済ませておきましょう。

この時期になるとスーパーやホームセンターなどの店頭にも正月飾りが並び始めますね。

大掃除を少しづつ計画的に始めたり、新たに手帳やカレンダーを用意したり、年賀状の準備を始める時期でもありますね。

関西ではお歳暮を贈り始める時期でもあります。

 

【スポンサードリンク】

 

正月飾りの種類と飾る場所について

● 門松

門に飾ります。この門松を目印にして年神様がやってくると言われています。

門がない、あるいは通行の邪魔になってしまうという場合には玄関ドアの外側・両脇に置きましょう。

・一年中緑色で枯れなくて、神様が宿る木と言われている「松」
・大きくスクスク伸びて成長する生命力の象徴の「竹」
・新春に咲き、一年の始まりを意味する「梅」を紅白2色添えます。

向かって左が雄松、右が雌松と呼ばれています。

門に置く門松ということで一戸建てのイメージがあるかもしれませんが、小さくい門松がいろいろ販売されていますのでアパートやマンションに住んでいる方でも置けますね。

● しめ飾り

しめ飾りはその家の中が、年神様をお迎えする準備が整って清められていますよ~ということを示すために飾るものです。

しめ飾りは玄関ドアの中央に飾りましょう。

しめ飾りに使用されているのは、

・しめ縄

稲わらで編んだ縄です。地域によって飾る方向や編まれている向きは違うようです。
豊作を願う思いが込められています。

・うらじろ

シダという植物です。不老長寿の意味があり、葉の裏が白いので後ろ暗いことがない清い心を表しています。

・ゆずり葉

子孫繁栄の縁起の良い木です。葉や実には毒性があるので小さなこどもが口に入れてしまわないように気を付けましょう。

・ダイダイ

最近はミカンで代用されていることが多いですね。代々栄えるようにという願いが込められています。

・昆布

よろこぶにかけていて縁起の良いものの代表です。

・御幣(ごへい)

神社などで見かける、神様の力が宿る白い紙です。

このように縁起の良いものがたくさんついているんですね。

こちらもスーパーやホームセンター、インターネットで手軽に入手できますね。手作りキットなども売られています。

● 鏡餅

家の中に入って来てくれた神様が居場所として落ち着く一番良い場所として「床の間に飾るのが最高」とされていますが、最近の家の造りやマンション住まいなどでは床の間がない場合も多いですよね?

そんな場合には居間などに飾ると良いでしょう。

飾る数も一つとは限らず、メインになるお部屋には大きなサイズ、神棚や仏壇、自分の部屋などそれぞれの生活する場所に小さいサイズをと複数置く人もいるようです。

特に数に決まりはありません。

大昔「三種の神器」と呼ばれていたものの一つの鏡が丸い形をしていたことから「鏡餅」と呼ばれるようになり、神様にお供えする神聖な食べ物のお餅を二つ重ねることで「円満に年を重ねる」という意味もあるそうです。

お餅・ゆずり葉・ダイダイ・昆布・するめなどの縁起の良いものをあしらって飾りつけされています。

そんな鏡餅は正月飾りの中では食品であるため、忙しい現代では利便性や衛生面などからプラスチック製の鏡餅の中に複数の切り餅が入っていたり、ダイダイやゆずり葉も造花タイプのものが付いてそのまま飾れるようになっているものが沢山売られています。

いつまで飾るの?

● 門松・しめ飾り

年神様が滞在しているといわれている1月7日の「松の内」まで飾ります。

● 鏡餅

「鏡開きの日」と言われている1月11日にお汁粉などにしていただきましょう。

鏡開きの「開く」というのは、お餅に包丁を入れて「切る」だと切腹を意味して縁起が悪いことから木槌や金槌で叩き割って食べるようにすることから言われているそうです。

現代はほとんどパックのお餅になってはいますが、縁起の良さを大切にしたい人はお餅をレンジで軽く温めたあとに手でちぎって食べるようです。

正月飾りはどうやって処分するの?

● 正式な処分の仕方としては、定められた期間内に近くの神社に持って行きましょう。

1月15日の小正月に「どんど焼き」や「お焚き上げ」などでお正月飾りなどを集めて焼いてくれるからです。

お正月飾りはとても神聖なものですので、神社に持って行く準備の段階でも無造作にゴミ袋などに入れたりせずに紙などに包んでおきましょう。

● 自分で処理する方法

どうしても神社などに行けそうにない…という場合にはきちんと「お清め」をしてから処分します。

大き目の紙を広げて、左・右・中とお清めの塩を振り、その紙でお正月飾りを包んでから一般のごみとは分けて処分しましょう。

庭などで焼いて処分する場合には、お神酒と塩で土を清めてから、焼いてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

正月飾りについておわかりいただけましたでしょうか?

あわただしい毎日ですが、年神様は正月飾りを目印にやってきてくれるんです。

いままで正月の準備はちゃんとしてこなかったという人も次のお正月には飾りつけをして幸せを呼んでみませんか?

【参考】
 ⇒おせち料理の意味や由来知ってますか?【食材の一つ一つに意味があり、願いが込められています】

 ⇒年賀状の処分方法はどうしよう?【自分でできる5つの安全な処分方法をご紹介します】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ