「ストッキング」と「パンスト」と「タイツ」の違いとは?実は同じ?

mig-2

【スポンサードリンク】

 

女性の靴下売り場で【ストッキング】・【パンスト】・【タイツ】と書かれたコーナーを一度は目にしたことがあると思います。

しかし、この3種類のものの違いをあなたは知っていますか?

純粋に「ストッキングが欲しいなー」と思ってお店に行き、”パンスト”と書かれたコーナーで買い物をして帰ってきた。ということもあり得ますよね。

ストッキングが欲しいと思っていたのに、パンストを買ったということです。
今回はそんな素朴な疑問を解決するためにこの3つのものの違いをご紹介させて頂きます。

ストッキングとパンストの違いは?

実は、ストッキングとパンストは”同じもの”なのです。

しかしその定義が多少違うので、呼び方も違っています。
では違いは何なのでしょうか?

 

ストッキング・・・ナイロン製であり、30デニール以下の靴下のこと。丈の長さは関係ない。

 

パンスト・・・パンティーストッキングの略称で、お尻まですっぽりと隠れる長さのストッキングのこと。

 

つまり、ストッキングはパンストなのです。

 

パンストやガーターストッキング、ひざ丈や足首までのショートストッキングなど、全てを含めた総称を”ストッキング”と呼びます。

そもそも”パンティー”という呼び名がもう古くなっていて耳にする機会が減っているので、パンストとわざわざ呼ぶ方も減っている傾向にあります。

【スポンサードリンク】

ストッキングとタイツの違いは?

次に、ストッキングとタイツの違いを見て見ましょう。

違いは何だと思いますか?
この違いはなんとなく知っている方もいるのではないでしょうか。

違いは、生地の厚み(デニール数)によって区別することが定義になっています。

 

ストッキング・・・30デニール以下のもの。

 

タイツ・・・30デニール以上のもの。

 

一般的には上記のように生地の厚みで区別されていますが、メーカーによっては生地の編み方で区別しているところもあるようです。

 

ストッキング・・・一本のナイロン糸で編まれたもの。

 

タイツ・・・複数の糸で編まれているもの。

 

このように区別するメーカーも多くあります。

そのため、60デニールのストッキングとして販売されているものは、60デニールのタイツとして販売されているものより生地が薄くなります。

このようにメーカーなどの販売元によって区別する定義に違いはありますが、一般的には生地の厚さや生地の編み方によって分けられています。

また、海外ではあまり良く定義分けされてはいないようなので、購入する際は自分の目で良く見て確かめてから購入するようにしましょうね。

定義のまとめ

パンスト・・・・・お尻まですっぽりと隠れる長さのストッキングのこと。
ストッキング・・・一本の糸で編み込まれた30デニール以下の靴下の総称。
タイツ・・・・・・複数の糸で編み込まれた30デニール以上の靴下のこと。

用途の違い

上記の情報で、パンストとストッキングは同じものだと分かったと思います。
ではストッキングとタイツの用途の違いは何でしょうか?

 

一般的にストッキングは【一年中履けるもの】とされ、
タイツは【冬の寒い時期に履くもの】として区別されています。

 

そしてストッキングは足の保護を目的とされている靴下で、タイツはファッションを楽しむものとして使用されることが多いのが特徴です。

しかし最近はあまり区別されておらず、その定義も曖昧になっています。

「防寒ストッキング」というものや、「涼しいタイツ」という商品まで販売されています。商品名のインパクトや文字の語呂合わせで分けられることもあるようですね。

まとめ

いかがでしたか?

案外パンスト・ストッキング・タイツの違いについて詳しく知らなかったこともあるのではないでしょうか。

しかしその定義はだんだん曖昧になってきているようです。メーカーによって区別に違いがあったら、私たちにはわかりませんよね。

これからは名称にこだわりすぎず、自分の用途に合わせたものを目利きして購入するようにしましょうね。

今回のこの記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ